スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・ section24 地球の緑の丘(最終話) 

[2007/10/02] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(0) | TOP ▲

 「SD体制は人類の欲望を封じ込めたパンドラの函だ。潰すなら、中身ごと潰せ!」

 キースさぁ、あの全人類宛のメッセージをスウェナに託しておいて、グランドマザーの前ではまだ悩んでみせるのは、彼らしくない逡巡ですよね。
 テレビ版はテレビ版で、原作や劇場版とは独立した作品としてみようと思うんですけど、テレビ版は“分かりやすく”見せようとしてきた気がするわりに、この最終回は、結局どう解釈をしたのか分からない部分がいくつかあったのは、それはそれでちょっと残念でした。
 グランドマザーを倒した後に、謎を明かす“最後の黒幕”役のコンピュータがいなくなって、ネットワークシステム全体が“真の敵”みたいになったのも、何だか時代が変わったんで解釈が違ってきたんだと理解してもかまわないと思います。でも、ミュウ因子の根絶なのか、共存なのかを、キース一人の判断に委ねるグランドマザーのプログラムってのは、どうにも軽々しい。もっと厳粛で、残酷なんですよね、『地球へ・・・』という物語は、本来。

 原作や劇場版では、たぶんほとんどの人は、出来事の真実を知らないままシステムが崩壊して、うやむや大メチャクチャに、次の荒廃した世界に放り出されていたんだと思うんだけど、そこを、“その他大勢”の人たちも自分たちの意思で新たな世界を選び取ったことにしているんですよね。これは大きな変化。なので、全体としては、どうしようもない運命に押し流されているというより、“自分の意思で選び取る”ということが強調されている、というのは分かります。

 「違う!ミュウたちの生き様を目にしたとき、人は自らを省みずにはいられなくなる。ただそれだけだ!」
 キースの脳裏にフラッシュバックするマツカやブルー。彼らも、報われるような作り方にしたかったんですね。うん。意図は分かります。でもね、その代わりに「全てのミュウよ、僕に力を!」みたいなところのタメがなくて盛り上がりを欠くのは、なんだかなぁ。「ソルジャー、命令に背きます。仲間であろうと人間であろうと、地の底からの叫びを聞かぬわけにはいかない!」とか、もっと矛盾に充ちていて、それだけに泣かせどころでもあるんだけどなぁ。

 ジョミーがブルーから託された使命をトオニィに引き継ぎ、それにキースも口ぞえをするとか。キースはセルジュにミュウと協力して地球を守れと命じたりとか。“三世代アニメ”という狙いも分かるし、行動原理も、より理にかなっているんでしょうけどねぇ。システムが崩壊した地球で生じる犠牲の描写もとても小さいし。それが完全にコンピュータの暴挙のせいになっちゃっているっていうのは、原作を知らない人には抵抗は少ないんでしょう。いや、原作と違うというのを批判の理由にはしませんけど。

 「パンドラの函をあけてしまった。よかったんだろうか?」
 「わからない。でも、後悔できるのは人間だけだ。機械は後悔しない。」
 「全力で生きたものにも、後悔はない。」

 「函の最後には、希望が残ったんだ。」

 「ありがとう、ジョミー。あなたのおかげで、何故いのちがつむがれていくのか、分かったよ。そして、何が大切なことなのかも。」

 “人ってすばらしい”方向だけをとにかく強調してみせて。人々には自ら苦難の道を選び取らせ、主要なキャラクターたちには、賛否の判断に戸惑うような選択はさせず。
 つまりは、・・・そういう“分かりやすさ”なのかぁー。(ふー・・・。)このテレビ版だけを見ていたら、これでけっこう感動できたのかなぁ。どうなのかなぁ。
 あ、でもラストショットで、あの“メギド”がああいう使い方をされたのは、思わずにっこりしちゃいました。

テレビアニメ版『地球へ・・・』ラストショット

 テレビ版が終わるまではと我慢してきましたが、ものすごく読みたくなったので、今度は原作コミックを読み直してみようと思っています。ずいぶん忘れちゃっているのも分かりましたしね。このテレビ版で新たに『地球へ・・・』のファンになった人には、ぜひ原作コミックも読んでみてください、と強く強くオススメします。原作コミックは、読者が“考えさせられる”内容がもっと濃厚にありますので、もう少し口当たりはきついと思います。そういう意味で、“テレビアニメ版は入門編”っぽかったですが。(笑)
 どうも原作世代なもので、やめよう、やめようと思いながら、原作と比較して文句のような感想ばかり書いてしまいました。危惧したとおり、ラストも大幅に改編されていて、とても説明的になってしまっていましたが、でも、やっぱり大筋のところでこれだけ厚みのあるドラマっていうのは、価値のある作品だったと思うし、ずいぶん楽しませてももらいました。考えてみれば、この時代に、『地球へ・・・』をリメイクしてくれたっていうこと。それだけでも、やはりとても嬉しいことだったと思います。それに、時代の変化ということも興味深い点でした。うん。違う意味で、いろいろ考えさせられる作品だった、と私の個人的な感想は総括できるような気がしました。はい。(笑)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/996-285ddecf

レビュー・評価:地球へ……/Section24 : 地球の緑の丘

品質評価 33 / 萌え評価 12 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 31 / お色気評価 10 / 総合評価 18レビュー数 48 件 キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。 彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。 一方、全...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。