スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルプスの少女ハイジ 37,40,42,44話 

[2007/08/22] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 バンダイチャンネルキッズで放映中なので、「絵コンテ・富野喜幸」の回だけをずっと見ていっていますが、相変わらず“これぞトミノ”のツボなんて分からないまんま。ですが、まあ楽しく見ていってますから良しとしましょう。(笑)

 先日、h-nishinomaruさんには『あらいぐまラスカル』も富野コンテが多いですよとコメントで教えていただきました。あれも少し苦味があって、富野さんの持ち味が活きそうなストーリーですよね。(・・・でいいのかな? 笑)
 そういえば、この間グダちんさん(ヌ・リョウグ・ダさんと言ったほうがいいのかなぁ?)は、『ラ・セーヌの星』の富野味(?)を鋭く分析しておられました。さすがです。「小芝居が増えた」に思わず苦笑。

 実際それが最重要なのかはよく分からないんですが、少なくとも私の好きな富野さんらしい要素というのは、“演劇的なもの”(芝居?)であるような気がしてきています。“映像美としてのアニメーション的なもの”だけでは、私のツボには、うまくはまらないことが多いようです。(押井さんの「GHOST IN THE SHELL」を見て、そう思いました。私、アートアニメーションはアートアニメーションで、好きなんですけどね。)

アルプスの少女ハイジ(10) アルプスの少女ハイジ(11)

 今回見たのは、次の4話でした。

第37話 山羊の赤ちゃん
第40話 アルムへ行きたい
第42話 クララとの再会
第44話 小さな計画

 アルムに帰ってきたハイジ。でもフランクフルトで字が読めるようになって帰ってきていました。(ビビるペーターが可笑しい。)そしてペーターの盲目のおばあさんのために本を読んであげる。そんなハイジを見ていたアルムおんじは、冬の間、ハイジを学校へやろうと決心。でも、おんじには蓄えがあるわけでもなく・・・。という、あたりから。村人たちと上手にコミュニケーションできないおんじ。この、ほのかな苦味が何とも!

 ハイジとの文通で、アルムの山へ行きハイジに会いたい思いの募るクララは、ちょっとしたハンストまで企てて、ゼーゼマンさんの心を動かします。娘に甘いゼーゼマンさんが、友人の医者を半ば強引にアルムへ下見に行かせる小芝居が最高(笑)。

 ついにハイジのいるスイスに来たクララ。ハイジたちが一生懸命準備したデルフリ村の“冬の家”ですけど、同行してきたロッテンマイヤーさんは、そのオンボロぶりに唖然。おんじとの会話もしばしば緊張感があって。ハラハラします!

 山の暮らしを楽しんでいるクララですが、ロッテンマイヤーさんは“目を白黒”しっぱなし。いつも憎らしい彼女ですが。正直ね、見ていたら少しロッテンマイヤーさんが気の毒になりました。(笑)

 車椅子のお嬢様に、山で暮らしていただくのは、みんなに少なからず負担をもたらしています。みんなハイジの大事な友だちだからってことで、そこは表に出さないんですけど。お嬢様はそういう周囲の苦労に気付かぬ面もあるから、何となく先行き不安ですね。
 やっぱりね、個人的には、この細やかに人情の機微を捉えた芝居がいいんだなぁと(そこ、高畑テイストでもあるんですけど)。宮崎さんの「場面設計」で絵が美しいのも確かですが。間違いなく言えるのは、これは子どもだましじゃない名作だってことですね。さすが「高畑勲+宮崎駿+富野喜幸」のドリームチームは伊達じゃないなぁ・・・。

関連記事

コメント

>

アルプスの少女ハイジは私も小さいとき見てました。話の世界に入ってましたね(笑)そういえば、「ハイジのブランコは時速68キロ」という力学的なチェーンメールが昔はやりましたが(笑)つまりハイジは物理的には飛んでいってしまうわけです。理系の私はそういうことで喜んでます(笑)でも、ちゃんと話の内容で楽しまなきゃならないですね。

>

ハンドルネームはあだ名なので何でもいいですよー
ヌリョウグダは言いにくいですし。
グダちんでオッケーですv-218

僕もアートアニメーションはアートとして絵の面白さだけに集中できるので好きです。
でもストーリーアニメは芝居を求めますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/954-d47d3b7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。