スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『聖戦士ダンバイン』 第47話~第48話  

[2007/03/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 『聖戦士ダンバイン』第47話からの感想メモです。富野アニメの終局に向かう盛り上がりの凄まじさに身震いがします。

第47話 ドレイク・ルフト

 何!? ゲア・ガリングを脱出したリムル姫が目指したのは、ドレイク・ルフトのところなの?しかし、さすがはドレイク、ここまで間男に気付かない“道化”を演じてきたとはいえ、リムルの一言から事態の把握までが早い!
 それにしてもビルバインは、なんで主役機らしくないカラーリングに塗り替えたのですかね?
 あくまでクールなショット・ウェポンの前に、ゼラーナ撃墜!(キーン・キッスが邪魔しなければ、ニー・ギブンは体当たりさせることができたんでしょうか。)
 「オーラ・マシンの力は世界を繋げすぎた。我々は地上にあっては粛清されなければならん存在なのだ。・・・わしとて世界を見る眼はあるつもりだ。が、個人の感情の決着だけは、これは付けさせてもらう。」
 ・・・およよ?ドレイクは、急に『イデオン』のドバ・アジバのような悟りを語り始めましたよ!
 ドレイクの名代としてゲア・ガリングに乗り込むリムルは、母であるルーザ王妃への怒りに燃えていますが、これはどうなるんだ?

第48話 クロス・ファイト

 「我がほうには、命かけて悔いのない大義があるのです。欲だけの敵に対し、我がほうの心を集中すれば、抜けます!」
 善意の側のオーラ力の中核たるシーラ・ラパーナを、ピンポイントでつけねらうショット・ウェポンが実にいやらしい。ドレイクとビショットの不協和音のハンディも冷静に計算に入れてますからね、この男は。あわやのところを作品はじまって以来のマーベルの大活躍でスプリガンは退けましたが、あれは・・・?ミュージィ・ポゥのブブリーは、ショットの覇権のためにドレイクを倒すチャンスをうかがっていましたが、最後の最後にもう一ひねり入れる役なのか、こいつは?
 黒騎士のオーラ・ボム“ガラバ”がハイパー化したり、しぼんだり・・・と思ったら、エレ・ハンムの霊力が干渉していたとは。しかしエレ王女が、こんな死に方をするなんて・・・。
 リムルが言うように、ドレイクやビショットを扇動したすべての混乱の元凶は、ルーザ王妃だったんだろうか。「手玉に取られた男どもが悪いとは考えぬのか、偉そうなことを言っても、まだまだ子どもねぇ」・・・しかし、なんて無残な返り討ち!
 「エレ様、バイストンウェルへ帰りましょう。そして、あの地を再び争いのない、平和な世界にいたしましょう。」エレ王女を失ったゴラオンのゲア・ガリングへの体当たりは、いわゆる“特攻”なんだけど・・・。『リーンの翼』のラストで、死を決意したエイサップが口にした「エレボス、ワーラー・カーレーンへ帰るぞ!」 を思い出しました。(毎度、「逆ですがな w」)

雑感

 「ハイパー化は悪しきオーラ力を太平洋上に残して、地上人を迷わせるんだ、これ以上は・・・」
 「力に力では、ともに自滅です」
 「今あなたがハイパー化したら、エレが何のために身を犠牲にしたのか分かりません。そのままの、在るがままの姿で闘うのです!」
 最後の決戦というここに来て、地上の人々は観戦モードに入ってしまって。「戦死者を増やすことはない」、「彼ら同士でけりをつけるつもりだろう」というのは、読みとしては正しいんだけど、なんだか歯がゆいところではあります。ただ、あの“カミカゼ”もどきの攻撃が、大西洋上に満ちていた悪しきオーラ力のせいだったと言われれば、そうなのかもしれないですね。
 信ずべき“大義”があれば、特攻も正当化できるのかどうかはともかく、為すべきと信じたことを持てる力の限り行った先に、“魂の安息の場”があると信じて生きる(そして死にゆく)ということについては、どれだけ考えても考え足りないですね。
 「皆殺しの・・・」と言われるラストへ向かっているのは分かっています。シーラ女王やショウは、“王道”をもって“覇道”を退けようという困難をあえて選んでいるのですから、それが凡愚には険しい道であるのは自明のことです。それを為せるのは“聖人”のみ・・・と書いて、はっと気付きました。この作品は、『聖戦士』の物語でした。――“王道”という東洋思想は性善説に基づくものですが、理想主義的なオプティミズムではなく、むしろ戦乱の世にあってこそ、エリートが求めるべき指標として掲げられたものでした。
 この終局はいったいどうなるのか。ついに最終話を残すのみですか・・・。


| ランキングオンライン |

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/783-2ecc6457

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。