スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無敵鋼人ダイターン3 第36話~最終話 

[2007/09/19] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 ついに見終わってしまいました。最終話のテイストもあいまって、何だかとても寂しい限りです。

無敵鋼人ダイターン3 DVDメモリアルボックス2
  1. 闇の中の過去の夢
  2. 華麗なるかな二流
  3. 幸福を呼ぶ青い鳥
  4. ビューティ、愛しの詩
  5. 万丈、暁に消ゆ

 第36話は心理戦を仕掛けてくる敵コマンダー。万丈のトラウマ、触れられたくない過去は、暗転する家族兄弟揃っての食卓。メガノイドを作ってしまったのは、万丈の父だったということが明示されたのは、この回が最初でしたかねぇ。“万丈の母”の声優は信沢三恵子さん(!)、“父”の声優は古川登志夫さん。絵コンテ斧谷稔。

 万丈をライバル視する愛すべき二流コマンダーが出てくる第37話。しかし「二流」「二流」と相手を見下す万丈も若干いけ好かないよなあ。そのコマンダー・キドガーを演じた声優は森功至さんと超一流でした。

 三話続けて駄目度の高い敵が登場の第38話。もう考えるのも嫌になったのか、今回のコマンダー候補生三人の名前は「松」「竹」「梅」(笑)。作画も目をむくようなコメディ回でしたが、“青い鳥”ってのは何だかロマンチックでしたね。

 万丈の父の研究に、かつてビューティの父が10%投資していた、というあたりが明かされた第39話。しかし万丈、素手で20人以上のメガノイドを倒すって、相変わらず強すぎ!「マンネリは敵」なのか「名文句は永遠に不滅」なのか、楽屋落ちを交えながら、万丈とビューティのシリアス風味で最終話に繋ぎます。

 さて、最終話。コロスが物言わぬドン・サウザーに語りかける形で、メガノイドは地球の外へ人類が出て行くためのもので、それで世界は平和になるのだと。「それなのに、あの破嵐万丈は!」と。火星そのもので地球に体当たりをしてくるメガノイドに、万丈ファミリーもいつになく決死の覚悟。ひそかに建造していたマサアロケット5機で、メガノイドの機動部隊と壮絶な宇宙決戦。

「万丈、何故ドンの心を分かってくれないのですか!?」

「僕は憎む。サイボーグを作った父を。まして僕の母も、兄も、サイボーグの実験に使って殺してしまったことは許せない!ドンもあなたもメガノイドを名乗ってスーパー人間とうぬぼれる。それを憎む!」

「人類が、宇宙に飛び立つ時代には、ドンのお考えは正しいのです。」

「万丈、あ、あなたって人は・・・!」

「あなたがいい例なのだ、コロス。ドン・サンザーへの思いが、愛情だけが心の中で全てを占めて、他のことを何一つ考えられないメガノイドになっている!」

 しかし万丈の父への憎しみっていうのは尋常ではないですね。「僕の、僕自身の力だ!僕自身の力なんだ!父さんの力など借りはしない!」って、コンプレックスですよねぇ。
 それから、コロスの最期を見届けて、「僕は・・・嫌だ!」って言うのも解釈に悩まされるセリフで。
 もちろんこの最終回、絵コンテは斧谷稔ですが、どう見直しても、何度見ても、すっきりとはしないところが逆に深く印象付けられるラストなんでしょうね。ドン・サウザーの正体は破嵐創造その人だったのか、コロスは万丈の母と無関係だったのか、万丈は本当に純粋な人間だったのか、そして最後にどうなってしまったのか・・・。いろんな重要なポイントが説明されずに残されたままで。ドラマの作り方として、謎を残して終わるやり方というのはもちろんありだと思うし、そういうもののけっこう先駆的な例になるのかな、と思うところもあるんですが、ここまで確信犯的にやられると、少ししんどくも思われます。
 メガノイドの行動にも理があって、それを阻止する万丈の動機はむしろ個人的な復讐心で、となれば、「世のため人のため・・・」というアレは嘘だったのか、とか。見事なまでに巧みな演出で構成されたラストシーンで、そうした抑えがたく湧き出てくる気持ちをするりとかわされたような気がして、ああ本当に、何度見てもひっかっかる最終回です。

関連記事

コメント

> 本当にすごい最終回ですよね

「ダイターン3」、最終回、小学校6年生のときに観て、それは衝撃を受けたものです。
観たときに思ったのは、「そんなことを吐露していいのか?」というものでした。

勧善懲悪のスーパーヒーローが、人間としてのドロドロとした内面を最後にあからさまにするなど当時考えられないものでした。
時々万丈がメガノイドに対しての怒りが激しすぎると思っていたのですが、最後に自我崩壊にまで行くとは予想つきませんでした。

万丈がスーパーヒーローなのは本物だと思います。
ですが怒りが発火点でなったスーパーヒーローなので、色んな歪や矛盾が内部で蓄積されたのだと思いました。
「僕は……嫌だ」というセリフは、望まない方向にいった自分の人生、努力しても結局変えられなかった過去に対しての「絶望」の言葉だと理解しております。
万丈は命がけで足掻いても、一度も「未来」を夢見ることができない自分に絶望し、最終回で心を閉ざしたのだと思います。(仲間も色々手は尽くしたが、今は時間以外万丈を癒すものはないと思い、解散したと解釈しています)。

本当に長々と書いてスイマセンでした。

自分は元富野信者でしたが、支持するのは「イデオン」までです。そして生涯最大のナンバー1アニメは「イデオン」です。

>

最後の場面で去っていく仲間たちが妙にあっさりとして明るいことも見逃さないでいてほしいですね。
たぶん、皆万丈の事情を知っている連中なんだなと私は思ったんですが。
でも誰もそのことを語らず、さっぱりと去って行きます。
皆が去った後の万丈邸の一室に明かりが灯っていることに気づいたかな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/982-8909936d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。