スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学忍者隊ガッチャマン 第21話~第25話 

[2007/09/03] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

(のっけから追記: GyaOの昭和TVで見ました、と書き忘れたので書き足しておきます。9/8土曜の正午まで放映中です。)

 Wikipediaにも書いてありますが、23話からオープニングの主題歌が「誰だー誰だー誰だー」の「ガッチャマンの歌」に。

実際、「ガッチャマンの歌」はオープニングに使うつもりで作られたが、同時期に放映されていた「仮面ライダー」を連想させる部分があった為、急遽オープニングとエンディングの歌を入れ替えて、放映開始したそうである。

 仮面ライダーねぇ?89話(1972/12/9)以降に使われた「ライダーアクション」が子門真人さんだからかなぁ?(仮面ライダーは'73年2月で終了ですか…。)
 ともかく記憶と一致して、しっくりと来るようになりました。

(追記: 「仮面ライダー」については異説あり、とのこと。コメント欄を参照ください。)

科学忍者隊ガッチャマン VOL.7科学忍者隊ガッチャマン VOL.7
(2000/08/19)
森功至、佐々木功 他

商品詳細を見る
  1. 総裁Xは誰れだ
  2. 火の鳥対火喰い竜
  3. 大暴れメカ・ボール
  4. 闇に笑うネオン巨人
  5. 地獄の帝王マグマ巨人

 第21話は思わせぶりなタイトルですが、マッドサイエンティストな博士が出てきて、「総裁Xの正体を見破った!」って脅してギャラクターの副総裁になるんですけど、結局死んじゃうんで何も分かりません。(笑)

 22話、23話は、“やたら強力な敵メカが出てきて、あえて突出したゴッドフェニックスの攻撃も通用せず…”みたいな話の構造が共通しすぎていて、そのへんのシリーズ構成的なものはあまりうまくいってない感じです。
 あと、シリーズ序盤は「さすがタツノコプロはサンライズとは違うなぁ」という感じで画がしっかりしていたんですけど、このへん、たまにちょっと(特に人物で)画が荒れ気味かもっていうところがあって、少しスタッフがばててきたのかなぁと思いました。(サンライズぐらい崩れっぱなしだと気にならないんですけど、タツノコだとそうはいかないんですよねぇ。)

 とはいえ22話「火の鳥対火喰い竜」は、“科学忍法火の鳥”がはじめて完全に敗れるという、細部は少し荒いけど盛り上がりのあるエピソードでした。で、南部博士は忍者隊を案じて、再チャレンジは「レッドインパルスにやらせる」って言うんですけど、レッドインパルスが断るんですね。それは逆にケンのことを思ってのことなんだけど、この二人の関係って、こんなに早くからバレバレだったっけなぁ、と、少し古い記憶との食い違いに苦笑い。絶体絶命、追い詰められたケンが「レッドインパルス…もう一度会いたかったなぁ」とか。なかなか「へぇ♪」でした。

 23話もバラで見れば悪くないんですけど、22話と続くのがホントつらい。あと、キャラクターの性格付けが、エピソードごとに微妙に違ったりするんで、似たような話ほど、そのへんの統一感のなさって目立っちゃうんですよね。

 24話「闇に笑うネオン巨人」は、ちょっとミステリー(ホラー?)っぽいシナリオの仕立てで、メカ戦じゃなく生身の忍者隊ががんばるという異色のエピソード。ギャラクターが忍者キラーとして“ブラックバード”という、悪役忍者隊みたいなのを出してきたのは面白かったです。

 25話はシナリオ的にやりたかったことがよく見えなくて、難しい回でしたが、ゴッドフェニックスがあえて分離して敵をかく乱する、みたいな闘い方をしたのは珍しかったかな。

 何しろこの作品、全105話の長丁場なんですが、このへんから少しだれてきたのか、エピソードごとの出来不出来がある半面で、同じパターンの繰り返しを避けて、特徴のあるストーリーが入ってきているような気がしました。


以下、業務連絡です。(笑)

 コメント等、興味深いものをいろいろいただいているのに、速攻で反応できなくてごめんなさい。まったりと考え考えいきますんで、気長にお願いします。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(5)

[tag] ガッチャマン fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> あれ?

>同時期に放映されていた「仮面ライダー」を連想させる部分があった為、
あれ?
あれは
「あれはー誰だ、誰だ、誰だ」の
デビルマンの主題歌と
「誰だ」が被ってるから
あれをEDにしたのだと
いうのを
聞いたことがありますが…

>

私のはどこかで聞いた話ではっきりしたソースはないです。

気になったのでガッチャマンのファンサイトを覗いてみましたが、両論併記されていました。

ウィキを見ると最近、自分の知っていた話と違うことになっている事例が
増えている感じです(もちろん、こちらの情報不足の可能性もあります)。

例えば、
仮面ライダーアマゾンが視聴率苦戦で
初期段階からテコ入れしたという記事があったのですが、
どのくらいの製作ペースで1話製作されているのか分からないため疑問に思える部分ではあります。

*ジャングラーやモグラ獣人(5~6話)。

作品や状況によりますが、初動の失敗による軌道修正は、最低でも1クール後の話から可能になると聞いています。

しかし、インターネットで入る情報を読んでいると
修正の指示が出たら一瞬で状況が変わることが当然と思っている節のある記事というのをみかけること、これ自体は気になります。

> Wikipediaによれば、

ガッチャマンの放映開始が1972年10月1日。23話の放映時期はどのへんですかねぇ。
デビルマンの放映が1972年7月8日から73年3月31日。
個人的にはこちらの説明(デビルマン説)のほうが、ちょうどいい感じのような気がしますけどね。

> 仮面ライダーなら

初代ED「仮面ライダーのうた」の、
誰だ 誰だ
悪を蹴散らす嵐の男
じゃないすかね。

> 初代ED「仮面ライダーのうた」

『仮面ライダー』71話まで使われた、とのことなので、72年8月5日までのようですね。ガッチャマンのスタートが同年10月。でもまだ記憶には新しかったという可能性はありますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/966-e4baafaa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。