スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ派のアニメはもう、それだけで批判の対象? 

[2007/01/14] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 WEBアニメスタイルは、特にインタビューもので面白い記事がよく載ってるのですが、宮崎駿監督関連の話題で、興味深い記事がありましたので、御紹介しておきます。

アニメの作画を語ろう:animator interview 三原三千夫(1)  『走れメロス』と『もののけ姫』

 アニメーターになったきっかけは宮崎駿ファンだったからという三原さん。(嗚呼、私と同世代・・・。)「僕らの世代は、『未来少年コナン』や『カリオストロの城』を観て、アニメファンになった人が多いと思うんですよ。」はい、そうだと思います。(『カリ城』の人気は“後からしり上がり”だったと思いますけどね。)しかし入口はそこだったけど、ユーリ・ノルシュテインなどのアート・アニメーションに早い時期に接して「自分の方向が、ある意味曲がってしまった(笑)」と仰ってます。
 これまでの大きな仕事として、1997年の『もののけ姫』を挙げているんですけど「やっぱり宮崎ファンだったんですけど、一時期かなり否定的になってしまって。画がとにかく嫌いに」なったと。キャラが「ふにゃけて」いると。

三原 あと、これも宮崎さんの批判になりますけれど、結局手塚好きだったんでしょうね。それも大きい……。
小黒 宮崎さんが、手塚治虫が好きだったという事ですか。
三原 ええ。手塚治虫を読んできた世代ですよね。だから、手塚治虫のマンガが好きかどうかは別にして、画的な面でその上に乗っかって仕事をしてる。あくまでキャラクターの画についてだけですけど。


 私と同世代でアニメ制作の第一線にいる人には、こういう意見があるんだなぁと、興味をひかれました。「宮崎さんのキャラは、どこまでいってもマンガですよね。アニメーションのキャラクターじゃないと思います。」とまで言われると、宮崎信者じゃないですが、けっこう動揺してしまいました。(笑)
 真面目な話、マンガとアニメのキャラクターの違いってなんだろう、と。
 「宮崎さんの作品は、とにかく画として完成してない場合が多くて、リアルな人間ドラマとか、そんなところにばっかりいってますよね。」、「日本のアニメがそういうふうになってしまっているのは、どうしてなんでしょうかねえ。」というようなことが、以前に連載されていたコラム「三原三千夫の万国博覧会」に書いてあったそうなので、これは見逃してたんですが今からでも読まねばならないような気がしてきました。
 “基本=ドラマ重視”で、その物語の上に、画は乗っけただけってのは手塚マンガが築いた様式だっていうのは前にも聞いたことがあった気がします。(大塚さんの本だったかな。)だけど、そのことがここまで強く批判されるというのには、少しビックリしちゃいました。
 WEBアニメスタイルは、全体的に“作画重視”っぽい感じがあって、こういうのを読むと、逆に自分がいかに「画として完成して」るかどうかがどうでもよくて、「リアルな人間ドラマとか、そんなところにばっかりいって」る人間かということを痛感します。
 なかなか見る機会が少ないんですが、アートアニメーションはアートアニメーションで、何も考えずに見るのは嫌いじゃないんですけどね。(というか、むしろ好き。)
 やっぱり私は旧式なんだなぁと。最近はもう、ドラマ重視傾向のアニメファンというのは少数派なのかもしれないですね。

※2007/1/15追記
 手塚治虫の「まんが記号」論は、『教養としての〈まんが・アニメ〉』(→amazon)に書かれていましたね。東映系の流れから見ると、手塚さんの系譜というのに反発があるのは必然なのかもしれない・・・。(関連過去記事→なるほど、虫プロ系と東映系ですか!

※さらに追記
 文中で「読まなきゃ」と書いたリンク先を、さっそく読んでみました。なかなか面白かったです。よろしければこちらもご覧ください。→「三原三千夫の万国博覧会」を見てみました


| ランキングオンライン |
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] アニメ fc2ファビコン 宮崎駿 fc2ファビコン もののけ姫 fc2ファビコン アートアニメーション fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/688-9e9ddcc8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。