「ロボットアニメ」~エンターテイメントの量と質 

[2006/12/20] | 随想系 | トラックバック(1) | コメント(2) | TOP ▲

550 miles to the Future: ■共感はするけど大嫌い■

『コードギアス』はロボットというアイコンが表示されているのであって、ロボットアニメじゃないよね。『エウレカ』もロボットアニメじゃなかったよね。
なんでかというと、ロボットの玩具でリクープを考えるのが「ロボットアニメ」だから。


ロボットアニメについて話を戻すと、設定や作劇がジャンルを決めるんではないからね。熱血主人公やワンダバな発進シーンが出てくるから「これぞロボットアニメの醍醐味!」って喜ぶのは脊髄反射。なんか、かつてSFがたどった道をロボットアニメも辿っているのかも知れない。


 「リクープ」というのは、投資を回収するという意味を持つ単語なんだそうです。 φ(..)メモメモ

 こういう切り口はさびしいなあと思うけど、でも「かつてSFがたどった道を…」と言われると、世の中はそんなふうに流れていくのかとも思う。そういえば、h-nishinomaruさんもそんなことを言っていた。(ダンバインは時代を先取りしすぎたのですか?)

 ガンプラや玩具じゃなく、たとえばDVDの売り上げで、その「リクープ」を考えるって話ですよね。ドケチの自分はよっぽどのことがないとDVDを買おうとか思わないから、どんなDVDが売れるのかとか、正直、見当がつかない。
 買っちゃうと安心しちゃってかえって見ない気がしたり。いや違うかな、本の例で考えると、安くて場所をとらなければきっと買うんだ。高くて買えないような本は図書館で借りるので、何の疑問もない。(なるべく身軽でいたい!)

藤津亮太の只今徐行運転中:ロボットアニメは青春時代の夢を見るか?

つまり、おそらくGM読者の多くを占めるであろう視聴者の人生の一時期と、アニメというジャンルの成長が、偶然にも重なり合ったあの数年間は、本当に特別な時間だったのだ。だから'80年代のロボットアニメを愛でながら、「なぜこういうアニメが今はないのだ」と呟いても、そのような奇蹟はもう二度と起きることはない。その自覚なしに'80年代のロボットアニメと戯れるのは、まさに「魂を重力に引かれている」こと以外のなにでもない。


 うん、「なぜこういうアニメが…」とは言わないようにしなきゃとわかっちゃいるんですが。

忘却界抄:始まりましたなァ、ついに!

『コードギアス 反乱のルルーシュ』
これでもかとばかりにいわゆる厨向け設定をぶちこんだ素敵アニメ。


 (笑!)『コードギアス』の話で思い出したけど、この簡潔な断言っぷりがすばらしいと思った!
 
藤津亮太の只今徐行運転中:「なんのためにロボットを出すのか」という問いへのヒント

『SEED』以降、顕著になったガンダム群のある種の過剰さは、人間という参照の基盤を失った上でロボットを成立させるため、強さや個性を強調する“記号”が総動員された結果である。これは、実は「萌えキャラ」の生成方法と非常に類似している。表現の過剰さに傾く「バロック化」という点で、『GSD』のモビルスーツ群は、一つの様式が辿る歴史的到達点として存在しているのだ。


 そう言えば、藤津さんがこんなことも書いていたなぁと、次々連想ゲームが止まらない状態…。

 冒頭の話に戻って、「そんなのばっかりじゃイヤだ、おヒゲのガンダムのシンプルなカッコよさを見ろよ!」と私のような「リクープ」に貢献しない人間ががんばっちゃいたくなるような現象に対して、廣田恵介さんは“「SFは文学だ!」っていう脅迫めいた頑迷固陋なフレーズ、理解はするけど俺は大嫌い”という言葉を発しているのかな?
 その逆を行くのが、たとえば富野監督の言う「安手のエンターテイメント」だったりするのかと思ってみたり。分かりやすく“薄利多売”と思えば、近頃、高橋監督が引っぱりダコのネット配信なんかがそれかとも思ってみたり。でもたぶん、受け手の私なんかがなかなかそういうふうに頭の切り替えができないのと同じように、作り手のオジサンたちも試行錯誤をしているってわけじゃないかと。そこもまた好きだったりするのかもしれません。(←って、結局またそこかよ!w)


| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

> 俺にはよく判んないんだけど・・・、

ロボットアニメかどうかとか、ガンダムが沢山出てくるとか、申し訳ないけど「俺には作品の面白さに関係ない」様な気がしてならない・・・。
コードギアスは楽しめるし、SEEDは面白い所もあったけどシリーズ構成の悪さで差し引きされた。作品に貼られたレッテル(しかも作者が貼ったものではない)が、作品の中身に関係あるのか?たとえば「俺のジャム」と書かれたレッテルの貼られた瓶の中身が、実はピーナッツバターだったなんて事もあるんじゃないか?

> 『コードギアス』=『斜陽』(太宰治)??

『コードギアス』これからみようと思っています。ところでボクのブログで多用している明治昭和平行説を使えば『コードギアス』は太宰の『斜陽』に対応しているといえます。姉さん。僕は貴族です。だとか革命は、まだ、ちっとも、何も、行われていないんです。だとかいったようなノリでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/655-7af98edc

TVアニメ『AIBO』放送決定(ウソ) 『アクエリオン』感想

 かつてロボットアニメ(のちには戦隊物)はロボット玩具の遊び方教則ビデオだった。付属品の装備や運用、複雑化する合体や変形、これらを「テレビの前のお友達」は映像で理解し...