スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガン×ソード」ちらっと拝見 

[2007/04/15] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 GyaOで『ガン×ソード』の11話から13話まで見たりしたので、今日はそんな話からの雑感。

 谷口悟朗監督の『ガン×ソード』はGyaOでもすごく人気があるほうらしくって、うちは接続環境が悪いのか、あんまりいい感じではなかなか映りません。ずーっと前に第1話を見たんですけど、実はそれきり続きを見てなかった作品なのであります。で、何でまた見てみようと思ったかというと、やっぱり『コードギアス』を見て、谷口監督という人が気になったんですね、たぶん。(あと以前に、富野アニメに比べると、谷口監督の作品について書く文章は、あまりにも“感想文”なんじゃないかと指摘されたのも、微妙に気になっていたり。)

 で、感想文。面白かったです、終わり。・・・じゃなくて、(笑)

ガン×ソード VOL.1 ガン×ソード VOL.2

ガン×ソード VOL.1
木村貴宏 (2005/10/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

ガン×ソード VOL.2
木村貴宏 (2005/11/23)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 ロボットアニメ好きの視点から言うと、谷口監督の“ロボットもの”についての考え方ってどういうんだろう、と何となく気になりました。(あ、私、谷口監督の作品って、あんまり見てないので見当はずれなこと言ってたらごめんなさいね。)
 それはつまり、どういうんだろうなぁ。(この間も書きましたが)巨大ロボットみたいな、そもそも“あり得ない”対象を描いているということを、この作家は“こんなのたかがロボットアニメなんだからね!だから変に真剣に見たらダメなんで、気楽に楽しく見てくださいね”という記号として使ってるんじゃないかとか、そんなことを思ったりしたような。(これは『コードギアス』の印象も含めて、そんな感じ。だけど、もちろんその記号は額面どおりの意味ではなさそうな。)

 あえて調べもしないで、好き勝手な感想を書いちゃってますけど、せっかく先入観なしで作品に接しちゃってるので、これも案外貴重な機会なのかもしれないし。
 で、“深く入り込んで見る”ことを、やんわりと拒んでいる感じは、ロボットの扱いだけじゃなくて、キャラクターなんかでもそうなのかな、という印象もありました。「痛快娯楽復讐劇」というのが『ガン×ソード』のキャッチコピーらしいですけど、「復讐劇」を痛快な娯楽として見ると言うのは、キャラクターに感情移入してしまっては成り立たない構図のような気がするんですね。私はどうも、そういうメタ視点(っていうのかな?)から作品に接するのには不慣れで。(歳のせいかなぁ。)
 まあ、そんなことまで考えたわけではないですけど、第1話を見たときに、何となくビビっと来なくて、(忙しかったせいもありますけど)続きを見てなかったんですけど。

第11話 さよならのありか
兄ミハエルと再会したウェンディ。だが、ミハエルは故郷には帰らないと彼女に告げる。

第12話 帰らざる日々…
ヴァンは自分の過去を知るガドヴェドと再会。一方ウェンディはスカイガーデンである男と出会う。

第13話 夢の途中
ヴァンとガドヴェドはヨロイで激戦を。一方、スカイガーデンではレイがカギ爪の男に襲い掛かる。

 たまたま見たのがここの部分だったんだけど、もしかして、けっこう物語の要所ですか?本当は1日1話、30分ずつツマツマと見ようかと思っていたんですけど、ついつい引き込まれて、一気に3話見通してしまいましたよ。
 とても面白かったし、そしてただ面白かっただけじゃなくて、「断罪か、贖罪か」というフレーズはけっこう耳について離れないです。

 でも、この作品にハマるところまで、行ったかどうかはまだよく分からない感じです。たまに見て、何か思ったら、また何か書くかも。(見ないかも。書かないかも。だって見たい作品はたくさんあるんですよ。そしてあまり時間はない・・・。)

 ∀ガンダムの第14話のことをちょろっと書いたら、psb1981さんから「なるほど、そう見るか~!」というトラックバックをいただいて。私がちょっと引いた視点から見るのが苦手なのは、富野アニメの場合でも、あんまり変わらないのかもしれないですよ。
 あと、今日分かったのは、私が土曜も日曜もなくせかせかと働いているときに、psb1981さんはドラクエIIIをしていたらしいということ!(笑)
 いやー、まじめな話、ちょっとはのんびりしたいです~。 (>_<)


| ランキングオンライン |

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(3)

[tag] ロボットアニメ fc2ファビコン 谷口悟朗 fc2ファビコン ガン×ソード fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

>

谷口監督、というかこの人の作品を監督名で意識したことはあまりなかったりします。

一応、谷口作品と呼ばれるのは(自信ないけど)
「無限のリヴァイアス」、「スクライド」、「プラネテス」、「ガン×ソード」あたりなんでしょうか?

プラネテスを除くと
「白鳥哲さんが出てる作品(端役含む)」とか
「スタジオオルフェが脚本書いてる」
というイメージがあります。

オルフェというか
黒田氏と倉田氏なんですけどね。
昔はあんまり芸風違わないなーと
思ったのですが、最近はちょっと違うかな?

あー(ちょっと調べてみた)
プラネテスとコードギアス(未見)は
サンライズ&大河内氏とのコンビか

最近はシリーズ全体を俯瞰するポジションにいる人間、
プロデューサー、監督、脚本とかへの関心が強いかな、私。

ガンソード自体の話は
全話見られてからしましょうか。
個人的には記憶にある終盤だけのトークになりそうです。

> 私は

序盤から結構見てましたねえ・・・。
桑島法子さんが好きなんで(笑)。
まさに痛快な復讐でしたねえ・・。こうなるか!っていう。

>

初めまして、検索から参りました。
とても共感することがあったので、コメントさせて頂きました。

>「復讐劇」を痛快な娯楽として見ると言うのは、キャラクターに感情移入してしまっては成り立たない構図

これ、とても今痛感しております。
私はキャラクターの立場で考えてしまうので、アニメ自体は娯楽なのですが、痛快かと言われるととても心が痛いです。
特に今13話ではキャラクターが皆辛い気持ちになっているので、なおさらです。

突然おじゃましてしまいまして、申し訳ありません。
もし全話見る機会がありましたら、是非感想を拝見したいと思います。
お忙しいようですが、お体を壊さない様お過ごし下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/801-0a5f939b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。