スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本アニメーター・演出協会」なんだそうです。 

[2007/06/11] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 [WEBアニメスタイル]の小黒編集長さんが紹介を推奨しておられたので、ちょこっとだけご紹介してみます。皆さんも読んでみてください。

日本アニメーター・演出協会 JAnicA

 労働組合ではないんだそうです。「この協会は具体的には、所得のアップ、福利厚生の充実、作画や演出の派遣、新人の育成などをやっていきたいと考えているそう」とのこと。

 「提案書」の内容はとても興味深いです。

≪職人の美学≫
我々アニメーター、演出家は古くから続く職人の気質を受け継いでいる。5000円の仕事でも10000円以上の仕事をしてしまうのがそれである。

≪今の現実は我々の責任≫
我々は条件をうるさく言ってこなかった。条件が良くなる筈はなかったのだ。今の苦しい状況は、我々自身が招いてきたことである。

 何かそういう体質があるんですねぇ。それがいいところでもあり悪いところでもあるっていうのは、そうなのかも。
 しかし読んでいると、(組織として)うまく行くんだろうかと正直思わなくもないですが、確かに話題になることだけでも何かの効果があるかもしれないですね。
 よく分かりませんが、いい作品を作ってくれる人たちが育つような環境作りをしたいというのなら、それはぜひ応援したいと思いました。

関連記事

コメント

> OBの一人として

がんばって欲しいなって思いますね。
下っ端でも喰っていける様になるとしたら、またやってみたいと思ってもいますし・・・(また一から鍛え直しですが)。

>

(記事とは違う話題です)
WEBアニメスタイルで思い出しましたが
脚本家の首藤剛志さんのコラムで
富野監督のことについて触れられていますね。

そういや、首藤脚本の台詞の調子も独特の心地よいテンポで流れていて、
トミノ節とは全然違うものなあ

紹介されている「映像の原則」というテキスト本(これは本当にアニメにかかわる人の教科書といって過言じゃない)については
∀の劇場版を見たときにパンフレットと一緒に買った記憶があります。
  • [2007/06/14]
  • URL |
  • ナナジンと名づけたか
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>

上のコメントは私のです
思わず名前を入れ忘れました、あう。
  • [2007/06/14]
  • URL |
  • のりのり(しまった)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/863-1719eed4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。