スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス STAEG24・25 プロモーション 

[2007/07/23] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

コードギアス 反逆のルルーシュ STAEG24・25 スペシャル版プロモーション

 なかなか良くできたプロモーションでした。“やっぱり終盤何話かだよなぁ”と改めて思いましたけど。(笑)

 それと、改めて「続編制作決定」と言うのを見れば、今度のスペシャルでストーリーに幕を引くわけではないというのも、当然といえば当然ながら、じゃあ今回はどの程度、何をしてみせてくれるんだろうか、とも。

実はテレビアニメが苦手だ。「ひとつの物語を細切れで長期間にわたって楽しむ」というスタイルが得意ではない。

・・・と、そいれんさんが書いておられて、私も同感したところがあり。というか、私の場合は世代というのもあって、私が小さい頃から見て育った“テレビアニメ”というのは、どれもこれも一話完結系のものでした。そこに全体を通して流れるストーリー性が入ってきたときの感動は、今の人には決して分からんだろう、と年寄りらしいことを言ってみたくなったり。(笑)
 たとえば『科学忍者隊ガッチャマン』で、飛び飛びに物語の中に現れてくるレッドインパルスのエピソードだったり、コンドルのジョーのエピソードだったり。そういう名シーンだけを続けて見たい、という願望が、昔はなかなか果たされることがなくて。
 だから“劇場版”が制作されることになったりしたら狂喜乱舞っていうのも、何だか昔話の世界の話になっちゃったなぁ。

作品の鑑賞は単なる視聴時間だけで終わるものではない。作品世界への没入と情動・思考による処理を経て対象化という一連の流れがある。頭の回転の速い人はモニタを見ながらそれを瞬時に終わらせられるのだろうけれど、私には無理だし、それらを経ないまま複数の作品を続けざまに鑑賞するのでは、鑑賞ではなく単なる「処理」だ。

 実はもの凄く同感。
 “そうか、コードギアスは続編が作られるんだな”というので、“面白い作品だから良かったな”と考える半面で、まだ完結を見られないのかと思うと、ちょっと間をおかれたことで再起動に苦しさを感じている部分も若干。だからといって、放映中のこれまでの23話を一気に見直す気にも実はあまりならないし、総集編だけ見たってしょうがないような気もしています。
 やっぱり終盤何話かだけ見るかなぁ。だけどWEBで流してくれないと、当地ではスペシャル見られないんだけどなぁ。(笑)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/916-5df4830b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。