スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLAG 7話~10話 

[2007/08/03] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 GyaOで放映されている『FLAG』ですが、なかなか進まないストーリーのペースにも慣れてしまうと、ガツガツと見ていたときとは違う面白さが感じられるようになってきた、という前半を見直しての感想を先日書きました。

 ようやく後半を見始めることができて・・・今夜は間もなく放映が終わってしまう7、8話でやめておこうと思いながら見始めたのですが、続きを見たい欲求に耐えることができず、第10話まで一気に見てしまいました。この作品は単発でぱらぱら見ているよりも、一息に見通したほうが絶対面白いですね。

  1. 再始動
  2. XR2 ロンクー
  3. ゲルと大地
  4. シーダック+1

 第10話まで来て、一気に物語が動き出したと思ったら、これはどうやらそのままラストアクションにまで、なだれ込んでいく気配です。7話、9話あたりは戦闘の話ではない部分がほとんどですが、私にもそれなりに面白さが分かってきましたよ。エンディングから逆算して見てきたときに、このあたりがどういう意味を占めて見えてくるのかな、という目で、今は作品を見ています。
 物語の骨組みも先行きもちっとも見えてこない、何とも渋い味わいの作品なんですが、これ、完全に作中人物たちの目線で構成されているから、それが狙いっていうことになるんですね。先の見えない中で何を感じ、どう考え、見えない中ででもどう行動したのか、という。物語を鳥瞰する、ある意味“神の視座”みたいなものがあって当たり前のアニメというフィクション。それを徹底して排すというのが、映像作りの方法論だけではなくて、物語の見せ方ともシンクロしているという。

 戦闘の描写から言うと、彼我のパワーバランスがここまでひどく悪い、妙な話だと思っていたんですが、終盤に近づくにつれて敵の正体も徐々に明らかになってきて、実はこちらサイドと同等か、あるいはそれ以上の戦力を持つ強大な敵であることが分かってきて。
 しかし、そこでまったくひるむ気配を見せないシーダック隊の面々。その内面をここまで分厚く描いてきているから、ここは一気にキャラクターたちが生きてきますね。

 これはラストを見るのが楽しみです。一体どうなっていくんだろう?

FLAG Vol.4 完全生産限定版 FLAG Vol.4 完全生産限定版
宮武一貴、田中麗奈 他 (2007/03/28)
アニプレックス

この商品の詳細を見る
FLAG Vol.5【完全生産限定版】 FLAG Vol.5【完全生産限定版】
宮武一貴、田中麗奈 他 (2007/04/25)
アニプレックス

この商品の詳細を見る
関連記事

コメント

> FLAG

FLAG楽しんでらっしゃるようですね。
実はこの作品、ハイヴィジョン画質で制作されているので、配信映像でもいいのですが、DVDでみると全く違う印象を受けますよ。
私も見て、「こういう画だったのか!」とビックリしました。
「修正入れた?」と勘違いするほどです。

ラストの展開ですが・・・
なるほど。そのうえでのああいう構成なのか。と納得できるもの・・・と思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/932-4ba977b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。