スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼーガペイン FILE.04 

[2007/09/30] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 正直、こんなにハマると思わないで見始めたんですが。・・・これは、どんどん良くなってきますね。

ゼーガペイン FILE.04ゼーガペイン FILE.04
(2006/10/27)
下田正美、浅沼晋太郎 他

商品詳細を見る
  1. ウエットダメージ
  2. また、夏が来る
  3. 残るまぼろし

 第一話の冒頭の描写もあったし、それにキョウちゃんのおでこの“セレブアイコン”に「ver.2.0」って書いてあったのも気が付いていたんですよね。
 デジタルデータに過ぎない“幻体”にとっての死。個体ごとの固有のデータ、記憶の欠損。分かんないな。仮想世界での出来事の記憶は、やっぱり現実での記憶とはデータの根本的な質が違って代替にはならないのかな。
 だけど敵の“ガルズオルム”は、死んでも死んでもデータから複製が作れるのね。こいつらは一体、何なんだろう?

 まさかカミナギちゃんが”セレブラント”として目覚める兆候を示すとはねぇ。この世界設定はやっぱり奥が深いわぁ。っていうか、彼女の作ろうとしている映画のシナリオも気になるねぇ。で、キョウちゃんはどうしても彼女と気持ちがすれ違うのね。第10話のラストで手を握ってあげない(ってか気付かない)彼。・・・夏祭りか。ああ、青春だなぁ~。

「つらいこと全部、自分で抱えて、全部背負って闘う・・・そして、自滅した。」
「そんな俺は、いらねぇー!!」

 かつてと同等に回復しても、同一ではないキョウちゃん。そんな現状で、花火を一人で見上げていなきゃあならないシズノ先輩も、本当にかわいそうなんだけど。「ver.1.0」だったときの、この三人の関係はいったいどうだったんだろうかとか。物語が完結したときに、もう一度このあたりのエピソードを振り返ってみたら、いろんなものがこみ上げてきそうな予感があります。

関連記事

コメント

> 楽しみにしています。

ボクも最近ゼーガペインを知った者です。一気見で視聴したせいか、いまだに頭がゼーガペインで一杯というか(^^)
サイト主さんのレビューはボクにとってはまさにリアルタイム。
毎回、レビューを楽しみにしています。

>

未だにゼーガ熱が冷めません
CD買ってこなくっちゃ

> 死を視聴者に意識させるエピソード

『ターンエー』でいうと、ソシエに求婚していた無骨な人(名前忘れた)が死ぬんですよね。それで視聴者とソシエから無垢さを奪ってしまう。ショートカットだけではなくて、カミナギちゃんはソシエに似ていますよね。物語における役回りが。きっとゼーガのスタッフはソシエを贔屓していた人たちだと思います。

> 狸は順調に育っているようです

 というフォセッタの台詞が浮かんだりしましたが、お楽しみ頂けているようで何よりです。

 なくした記憶が人格の変容に繋がるというのが4巻での話ですが、キョウがなくしたのは単に前のバージョンでの記憶というだけではなく、前のバージョンで培った人間関係をも一からやりなおさなければならなくなったというあたりが厄介なところです。中学の数学くらいは覚えなおせばどうとでもなるものの(^^; 失った信頼を取り戻すのは一大事。けれど、シズノと共有する記憶はそれをなくしたことにさえ無自覚だというのが、酷いよキョウちゃんというもので。因みにキョウのアイコンはver.2.0.1(#01)→ver.2.0.3(#07)となっています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/994-2d42da1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。