スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“アンチ天才”のボトムズ流仕事術 

[2007/08/31] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 この連載、面白いですよね。(皆さん、読んでおられます?)

→ “アンチ天才”のボトムズ流仕事術 (“アンチ天才”のボトムズ流仕事術):NBonline(日経ビジネス オンライン)

あれはね、僕は原作・総監督であると同時にプロデューサー的な立場でも関わっていたんだけど、プロデューサーとしては“間違っちゃった”作品なんですよね(笑)。

僕のやりたい方向に振りすぎてしまって。あなた同様、何人もの人に「よくあの企画通ったねぇ」って言われたもの。今現在は、まぁ、そんなに自慢できるような売れ方はしていないし(笑)。

 高橋監督の言葉って、ほんと、いつ聞いても、いい感じですよねぇ。(どっかの富野御大のような危なっかしさがない。)
 上のは『FLAG』について言ってるんですけど、

でも、今現在それほど売れていないからって、全部間違ったとは思っていない

「FLAG」みたいな作品を作ることで、アニメーションの対象になる“素材”というのを1つ広げることができるかもしれない、と思ったんです

 いい話ですよねぇ。

僕は今、「FLAG」をやって、確実によかったなと思えるのは、監督した寺田和男君が、「自分が今までやった仕事の中で最高だった」と、自己評価してくれていることですね。

僕がずっと頼りにしてきた後輩が、アニメーションをやっていてこの期間が…とりあえずはね、一番楽しかったと言うんだから、それはよかったんだろうなと。

 この記事、宮崎駿、富野由悠季、出崎統らの天才に比べて、高橋監督は“アンチ天才”だって趣旨なんだけど、少なくとも人を育てる才能から言ったら、高橋監督が抜きん出て天才のような気がしますよね。(作りたい作品を着実に作っていくという意味での“プロデュース”力に関しても、もしかしたらそうかもしれないですけど。)

自分が関心が高いテーマを初めてストレートに入れてみたんです。

 『太陽の牙ダグラム』が転機になったっていうこの話も、社会性を持った題材が、アニメーションでできるかやってみようっていう意味では、好きなことだけやってたわけじゃあないですね。

ほかの作品は、みんな「ガンダム」の路線に集約されていくんです。それだけ間口が広い作品で。あれはブラックホールみたいなもので、どんなロボットアニメも、作っても作っても「ガンダム」に吸収されていってしまうところがある。あらゆるものが。

「ボトムズ」だけが、「ガンダム」っぽくないわけです。デザインはどちらも大河原邦男さんなんだけどね。

 たしかにね、高橋監督のロボットアニメは“ガンダム”に呑みこまれていない気がしますね。でもそれは「ATのテイストが他のロボットとは系統が違う」っていうような理由なんですかねぇ。それも含めて、高橋監督の個性というものがしっかりとあるような気がするんですけど、うまく言い当てられなくて難しいですねー。

 しかし、我らが敬愛する高橋監督が、ビジネスとか経営とかいう視点から取り上げられるなんて、あまり思ってもみませんでした。(笑)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/963-b32901ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。