スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学忍者隊ガッチャマン 第1話~第5話 

[2007/08/06] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 GyaOの昭和TVで放映中なんですが、8/8正午までなので、見のがしたら悔いを残すと思って一生懸命見ました。最近の私は、画質的に『ザンボット3』とか『ダイターン3』とか、サンライズの初期作品に目が慣れちゃっていますから、昔の作品とはいえタツノコプロのこの作品ぐらいだと「実に良くできているなぁ!」と感心しちゃいます。(笑)
 でも後続作品の『テッカマン』より、良くできているような気もするんですけどねぇ。

 最初のうちってオープニングが「誰だ 誰だ 誰だー」のほうじゃなくて、「シュバー シュバシュバ シュバー」のほうなんですよね。知ってはいても実際見ると、何だか不思議な感じです。

 Wikipediaで確認すると、1972年から74年まで、全105話も続いたんですねぇ。視聴率も凄く良かったんで、好評のため延長されたらしいです。

 科学忍者隊の主任務は、ギャラクターの本部をつきとめることなんで、本当はギャラクターのメカと正面きって戦っちゃいけないんですけど、見つからないようにこっそり尾行するというような性格の人たちではない(笑)ので、そこはなかなか微妙なところです。で、実戦部隊としては、科学忍者隊以上に秘密のベールに包まれた“レッドインパルス”がいるんですけど、ストーリー上もの凄く重要な、この人たちがどこではじめて登場したんだったかなと思っていたら、第5話で早くも出てきていました。

  1. ガッチャマン対タートル・キング
  2. 魔のお化け空母現る
  3. 嵐を呼ぶミイラ巨人
  4. 鉄獣メカデゴンに復讐だ
  5. 地獄の幽霊艦隊

 サブタイトルを見れば、「低年齢向けのアクションもの」っていうのが分かるという感じですが、これが例えば第3話あたりでケンの父親のことについてポロッと南部博士が述懐したり、ケンも行方不明になった父のことを少しだけ語ってみたりとか。続きのことを知っていると「おおっ」と思うような伏線が、なんでもないところで置かれていたりするんで油断がならないですね。
 設定的には、今の目で見てしまうとバタバタしちゃっているところはあるんだろうと思いますけど、ドラマの描き方の分厚さは、なかなか恐るべきものがありますね。…って言っても、初見の方はどんな印象を持たれるのかなぁ。私なんかは「あ、このBGM!」ってだけで、うるうるっと来ちゃうようなところがあったりするんですけど。(ボブ佐久間さんという方の作曲だったんですね。)

 これ、続きは放映してくれるんでしょうか…。

科学忍者隊ガッチャマン VOL.1 科学忍者隊ガッチャマン VOL.1
森功至、佐々木功 他 (2000/05/20)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る
科学忍者隊ガッチャマン VOL.2 科学忍者隊ガッチャマン VOL.2
森功至、佐々木功 他 (2000/05/20)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/935-9b31078b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。