スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の表現力」展、見て来ました 

[2007/01/27] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 六本木にできた国立新美術館。今日しか行ける日がなかったので、見てまいりました。乃木坂駅からはすごく便利ですが、六本木駅から歩くときは、地図を確認して行くのが吉ですね。ちょっと迷いそうになりました。
 「日本の表現力」の感想……。はっきり言って、厳しいですねー。(笑)
 私は美術も嫌いじゃあないので、開館記念展「20世紀美術探検」も見ちゃったんですが、先ずはそれが失敗だったかも。(←ぉぃ
 なんちゅうか、一階の全フロア6000平米に約600点って、普通の展覧会の六倍、みたいな。(汗)…意外にそれほど混んでなかったんですけど、もう途中で腰が痛くて痛くて、だんだん意識は朦朧と。
 ちょっと休んで気を取り直してから、二階の「日本の表現力」を見ようと思ったんですが、各フロアに一つ、計四つもあるカフェ、レストランがどれも行列!やっぱり土日に行くもんじゃあないですね。あー、東京の美術館なんて、もう!(笑)
 結局、ぐったり状態のままで「日本の表現力」の会場に来てみると、…何、この人の多さ!きっとお客さんの数そのものっていうより、一人当たりの滞在時間が長いんじゃないかと思いました。(まあ、無料だっていうんで、見ていく人も多いんでしょう。)
 アニメの展示って、美術館だとあんなふうにしかならないんでしょうかね?プラズマディスプレイみたいなので、年代別にしょぼしょぼ流れているんですけど、あんな狭い会場に詰め込まれてもなぁ。この広い広い美術館の中で、アニメの扱いってこんなもんなのかよって、ちょっと哀しくなりました。小さくてもいいから、ちゃんとブースにしてほしかった。後半のほうのアートの作品も面白かったけど、ああいうのとせめて同等に十分な広さを持って展示してほしかったです。
 川村喜八郎さんの人形アニメーション『死者の書』も見ることができました。考えてみたら、昔『三国志』とか、凄いものをテレビで見ていたんだなぁと。これはほんとにアートだなぁと感心しました。
 で、『999』はどうしようかと思っていたら、死者の書が終わる時点で総入れ替え、しかも既に行列(?)みたいな感じで、早々にあきらめました。なんか、無料は無料だけど、映画館みたいに見やすい環境でもないし、よほどレアな作品でもない限りは並んでまで見るってのはどうなのよと。
 まあ、それよりも展覧会の最初のほうで、富野監督を含むメンバーで“メディア芸術”を考えるシンポジウムをやったんだそうなので、そういう内容みたいなのがどこかで見られないかと思ったんですけど、見つからなくて残念。メディアが売りなんだから、そういうフットワークの軽い対応ぐらいしてもいいんじゃないかと想うんですが。
 ともかく、とても大雑把に通史的に見るとこうなるのかという感じではありましたが、アニメの展示紹介の方法には大いに疑問と不満を感じた展覧会でした。やっぱりアートもアニメもマンガもエンタメも…って、一回に全部やろうというのは欲張りすぎなんじゃないんですかね?
 予想はしていましたが、予想以上に、アニメファンとしては苦しいものを感じた展示構成でした。

| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

> 興味ありありです

六本木までは、さすがにいく気になりませんけど。
名古屋まで来ないかなぁ~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/707-c78e0809

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。