スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コードギアス』stage15「喝采のマオ」  

[2007/02/03] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 相変わらず首を捻りながら見ております。人間ドラマ中心で、悪ノリ、悪ふざけも少なくて、私にとっては好都合な展開のはずなんですが、「なーんか、違うなぁ」という超個人的な違和感。

忘却界抄:サービスサービス

 私の書いた前回の記事は、「何が言いたいのかわからん」的な痛棒を、そいれんさんにいただきました(笑)。違和感の正体が自分でもよく分からなくて、“誰か教えて”君状態で書いてしまっているのかもしれないです。
 でも話し相手になっていただいたおかげで、90年代以前のままの視点では、「なにもかもが違いすぎる」というのが、私にもようやく薄々分かってきました。
 「 谷口&大河内なんだからドロドロして主人公を攻めるよね」というのが作風だという認識も、私にはなかったんです。tobofuさんが言ってたのも、そういうようなことなのかな。
 「パターンやパロディ(オマージュ)などはともかく」と、それを当然の空気のように流せるのが普通で、私にはその感覚がないらしいということも、どうやら発見。そういうのを“作法の遊戯”というような感覚で、新鮮なもののように受け止めていた、―― 私の感覚は、そのへんのままで固定されてしまっているシーラカンスであるようですよ。

 その古い感覚で見ていくなら、たとえば冒頭から、「この世界には、善意から生まれる悪意がある。悪意から生まれる善意がある。」などと、ナレーションであまりに分かりやすくまとめてくれるというようなこと、これ一つをとっても私には違和感ありありです。

 あんまり細かい設定を云々するのは趣味じゃないんですが、ギアスの発現のしかたは人によって異なるって、それじゃやってみなきゃどんな能力かはわかんないってことだけど、ルルーシュが最初に能力を使ったときはそんなふうではなかった気がします。

 なんでかな?前回も言ったけど、マオって大嫌い(笑)。ギアス云々じゃない気がします。「その中途半端のせいでシャーリーは!」って激しちゃうルルーシュもそうだけど、青臭いガキ過ぎるのは、どうも見ちゃいられない。(シャーリーの日記を、女々しくしんみりと燃やしたりとかもね。)

 扇とヴィレッタねぇ・・・。え、藤堂捕まっちゃうの?何の伏線・・・?ディートハルトも胡散臭いよなぁ・・・。と、あれこれ細かく、話を押してきますね。確かに面白いんだけど、気が散るっていう面もあるような気がします。そうやって本筋の情に集中したがるのも、私が古いタイプのアニメファンだからなんでしょうかね。

 うわぁ、・・・しっかし、およそ耐え難いぐらいに、やることの趣味が悪いですよね、マオってやつは。(こいつは、そういう“仕様”か。)

 と、思っていたら、「シーツーの全てを手に入れた」って、ルルーシュ。お前もなぁ・・・。(笑)
 それで、結局マオが大好きなシーツーってのも、何だかどうも。
 「哀れみか、慰めか、それとも執着か」って、どうしてこの話は、いらんところでまでカッコつけるんだろうなぁ。どいつもこいつも、覚悟も気合もないくせにポーズを気にするっていうのが、どうも、この話の馴染めないところです。

 今回、一番「おぉぉ」と思ったのは、ロイドさんが伯爵だったってことかな? 生徒会長がルルーシュの身分知ってるのはいいけど、一瞬この人もルルーシュ好きなのか、って感じに思えた。あ、あとシーツーの不死身はまあいいとして、チンピラぶちのめしてたのには「強ぇ~」と感心しました。(笑)

 それにしても、このシーラカンスたる私の違和感、「“書き言葉”と“話し言葉”の問題!?」とか、一瞬頭をよぎりかけましたけど、かすめただけでどこか行ってしまって、やっぱよく分かりません(笑)。何が「喝采」だったんだろう、今回のお話は・・・。


| ランキングオンライン |


関連記事

コメント

>

何が喝采だったのかと言うと単純に「喝采」という意味での喝采ではないと思いますね
単純に谷口作品によくある言葉遊びだと思います
今回の場合cc捕まえてアヒャってるトコとか最後に銃弾食らいまくるトコらへんの
マオの輝きみたいなものを置き換えたものではないかな、と

あとこの人の作品は作品というかキャラを愛しちゃってる感じで
いろんなキャラにドラマがあったりしていろんなキャラがたつのが特徴だと思います
特にガンソードなんかはキャラ愛に満ち満ちている感じ

>

なぜこの作品は執拗にかっこつけ続けるのか、
それは単純にターゲット層を絞りまくる事で顧客を得る快感をサンライズとTBSがSEEDで味をしめたからだと思います
中高生と腐女子はビジュアル系が好きになる年齢でもあるので
難解な言葉を出されると高尚な気がして
ごちゃごちゃな思春期の悩みと比較し
私と一緒だ!と勘違いしちゃうんじゃないですかね
かなり乱暴な言い方だけどそんな感じかなあって思います

> そだねー

「ええかっこしー」なのはまあ視聴率稼ぎで飾りなんだから流して見てればいいのでは。なんだかカーレースでスポンサーカラーにこだわりすぎててレースを見てない感じですよ。
同じ色調でもチームが違う場合があるのと同様に、カラーにこだわりすぎてるとストーリーを見失うかも・・・。

多分、今後、ルルに学園での安らぎはない事、C2との「契約」などがメインじゃないかと思うので。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/713-6059007c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。