スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装甲騎兵ボトムズ 最終回! 

[2007/02/01] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

何しろボトムズはいい!」という話は前に書きました(笑)。でも、『ボトムズ』をこのぐらい通してみたのは、実は初めてだったりするんですよね。

 

 第51話「修羅」。まさに修羅の道を突き進むキリコ。雲霞の如き敵ATの群れに真っ向から突っ込んでいく。組織の部下たちを冷徹に捨て駒にして、ようやくワイズマンの眠る場所へたどり着く。ひそかにこれに続き、影からキリコを助けるフィアナ。そしてもう一人、キリコが真にワイズマンの後継者にふさわしいのか見届けたいと執念の追跡を続けるロッチナ。

 ワイズマンの力を手にして、銀河の支配者となるとうそぶくキリコ。最終話「流星」。あえぎながらも追いすがる敵を振り払い、振り払い、ついに最後には、行く手を阻もうとしたフィアナのATさえをも撃破して、ひたすらワイズマンの座を目指して上り詰めようとする。そしてついにキリコのATも力尽き、最後は自分の足で延々と昇 り続ける・・・。

 やっぱりオチが分かっていても、「うわぁ、どうなるんだろう」と思いますね(笑)。完全に力尽きて、もう昇れないふりをして、ワイズマンに手助けさせたのは、あれはワイズマンの力の及ぶ限界を見極めるための策だったんでしょうか。いよいよ後は立ち上がるだけで“神の力”が継承されるという瞬間に、きらっと目 を輝やかせて、銃を放つキリコ!分かっているのに、「ええっ、やっちゃったよ!?」ってついつい思ってしまうのでした。(笑)

 ワイズマンの心臓部のコンピュータの回路を次々と止めていく描写は、名作『2001年宇宙の旅』の完全なパクリですけど、まあそれでもいいじゃな いかと思えます。物理的な力を及ぼすことのできないワイズマンは、言葉でキリコに圧迫を。これまでキリコのたどってきた道は全部自分が仕組んだこと、たとえばフィアナとの出会いもそうだ、と言われたのには、さすがのキリコも動揺。「希望のなかったお前に、初めて生きる意味が生まれ、愛とともに力と支配に対する認識が芽生えた。私はまずお前を、当たり前の人間にしてやったのだ」・・・うーん、そうなのかぁ。なかなか考えさせられますね。
 世の中、何もかも仕組まれ、規定されているように感じるときがあります。でも、完全にプログラムされていてさえも、人間というものはその引かれたレールの通 りに進むとは限らない。そして、『2001年』でもそうだったけど、全能とも思えるような力を斥けたところにこそ、人間の真の再生の可能性はあるのかもし れない。

 「罪を超越できるのは、完全な支配だ。」「たとえ殺しても神は罪を犯したことにはならない、神だけは!」しかしワイズマンも神ではなく、しょせんは人の意思だってことなのかなぁ。
 だけど「お前は神を殺した!」と非難するロッチナも、実にいい味を出してました。そしてワイズマンさえ欺いたキリコの真意を理解していたフィアナもね。スー パーマン的な能力でも、努力と根性とかでもなく、いかにもキリコらしい(ちょっと姑息っぽい)アイデアで神に対抗したのは、考えてみると実に面白い。すごく神秘的なテーマを扱うのに、ファンタジックな映像に頼らないで、あくまでミステリアスな、それでいて人間味のあるシナリオの力で押し切ったところはすごいと思いました。

 「何故用意された支配者の座を受け取らなかったのか。」ここは難しいところですよねぇ。
 でもキリコは“当たり前の人間”ということを知ってしまったから、“神”ではなく“人間”として生きたいと思ったんだろうなぁ。

 クエント星大爆発の後、いきなり「一年後」のエピローグの描写は「何が始まったんだ?」という感じで、なかなか驚きますね(笑)。個人的には、ここにル・シャッコも仲間としていてくれるのが、嬉しいなぁ。
 「神は死んでも、戦争は起きた。戦争がある限り、利用される。俺たちは、この時代に生きるべきじゃないんだ。」「あると思うのか、戦争のない世の中が?」・・・これだけ“戦争”を描いてきた作品の最後で、この問いかけが持つ意味は重いなぁ。(続編なんて、作らないほうが良かったのになぁ・・・。)

 永遠の別れなのに、湿っぽくなりすぎず、意外とあっさり。コールドスリープとはいえカプセルを虚空に投げ出すというのは自死同然とさえ言えるのに、「あの二人、幸せになるといいねぇ」というのは、作品を見守ってきた視聴者の感覚のセリフですね。

 「ココナ、ゴート、バニラ、シャッコ、みんなに会えてよかった。そして・・・フィアナ。」

 うわ、泣けたわ。アダムとイヴかぁ・・・。


| ランキングオンライン |

関連記事

コメント

>

2001年で思い出しましたがワイズマンが倒される展開はむしろ「3001年終局への旅」と似てるような気が・・・

続編は止めて欲しかったですよ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/711-6a8518bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。