スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「意地を通して信念に死んで行く男の美学」 

[2007/07/17] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 元はといえば『機動戦士ガンダム0083』でのアナベル・ガトーの最期っていう話なんですけどね。

私このパターン嫌いなんだな。より詳しく言えば、そこで「意地を通して信念に死んで行く男の美学」みたいなシーンに酔って感動することに、私の中でいつもストップがかかるんですね。何故だか。

・・・とzsphereさんがおっしゃったのに、同感してコメントしたのが話の始まり。

カオスの縁 ――無節操日記 -  「名誉に死んで行く男の美学」の可能と不可能

 改めて問題提起いただいたので、考えてみたいんですけど、ここで書くことは、アニメとかマンガとか、そういうフィクションの中での表現のあり方という話です。

 「意地を通して信念に死んで行く男の美学」っていうと、真っ先に私の頭に浮かんでくるのは、松本零士の『戦場まんがシリーズ』だったりするんでした。(世代だなぁ。)

 スタンレーの魔女鉄の墓標オーロラの牙 わが青春のアルカディア衝撃降下90度悪魔伝の七騎士復讐を埋めた山勇者の雷鳴曳光弾回廊、・・・このへんですね。正直に言うと、モロにはまっていたと思います。アニメで言ったら、『銀河鉄道999』の中でキャプテンハーロックが「男には、負けると分かっていても行かねばならないときがある」って名セリフがあって。シビれました。

さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~【劇場版】

 『さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~』にもね、スゲー感動しました。だからその後で作られたTV版の『宇宙戦艦ヤマト2』で、ヤマトが最後に体当たりしなかったのには、正直もの凄く落胆し、ほとんど憤りさえ感じました。そんなの続編を作りたいだけの詭弁じゃないかと。

Zガンダム以降の富野作品における特攻は大抵無様に失敗する。もしくは「特攻なんて時代錯誤なことをやってる自分が恥ずかしい」という「照れ」がある。

 psb1981さんが富野アニメの中での体当たりについて、こう書いておられますけど、私も同感。
 「自分のために。趣味で死ぬ」というのは、松本零士で言うと『戦場まんがシリーズ』はまさに(くどいぐらいに)そうでした。しかし『さらば~』はそうではない。松本零士が「特攻を美化するとして良しとせず」って、本当なんだろうか、と今でも思いますが、だとすれば、一線はそこにあるんでしょうね。

 でも今だからそう思えますけど、子どもの頃は、“オレも愛するものを守るために死にたい!”とか、ベタに思ってましたよ。愛するものもなかったくせにねぇ。(笑)
 だからララァの「あなたには守るべき人も守るべきものもないというのに!」(「光る宇宙」)っていうセリフには、意外にぎくっとしました。

こういう子って、青春しているクラスメイトを「平和ボケした愚民どもが!”いざ”となったらそうはいかんぞ」と心の中で罵りながら、その「いざ=世界の危機」を待ち望み「そうなれば自分だって主人公に…少なくとも今よりマシな境遇に…」なんてぼんやり考えていることが多い。日常の中に居場所を上手く見つけられず、非日常の世界へ行きたくて仕方がないのだ。

・・・とpsb1981さんが言われたのは、まさに私のことだなぁ。(苦笑)

 Zガンダム以前の富野アニメで言うと、例えば『ザンボット3』や『ダンバイン』での体当たりは「自分のために。趣味で死ぬ」とは言えませんでした。「為すべきと信じたことを持てる力の限り行った先に、“魂の安息の場”があると信じて生きる(そして死にゆく)ということについては、どれだけ考えても考え足りないですね」と前に書いたとおりで、割り切れない思いは今もあります。
 あれらの作品では、体当たりの瞬間に潰れていくコックピットやブリッジの描写がやけに印象に残っています。あんな怖さや、割り切れない思いを残して、エンターテイメントとしてどうなのか、というのはもちろんあるんですけどね。

 『Vガンダム』での体当たりの描写のしかたでは、もう少し違う意味で割り切れなさが残っているのはオリファーさんの最期です。ルロイさんの「Vガンダムの思い出」の中では、子ども心にも「大爆笑」になってしまうぐらいの無意味さ、無様さ。“男の美学”みたいなものから言えば、これほど酔えない、感動のしようもない死に様をどう考えていいのやら。

ぼくみたいにかなり意気地のない男の子でも、ひょっとしたらそういう人間局面に立ったときに、女房子供のために「おめえ、たたき殺してやる。女房子供には触れさせねえぞ。逃げる時間ぐらいはもらうぞ。」というふうに考えて、死んでいけるだろうなってことを、少しは想像できるようになりました。

・・・と富野監督自身は『戦争と平和』の中で述べているそうです。
 『ダンバイン』で痛感したのは、王道をもって覇道を退けようとするような“聖戦士”には、生命を賭けても成し遂げねばならない使命があるということだったんですが、それはエリート論でもあります。精神年齢は“お子チャマ”なところもある私のような凡俗は、身の丈に応じて読み取るように、少し注意していないとヤバいのかも。(笑)

 “聖戦士”の話で言うと、痛々しくもこっけいなサコミズ王の物語、『リーンの翼』に触れないわけにはいかないですね。

リーンの翼 6

「生き神様でした」
のあとの言葉は、褒め称えてくれたでもなく、感謝してくれたでもなく
「憐れんでくれた」
という言葉でした。サコミズは戦火の中に放りこまれた人々を哀れみ悲しんでいます。でも、サコミズ自身も憐れんでほしかったのです。
国家のためとはいえ、自分が死ななければならない。それが簡単に受け入れられるはずがない。それでも無理をしてどうにか自分を納得させて、せめて自分の死が残って生きる人にとって意味のあるものなのだと何度も自分に言い聞かせて、死出の旅路に出た。
そんな境遇に追い込まれたことを、共に悲しんでくれる人がいる。 それが最大のなぐさめになったのでしょう。

BWT // 雑記帳 / アニメ リーンの翼 感想2

 戦争というのは、“勝てば天国、負ければ地獄”に思えて、その実態は勝っても負けても畜生道の地獄絵図だ、という認識をなくしてはならないと思うんですね。そこに“生と死”が凝縮しているから、物語の題材にはなりやすいんですけど。

 自戒を込めて言うと、凡俗って言うのは“カッコいい死に様”には簡単に憧れちゃうもんだと思うんです。だからガトーみたいな最期はエンターテイメントとしては最高ですよ。ただ、彼のああいう最期を憐れむ気持ちには、私はどうしてもなれないんだなぁ。それは一言で言えば、『0083』の物語の作り方のずさんさゆえなんですが。
 富野さんという人は、エンターテイメントということをとても強く希求しながら、でも、最後の最後のところで安易にエンターテイメントに落してしまうのではなく、ぎりぎりの割り切れなさを描かずにはいられない人だと思います。私なんかは、そこの不器用さがたまらなく好きなんですね。
 その富野監督が立ち上げた宇宙世紀のガンダム世界の隙間を狙って、設定がキレイにハマることを物語よりも優先して作ったように思える『0083』という作品の中で、ガトーというのは、ただカッコよく物語を終えるために死んでいったという気がするんです。だから、ガトーというキャラクターは嫌いじゃないかもしれないんですけど、そういう物語の作り手を、私はどうしても認める気にはならないんだなぁ・・・。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/904-68bd20f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。