世代というのも人間の業ですか 

[2006/12/14] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 さきごろ富野監督の思索の展開に思うことを書いたところですが、この話がそのまま先日来コメントいただいている内容にも繋がっているような気がするので、少し話を続けてみようと思います。
 個人とは不特定多数の個人ではなく英雄のような存在を指し、「ロマン主義とは英雄主義といいかえてもよいのではないですか」というnishinomaruさんのコメントのおかげで、以前に気になって取り上げたとくもとさんのコメント――「ロマン主義(個人の決断が歴史をも動かす)はニュータイプに替わりえる強力な私と我々を結ぶ思考です」という意見についての論点が、私にも少し分かった気がしました。
 英雄主義というのは、エリート論ではないかと思います。…と言ってしまうと、(私もどっぷりとその中に浸かって育った)戦後民主主義的には語弊があるようですが、きちんと検討すべき課題だと思います。と言うよりも、むしろエリート論というのはガンダムの世界では、ほぼそのままニュータイプ論だと思われますが、そこはどうでしょうか。「シャアは英雄になり損ねたキャラ」とは、そのまま“ニュータイプのなり損ない”と重ならないでしょうか。
 つまりニュータイプ(=英雄=エリート)になったからといって、「生命を持たない意識体としての存在」にでもならなけりゃ、生身のままでは世界なんか救えやしないと富野監督がやってきたこと(→関連記事)が、能力を身に着けて人々を導こうとする英雄になろうとする向上心を「さんざん愚弄してきた」のではないかという批判なのでしょうか。
 これは教養とかビルドゥングスロマンについての話でもあるのかもしれないですね。以前に「向上心」考(生きて戸惑い動揺する教養) という記事を書いてみたことがあります。「社会全体が頭打ちな現況の中で、人を差し置いても自分(だけ)は向上したい、という願いはしばしば壁に突き当たります」と私は記しましたが、ここに書いたことを裏返すと、戸惑い動揺したところで終わったのでは、微温的な現状肯定という批判をかわすことが出来ない、いかに未来が見えなくとも「絶望もしちゃいない!!」(アムロ)と言わなきゃならないということでしょうか。
 こうしたアムロの物語は立派な英雄譚ではなかったかと思いながら、では例えば「エヴァが反戦映画である、ということを見落とす観客の責任の方が圧倒的に重いと思います」と断言されたnishinomaruさんのように、確信を持って言い切れるかというと自信を持ちきれないわけです。

いまや特撮やアニメは世代にかかわらずDVD化されネット配信されるボーダレスな時代である。したがって世代論だけでは論じられないと思うのだ。
いつのころから新発売: ボクのオタク論


 私は時代の中での変遷を見たいと思ったわけですが、上の記事を読んで私が思ったのは、そうしたものに捉われておろおろするよりも、そんなものはいっそ無視して、間断なく現在の視座から斬りなおし、その都度評価は改めていかねばならないというnishinomaruさんの徹底した意思でした。
 それは正しい(そうあるべき)考え方だと思います。現在のオタクの状況から逆算すると、オタクの定義の変化についての分析も説得力があります。
 それでもなお、たとえば物語を「他人の不幸は蜜の味」という暗い楽しみとして捉えるような、今日的な感覚というものには、私はどうしても馴染めそうもない気がするんです。
 困ったなぁ。世代というのも人間の業とかエゴとか、そういう乗り越えがたいものの一つだと自覚すべきなんでしょうかね。


| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

> 「世代論」

継続的に読んでいるわけではないので、突然ぶしつけにコメントを書くのはほんとうに失礼で申し訳ないんですが、たまたまおもしろうそうだと思って読んだのだけれど、「世代論だけで論じられない」と「世代論では論じられない」とは明確に違うわけですね。

世代論というのは、「作り手の世代」を問題にしているのでしょうか? それとも「鑑賞者の世代」ですか。たぶん、作品論としては語る時は作り手で、それが支持されたというのは受け手側に着目していますよね。そして、作り手と受け手をいったいとしてその時代というか、その作品が世に出て、そして注目された社会背景、価値観、問題意識などをにじませているんだと思いますって、釈迦に説法ですよね。

でも、なんか書きたくなって。

> >出人さん

#「世代論だけで論じられない」と「世代論では論じられない」とは明確に違う

ほんとですね!そこがポイントだ!
近頃私は、「~だけで」考えてたかもしれません。鋭いご指摘ありがとうございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/646-4a24a7f2