スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムの次の「富野アニメ入門篇」は何だろう? 

[2007/06/22] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(8) | TOP ▲

 書き出してみると、書きたいことはいっぱい溜まってるんで、あんまり深く考えず、長くなりすぎないように書こうと思うと、どうも量産型になってしまったり?(いいのか、これで?)

 今、ちょっと悩んだら、右のコメカミが「ぴぴっ」と痛みました。うーん、まるで“ニュータイプ”だ、こりゃ。(苦笑)
 これからは、なるべく悩まない人を目指します。(本当かな。)

 近ごろ身辺では、身体の不調もあっていいことあんまりないんですが、嬉しいことの一つは、決してディープなアニメのファンではない出人さんにファーストガンダムの劇場版三部作をオススメしたら、面白かったと言っていただけたことで、続きの『星を継ぐ者』でも感動してもらえたってことですね。

 その出人さんが、今度はガンプラのお話を書いておられて。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 ガンダム SUPER HCM-Pro RX-78-2 ガンダム
(2007/06/17)
バンダイ
この商品の詳細を見る

なんとプラモデルなのに、「ハイコンプロ」ってシリーズがあって、これは、完成塗装済みのガンプラなんですね。作る過程を楽しみとかいうのはなしで、いきなり出来ているのが売ってるんです。はぁ~?。ま、飾るなら、自分が作った下手くそなものよりも、上手な人が作って仕上げてくれたもののほうがいいですからね。また、本当は作りたいけど時間がとれないからってのもあるし。

 「はぁ~?」って言うのに思わず笑ってしまいました。私は「作る過程を楽しむ」専門で、専ら400円ぐらいのこっち派ですからねぇ。(笑)
 まあガンダム好きのブロガーもたくさんいらっしゃいますが、私ぐらいけち臭いガンダマーは少数派かもしれません。でも、たまに狭いアニメ村の外の人からどう見えるのかを伺うのはとても面白いし、興味深いです!

「ガンダム」シリーズは日本はもとより世界に人気を博していますが、信者とも言えるようなこだわりを強く持ったファンもいまして、ま、安易に、よくもわからないで飛びつけない。飛びついても語れないというところがあります。

 こんな風に、思われちゃってるもんなのですね。なるほどなぁ。
 何しろ、最小限でもファーストの劇場版“三本”でしょ?本当はこれだって、不慣れな人に勧めるにはハードル高いんですよね。そこを言えば、宮崎アニメなんて、日テレ系でほぼ年に一本以上は地上波オンエアされるし、それ一本見て「へぇ、なかなかだね」って思ったら、ファンが増えるんだから、どうにもこうにもね。

 あ、悩まない人を目指すんだった。(苦笑)
 結局、日テレとバンダイと、どっちが商売上手なのか、どっちもそこそこ商売上手なのか、みたいな、そんな話にしかならないんですかね?作り手は、与えられた条件の中でしか作品を作れないしなぁ。

 そんなこんなで私は“ガンダム”の面白さから、富野由悠季という監督の作るアニメの面白さのほうへどんどん引き付けられていったほうなんですけど、さて。
 諸賢のご意見としては、アニメオタクではない人に「富野アニメ入門篇、これ一本!」って言うんであれば、何をオススメしたらいいと思われますか?
 私はやっぱり「イデオン(接触篇/発動篇)」かなぁと思っちゃいますが、これってちょっと博打ですかねぇ?(笑)

伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇
矢立肇、 他 (2006/05/05)
タキコーポレーション
この商品の詳細を見る
関連記事

コメント

>

富野アニメの真髄は『イデオン』だと信じているのですが、初心者に対してであれば『ザブングル』なんてどうでしょう。
あれは、明るいし、死なないし。富野アニメの明るい面の象徴かと。

> 初心者~(笑)

すみません。未熟者ですのでよろしくおねがいしますです~

> 何を仰いますやら~(笑)

アニメの達人とかアニメ初心者とか言うような、・・・本来は「そんなにアニメって特殊なもんかなぁ」と思いますから。
それに私もアニメ村の中でも、けっこう村はずれの住人っぽいですし。v-17
『ザブングル』はいいかもしれないですねぇ。でも手軽さから言うと、あくまで映画の尺で『ザブングルグラフィティ』で勝負できるかどうか、の話かも。っていうか、私がまず見直してみなきゃ。v-16

>

個人的には、劇場版∀が一番かと思いますが。
何の面白みもない答えですけど(笑)。

ビデオで2本借りれば良いだけという手軽さもあるし、
いわゆる白富野なので口当たりもマイルドですし(笑)。
今までまったく富野作品を見たことない人が見るには
これが一番かなぁとも思います。
もちろん、初代ガンダムの劇場版と並んで。

> ∀もほら、(いちおう?)

「ガンダム」ですから。
でも、劇場版∀も、ガンダマーじゃない人にこそ、是非見てもらいたい作品だというご趣旨であれば、大賛成です。
私としては、“ガンダムだから”面白いのか、“富野作品だから”面白いのか、そのへんが、どっちのマニアでもないけど、映画を見る目のある人にどう映るのかなぁという関心もあったので、できればガンダムじゃない作品に振ってみたかったのでした。

> なるほど

何となく、そういう意図なのかなぁと思いつつも
上記のようなレスを書き込んでいました(笑)。

まあでも、何の予備知識もない、
富野監督の名前も知らない人に……

「ガンダム」を教えたいなら、ファースト映画三本、
「富野由悠季」を教えたいなら、∀劇場版、
を勧めるかなぁ、っていう気はします。

私はイデオン劇場版は見ていないので半端な事しか言えませんが、
他は勧めようにも、テレビ版全話とかになって
分量的に勧めにくいですしね。
リーンの翼を勧めるのも何か違う気がするし。

> 普通は

・ガンダム×3本
・新訳Z×3本
と来れば、
「逆襲のシャア」が定番なんでしょうけどね。なんかそれで完結した気になってしまうと寂しいというのが富野マニアの業というものです、きっと。v-407
『リーンの翼』も、時間数から言えば悪くないんですけど、DVDだと6枚になるのがネックですね。内容から言えば、あれこそ富野濃度が高い(笑)のかもしれないですけど、やっぱり“一見さん”にオススメするメニューじゃないかも知れませんねぇ。(もしイデオンがいけるクチだったら、そのとき初めて「通だね、お客さん!」って言ってお勧めしてみるようなもの?)
でもzsphereさんがイデオン未見とは、超・意外でした。

>

「ブレンパワード」はいかがでしょうか?
レンタルもされていると思いますし、8月にリマスターBOXも発売されますよね。
長さ的にも26話で、1年のシリーズよりは軽い気分で見始められると思いますし、劇場版ほど身構える必要もないような気がするのですが…。

追伸:そういう意味では「キングゲイナー」も同じなのですが、私の印象としては割と、富野監督のカラーが抑えられているような感じもするんですよね…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/873-d7c024a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。