スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス stage13『シャーリーと銃口』 

[2007/01/19] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

行動の果てには結果という答が待っている。例外はない。そこにルルーシュの力は及ばない。いかなる相手にでも命令を下せる絶対遵守の力を持っていようと、その必然からは逃れられない。母の仇を討つために、妹ナナリーが幸せに過ごせる場所を作るために動き出したルルーシュ。だがしかし、世界は、人々は、彼の思惑とは別に結果を突きつけ、その続きを求めてくる。その続きが世界をつむいでいくというのなら、誰かが背負うべき罪は、受けるべき罰は、一体どこにあるというのだろう。


 ははは、作品のナレーションが、ここまで作品それ自身を批評してみせるんだ!
 いやぁー、しかしこれは面白くなってきましたねぇ、『コードギアス 反逆のルルーシュ』!!(・・・と、ちょっと意地悪に言ってみる。)
 ネットでは、新しい主題歌がやけに不評を集めていたようだったけど、本当にそれだけなんだろうか?ここまでアドバンテージを稼いでおいて、依存癖を付けさせてしまっておいてから、「さぁ、これからだよ。キミたち、付いてこれるかい?」みたいに挑戦的な手つきを見せてみた、そんな回なのかな、と勘ぐってみたりなんかしちゃったり。谷口監督=ゼロで、熱烈なファンたちは黒の騎士団という図式?(笑)
 抵抗感があったのは、本当に主題歌だけでしたか?(たしかに今までの流れからは、違和感あると言えばありましたが。)

まあアニメ向き、それもアニヲタのストライクゾーンど真ん中を狙って投げてる作品の歌じゃないわな。
『忘却界抄:コードギアスあれこれ』


・・・なるほど納得、今回のはけっこう“魔送球”(←古すぎ)。
 いや、まさか、主題歌を変えたこのタイミングにかつてなく、えげつない苦味を醸し出してみせたのは、あの歌を今回の“日本解放戦線”よろしく捨て駒にしたというわけではないんでしょうが。(・・・と、またも毒のある物言いをちょっとしてみたくなっちゃったり。)
 「なにかこう、スタッフはコードギアスをある種の層が素直に楽しめないように作っているのではないか、という気がするんだよね」、「みんなこういうの好きだよな。私も好きだ。」と“そいれん”さんは仰っています。うーん、私、ズバリ「ある種の層」っぽいです。ハイ。
 だからね、“素直”じゃなく、楽しんでいます。そうですねぇ、思いがけず私も意外と好きらしいです、こういうの。
 「間違ったやり方で得た結果なんて、意味はないのに」(スザク)で、シャーリーがハッとして一瞬、唇がアップ。あー、そういう意味ね。(だけどその状況で、恋愛の話ねぇ…。)
 「せがまれるままにキスして」って、C.Cの前ではルル君にはプライバシーってないの?「童貞坊やか」でベッドに押し倒して、シャワーって、思わせぶりだけど本当はやっぱ違うよってそういう流れ?(くっくっくっ、・・・考え過ぎ?)
 「ロイドさん、人との付き合い方、教えてあげましょうか」とか言いながらセシルちゃんが持ってきたのはまたお握りでしたね(つまりジャム入り?)。おー、水陸両用ナイトメア?「私は、もう同じ失敗を繰り返すわけにはいかないのだ」(C.C)は次回の伏線ね。手堅く各方面にサービス、サービスゥ!
 「ゼロ、これも一つの結果だ」(スザク)って、今回はやたらと「結果」という言葉にこだわったシナリオ。・・・と、言ったってなぁ。ナイトメア戦は毎度のことながら、常に「新型>旧式」で性能差が圧倒的過ぎて、私にはあんまり面白くないです。

ルル君のそもそもの動機も私怨なんだからそこが彼の弱さとして機能してしまうのも当然なんだよね。自分のやったことが自分にはね返ってしまうって意味でね。
トボフアンカル・ミニ・メディア(T:M:M) - コードギアス 13話


 母の仇討ちのため、妹のために、お父ちゃんを乗り越えて少年は大人になっていくわけですもんねぇ。まだまだそういう段階じゃないんだろうけど、成長物語(ビルドゥングスロマン)としてのコードギアスって、どうなのよって、今後だんだん語られていくんでしょうか。(善良な市民さんがちらっとそれに触れかけてましたね。
 エヴァンゲリオンと対比して、 「ぼくは何も傷つけたくない/何にも傷つけられたくないから何もしたくない」意思とは裏腹に、何かを強要される話だったエヴァに対し、コードギアスは「ぼくはあれを傷つけたい/あれに傷つけられてもかまわない」と主体的に肩肘張る話だという視点(BLUE ON BLUE(XPD SIDE):ぼくの無力と気力)も私には面白いものでした。

「こうでなければ!」
「ふっ、やはりゼロはすばらしき素材、カオスの権化だ。もっと、もっと見せてくれ私に、あなたの主観に充ちた世界を!」


 ぬははははは。ディートハルト君でしたっけ?愉快愉快、いたく同感なり(←毒)(笑)。


| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/697-8d8d66ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。