コードギアス stage11 『ナリタ攻防戦』  

[2006/12/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 『ナリタ攻防戦』って、タイトルからして意図的に挑発してるんだろうけど、一応「なんだかなぁ」と(お約束どおりに)違和感を表明しておきましょう。(笑)
 冒頭ナレーションは、今後しばらくテンプレ化するのかと思ったら、前回と今回は前編後編みたいな感じだから、普通に前回の説明になるのか。
 コーネリアの作戦を読んで紅蓮弐式を先に配置したルルーシュの読みもすごいけど、それをさらに読んだ藤堂みたいな描写あたりがこだわりどころですか。
 評判の割にナイトメア戦自体はあっさりしてる気がしましたけど、紅蓮弐式vsランスロットのエース対決は、さすがに活発でよかったですね。動きが早いのはいいんだけど、もうちょっとタメるところもあって欲しいような気がしました。緩急の差ってやつですかね。あと敵味方ともに“新型は常に圧倒的に旧式より強い”ってのが、あまり歴然としすぎていては、せっかくの工夫を凝らした戦術への興味が半減しちゃうというところも無きにしも非ず。
 シーツーの精神攻撃は、なんかその人のトラウマに触れるものなんでしょうかね。で、それを仕掛けている最中にルルーシュに触れられると、シーツーのほうのトラウマもまた晒されちゃうとはねぇ。「あのビジョンは何だったんだろう」って、まあいろいろと視聴者が考えさせられるという趣向ですが、とりあえずは熱血バカ(スザク)もツンデレちゃん(シーツー)も、みんな心に傷を秘めているんだよということなのかなぁと思いました。
 まあ、それにしたって、「この女、やはり人間じゃないのか」って、洞窟の中でのルルーシュ君はまったく・・・っていうか、裸を見られるよりも本名を知られることのほうがショックなのね、シーツーちゃんも。(笑)
 だけど涙を見せたシーツーに、はじめて「ありがとう」って言うルルーシュ。可愛いところもあるじゃありませんか。
 んー。今回はこのへんのドラマに時間を割くので、前半はびゅんびゅん飛ばしてたって感じですか。それは悪くないけど、ここは戦闘パート、ここはドラマパートって、あんまり意識的に切り分けしすぎるのはどうかなって気はします。(分かりやすくっていいんでしょうけど!)
 傷心の“オレンジ”君は、例の秘密実験チームのトラックの前に倒れこんだけど、これもなんか次の展開の伏線?

 この間も書きましたけど、第一話からここまでの期間限定・一挙無料配信がはじまりましたね。1月5日までだそうです。「全力で無料視聴せよ!」だとか煽ってます。うーん、年末年始、そんなに暇じゃないよぉ。(笑)

『コードギアス』関連記事 バックナンバー


| ランキングオンライン |
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] コードギアス fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/667-aa9f70a5