スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地球へ…』section07~回想混じりですけど 

[2007/05/29] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 いやでもリアル原作世代であり、周回遅れのネットウォッチャーでもあるので、若い皆さんの感想はいかがかと、チラチラ気にしながら『地球へ・・・』を観ています。

 この話、ほとんど大河ドラマなので、作中時間はとても長いんですけど、私の読ませてもらっている限りでは、そうして時間がぽんぽんと進んでいくことへの抵抗感はあまりないようなので、一安心しています。(笑)
 前回のエピソードから4年経過しているという描写も、説明臭くなりすぎずにスマートにやれていたと思うし、何しろ劇場版ではこの点がとても気の毒だったので、今回のテレビ版はそれだけでもいいですね。今思えば、『地球へ・・・』の劇場版も、三部作ぐらいで作らせてもらえればもっといい作品に出来たんだと思いますけど、そういう時代ではなかったのかなぁ、あの時代。

地球へ・・・ 地球へ・・・
竹宮惠子、 他 (2007/06/21)
東映
この商品の詳細を見る

 ああ、すごいな。DVD発売されたんだ。でも、ほとんど満点に近いamazonの評価、ちょっと高すぎるんじゃ?当時の評価はもっと辛かったと思うけど。確かにストーリーはいいんだけどねぇ。「原作に比べて・・・」というので当時の評価が厳しすぎたきらいも確かにあったのかなぁ。

 このテレビ版は全24話予定ということで、「短すぎる」という声をたまに聞くような気がしますが、私の感覚ではちょうどいいペースですね。ルーチンパターンとかでない大河系のドラマでは、50話近いストーリーってテンションがもたない気がします。(そこ、キャラ重視か、物語重視かによっても違うのかもしれないですけど。)

 で、ジョミーの旅立ちが第5話までで描かれて、第6話からキース・アニアン篇がはじまっているんですけど。原作当時の私はもちろん子どもでしたから、どんどん歳をとっていくキースにもの凄くビックリしたのを覚えてますね。で、主役はもちろんジョミーなんだけど、彼らは人ならぬミュウだし。(と、差別的に考えてしまうのを避けがたかったなぁ。)
 それに私の性格もあるんでしょうけど、やけにキースのほうにも感情移入をして読んでいて、最後の最後まで、悩みに悩みながら話にのめり込んでいったものでした。・・・今から考えると、当時の私はキースっていうよりむしろ、シロエタイプのへそ曲がりな子どもだったような気がしますね。でも、あの頃本気でシロエが憎らしくってねぇ。あれは近親憎悪だったのかなぁ。(笑)

 “管理された子羊”とか、わりとそういうことでも、当時もの凄く自分たちの身辺に引き付けて、物語を読んでいたような気がするんですけど、今のリアル中学生・高校生あたりは、この『地球へ・・・』をどんな風に観ているんでしょうね。
 そういう気の迷いをすっかり真に受けてしまって、(と、人のせいにしてはいけないんですが、)じたばたしたあげくに結局、世の中の歯車のひとつでしかない今の自分がいますが。おかげさまで未だにあまりいい歯車ではなくて、ギィギィきしんでばかりいるダメな歯車のような気がします。
 って言うわりには、人の心の判らないやつでもあったりするんで、まぁキースは“理由あり”でああいう人なんですが、その優秀なくせに不器用なところがやっぱり愛おしいのかもしれないです。どうしてもラストに思いを馳せてしまうので、あの最後の最後にね、彼が・・・。

 ところで今思ったけど、この原作って、ラストシーンのイメージがある程度できていて、そこから逆算しながら描かれた物語だったんだろうか? (今、テレビ版を作っている人たちは、もちろんそういう風にやっているんだろうけど。)

関連記事

コメント

>

確か最初のジョミー編を描いてから膨らませた話だったと思います
古い話なので記憶に自信はありませんが

> そうでしたか

42さん、ありがとうございます。
少しずつ原作と設定を変えている部分があるようですが、あのラストは変わらないでしょうね。(変えたりしたら許さん!)
ネタバレに配慮しなきゃいけなさそうな雰囲気なので、あまり語れませんが。
わけわかんないけど泣いちゃったのを覚えています。あのラストが今でも受け入れられるのか、そこが少し心配だったりも。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/849-d3f01223

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。