「地球(テラ)へ…」がリメイクされるそうですね 

[2007/01/15] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 ニュース的には出遅れた感じですが、昨年の夏になぜか思い出して、

ところであれから四半世紀も過ぎまして(汗)、アニメの技術も飛躍的に向上したと思うんですが、リメイクの多い昨今、この原作をもう一度アニメ化してみたい、なんていう声はどこかから起きたりしませんかね?

囚人022の避難所 - 地球(テラ)へ・・・


・・・とか書いた懐かしい作品がリメイクされるという話なので、いちおう書き留めておきます。(遠い昔の劇場版についての私の感想は、上記の過去記事をご覧ください。)

 ニュース的には今のところ、ここが一番詳しいのかなぁ。

 竹宮恵子さん原作のSFマンガの名作「地球(テラ)へ…」のテレビアニメ化されることがわかった。
 「地球へ…」は、西暦3000年の宇宙を舞台に、超能力者と人類の対立を少年少女の目を通じて描くSF青春群像劇。77~80年に「月刊マンガ少年」(朝日ソノラマ、現在は休刊)で連載され、79年には小学館漫画賞を受賞。80年に劇場版アニメにもなっている。
 監督は、オリジナルビデオアニメ「女神転生」の山崎理さん、メカニックコンセプトデザインは劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」や「機動警察パトレイバー」シリーズの出渕裕さん、キャラクターデザインは劇場版アニメ「ファイブスター物語」やオリジナルビデオアニメ「ロードス島戦記」の作画監督などを務めた人気アニメーターの結城信輝さん。

地球へ…:竹宮恵子の名作SFがテレビアニメ化 4月からMBS・TBS系で (まんたんウェブ)


 ニュータイプ2月号に記事が出ていたらしいです。TBS系の土曜6時枠だという噂ですが、本当だろうか・・・。(確定情報ではないっぽいです。)
 美少年はたくさん出てくるんで、今ふうにガチで売れ筋を狙ったリメイクをされるというと、それはそれで昔の原作ファンとしては不安だったり。(笑)
 何しろずっと昔のアニメ映画化での思い出が芳しいだけに、「今度こそ、・・・大丈夫かなぁ?」という複雑な心境。その辺の芳しい思い出の感想で、とても共感した記事へのリンクをひとつ記しておきます。
「地球(テラ)へ…」:アニメの森
(※こちらのブログは特撮関係なんかでも懐かしい作品についての記事がてんこ盛りなので、わが同世代の皆さんには超オススメです。)

 かなり忘れられている作品ではないかと思うので、Wikipediaの記事へのリンクも。
地球へ… - Wikipedia
 けっこうシビアで暗い話なんですが、これを見て思い出しましたけど、劇場版では有名俳優が声を当てただけじゃなくて、コスプレしながらアフレコしたりとか、ある意味アニメブームのバブル現象みたいなアイタタタな話題づくりがいろいろやられていたのでした。そうか、あれはビデオとLDだけで、やっぱりDVDというものは存在しないんですね。

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(5) 交響組曲 地球(テラ)へ・・・ 〈ANIMEX 1200シリーズ〉(5) 交響組曲 地球(テラ)へ・・・
サントラ、ダ・カーポ 他 (2003/09/25)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


 私としては地上波だけじゃなく、『コードギアス』みたいにウェブでも配信してくれると嬉しいんですが・・・。


| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

>

「寺へ・・・」ってギャグ投稿を
ふぁんろーどへ送った若き日を思い出しました(*- -)(*_ _)ペコッ

自分として「竹宮恵子」を読み始めるきっかけとなった作品なので感慨深いっす。
当然朝日ソノラマのサンコミックスで
今でも持ってます。
ダ・カーポの歌もめちゃよかったし。

>

今の感覚で作ると別物が出来そうですね
それはそれで楽しみですが

>

大河ロマンな原作を劇場版にしたときは、尺が短すぎてかなりきつかったんですが、いざTVアニメ化と言われると、毎回の見せ場の作り方とか、けっこう原作をいじらないと難しい気もするんですよね。なるべく原作のことは忘れて純粋に楽しめるかどうか見るべきなんだろうなぁ。(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/690-5a4766b0