スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重戦機エルガイム METAL1 

[2007/10/03] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 さて、今度はどの富野アニメを見ようかな、・・・というわけで。昔見た記憶は、何もかにも当てにならないことが近ごろ如実に実感されてきているので、『エルガイム』を見直してみることにしました。

  1. ドリーマーズ
  2. スキャンダル・P
  3. カミング・マン
  4. ザ・コネクション
  5. エスケープ・ラン
  6. シー・ジャック

 今週は忙しくて、あんまりゆっくりも見られなかったんですけど。いやぁ、最初のほうの話って、全然覚えていなかったですね。≪あれ、こんなはじまり方だったっけ?≫というところです。第一話でファンネリア・アム。第二話で、リリス・ファウ。第三話でギャブレット・ギャブレー。第四話でアマンダラ・カマンダラ。第五話でガウ・ハ・レッシィ。・・・と、主要な登場人物たちが順に顔見せ。で、悪友のキャオがお調子者なのはちゃんと覚えていたんですけど、主人公のダバって、こーんな変わった(笑)性格だったっけなぁと。
 たまたま手にしてしまった一枚の手形をアマンダラ・カマンダラに手渡すという約束を守るために、彼の壮大な物語はスタートを切るのでありました。なんと義理堅いヤツ!(っていうか、優柔不断でもあり、頑固でもあるという。周りが周りだけに目立たないけど、やっぱりこいつこそ、風変わりで曲者なキャラクターですよねぇ。)
 とにかく登場人物たちが、みんなすごく“キャラが立っている”のは面白いんだけど、何だか宇宙の片田舎の眠たーいところから物語の幕が徐々に開いていくんで、このへんだけ見ていたら、あまり大きなストーリーのないドタバタコメディのような作品かと思っちゃいそうな気配もちらほらとありますね。(少しそれらしい雰囲気を漂わせているのは、アマンダラぐらいでしょうか。)

 私の印象に残っているのは終盤のほうのストーリーばっかりだったんで、こういうスロースタートだったというのは意外な感じがしました。この序盤のコメディっぽいタッチは『ザブングル』ふうとも言えるかもしれないですね。『ダンバイン』の後番組ってことで、明るさを出したかったんでしょうか。さて、この先長いんですが、まあ肩の力を抜いて、ゆるゆると見ていきたいと思っております。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/997-b944e9e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。