スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母をたずねて三千里 第3話~第6話 

[2007/05/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 昨日、「6話まで見るのは無理そう・・・」と書いてたんですが、何とか観られました。良かった。(笑)

 しかし全然忘れてたんですが、マルコ少年の旅が始まるまでってこんな感じだったんですね。うーん、高畑勲テイスト!話がゆっくりしか前に進まないから、かえってその分“濃く”感じるぅー。
 そうか、貧しい人たちのための病院の事務長を、お父さんは私財を投げ出してやっているんですね。そして少しでも稼ぎたいと労働したがるマルコ少年。うわぁー・・・。

 ちなみに第3話と第6話が「絵コンテ:富野喜幸」でした。といっても私は、違いが分かる人ではありませんが・・・。でも、この濃い~話の作りかたっていうのは、富野さんも高畑さんから学んだ部分があるのかもしれないですね。4話、5話は高畑さん自身の絵コンテでしたけど、私には本当に違いがよく分かりませんでした。そこが宮崎駿のレイアウトの威力なのかどうかよくわかりませんが。(“カメラアングル”的なものは、さすが!と思う部分がいくつもありました。)

 しかし、とにかくね、これ子ども向けってもんじゃないですよ。重いストーリーを、アニメのクオリティの高さで押し切ってる感じです。私はどっちかと言えばストーリー派のほうだと思うので、この“みしっ”と押してくる感じは肩が凝るなぁ。富野ファンの私がそう思うんだから、すごいもんですよ、高畑監督!(笑)

 参考までに、やはり「うーむ・・・。」(笑)と言いたくなるようなリンク先をご紹介しておきますね。

高畑勲ネット 三千里コラム
第3話『日曜日の港町』
第6話『マルコの月給日』

 「三千里」から脱線しての余談がなかなか興味深いですが・・・。(苦笑)

 それとペッピーノ一座の人形劇は、確かになんだか前衛的ですね。(笑)

 Yahoo動画さん、ぜひ続きも無料放映して欲しいなぁ・・・。ここで観るのやめたらけっこうつらいですよ。でもそうだなぁ、後半のマルコの旅も、かなり息苦しいエピソードは満載だったような気もしてきますね。一切ナレーションとかなしのドライタッチで容赦なく描いていってるのに、最後は感動してしまった記憶があります。はい。

母をたずねて三千里(1) 母をたずねて三千里(1)
松尾佳子、 他 (1999/03/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る
母をたずねて三千里(2) 母をたずねて三千里(2)
松尾佳子、 他 (1999/03/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/851-d9aaf37c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。