スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニソンの話って奥が深いんですね~ 

[2007/07/20] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

なつかし系アニソンの歌いだし」の話ですが、アニソンの歴史から考えてみるとわかりやすいでしょう。」

・・・というメールをくっきーもんすたーさんからいただきました。思いつきで勝手な思い出話を書いていても、各方面の善智識からフォローアップをいただけるので、まったくありがたいです。感謝!

 ご教示によれば、作曲家の渡辺宙明さんに注目すべき、とのこと。おぉー、なんかお名前はよく目にするような気がします。

渡辺宙明 - Wikipedia

特に『マジンガーZ』の挿入歌「Zのテーマ」ではアナログシンセサイザーによるビヨンビヨンという一見してコミカルに聞こえる音色を低音でシリアスな場面の音楽で活かす書法は当時斬新だった。

↑ああ、“あの音”のことだと何となく分かるわかる!(笑)

歌詞と歌詞の隙間を埋めるかのような独特の擬音(「バンバラバンバンバン~」「ダダッダー!」「バンバンババン~」「ガンガガン」など)を取り入れたスキャットが挿入される(オリジナル歌詞には本来書かれておらず、彼によって後から付け加えられたものが多い)のも宙明サウンドの真骨頂の一つとして広くファンに愛されている。これらのスキャットに限らず、彼は掛け声やフレーズを後から付け加えることがある。

 なるほど!作詞家さんじゃなくて、作曲家さんの仕事だったんですね。大納得であります。

渡辺宙明ファンサイト CHUMEI CRONICLE

 すごいですね。しっかり研究されています。

 くっきーもんすたーさんの注目曲は「おれはグレートマジンガー」ですか。なるほどなるほど。「ダンダン ダダン」に「ダダッダー!」ですね!(笑)

 「ゲッターロボ!」もそうなのかと思ったら、こちらは菊池俊輔さんという方なのですね。おぉー、この方もアニメ・特撮の作曲が凄い。

 そういえば先日、赤枕十庵さんが「熱唱系アニメ歌手四天王バトル」という記事を書いておられました。
 “熱唱系”ということで、水木一郎子門真人ささきいさお串田アキラの4人がフィーチャーされています。無印でただ“アニソン四天王”って言ったら、残念ながら串田さんが落ちて、女王・堀江美都子さんが食い込んでくるんでしょうかね?・・・Wikipediaに載ってるそれぞれのいろんな話を読んでいたら、楽しかったです。
 『宇宙戦艦ヤマト』の主題歌は当初、子門さんが歌う予定だったという説があるが、真偽のほどは定かではない、とか、ささきいさおは声優として出演した『科学忍者隊ガッチャマン』の打ち上げの宴席の余興のカラオケで主題歌を唄いこなしたことが評判になり、翌年『新造人間キャシャーン』の主題歌担当に抜擢、とか。しかし、そうなんですか。子門さんはもう、完全引退されたんですか。

 いやあ、アニソンの話だけでもご飯三杯はいけますね!・・・って言っても私は全然詳しくないんで、なんかもう、完全に素で「へぇー」「なつかしぃー」「そうなんだぁー」とか言ってるばっかりですが、こういう雑談って楽しいですね~。(笑)
 くっきーもんすたーさんをはじめ、世の中、詳しい人が大勢いて、いろいろ調べておられるのに感心します。また、面白い話をいろいろと教えてください!

関連記事

コメント

>

渡辺宙明さんて知らなかったですよ。奥深いいですね、アニソン!

シンセサイザーが使われたその手の曲は『ウルトラマンタロウ』の主題歌が最初だと思ってたらマジンガーZのほうが先立ったか!

シンセサイザーアーティストの冨田勲『スイッチト・オン・ヒット&ロック』が1972年だからほぼ同時期ですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/910-07f7c16c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。