個人製作アニメ考 

[2005/09/21] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(13) | TOP ▲

いくら気になったからって軽く書きますよ、軽く。(>自分)

お風呂入ろうと思ったんだけど、日付が変わる前に今日のアクセスだけ見ておこうと思っちゃいました。

面白いですよ。「アニメ 批判 感想」ってキーワードで検索して来てる人がいました。

で、そこを見たら「個人製作アニメ考」というのが目にとまり・・・。
とりあえず斜め読みするのみだけど、これは私には気になることが書いてあるなぁ。

メモ代わりに記しました。ではお風呂入ってきます。(笑)

関連記事

コメント

> 個人アニメ制作

私ゃ「ドンドンやれー!」って思いますけどね。世界的にみて、日本スタイル(人海戦術的アニメ制作)の方が少数派ですからねえ。今の「くそつまらんアニメ」ばかりでは早晩息切れするのは明らかですので、ドンドン「新しい血」が入らないと。
実際、まともに鑑賞に耐えるアニメは「原作付き」ばかりだし、みているだにツラい。

ちなみに「生活苦のためにアニメを捨てた一人」が私だったりする。ただし、私がアニメを捨てたのは「生活苦だけが理由じゃない」ことはお断りしておきます。

それにしてもまぁ、どんな世界でも「一度権益を得たら絶対に捨てようとはしない生き物」なんだなぁ、人は。例の監督さんはもう「面白い作品を作る事は出来ない」んだろうな。屁理屈臭い『芸術的な作品』は作れても・・・。

> 元記事消えてた

読めなかったので発言の意図がよく分かりませんが
「一人の人間がパソコンの前で作りましたという以外に評価する点がない」
これは例の監督さんが言えることではないのでは、と思いますけどね。

>ドンドン「新しい血」が入らないと
私もSUKARUさんに同意です。
もっと人それぞれの、いろんな表現があるべきだと思います。

> そうですか

おはようございます。昨夜は書き逃げでスミマセン。ネタだけふっておいて、実は皆さんのリアクションのほうを主に読んでいたり。これもまた「人間失格」な話だ(笑)
短編のアートアニメーション系のものって関心があるのですよ。なかなか見れませんけど。だからPCがあれば個人でも、従来よりは楽にアニメが作れる時代になったんだってのがひとつ。そういう可能性と同時に、商業ベース作品がこれほど強い日本では、(詳細よく分からないけど)さっそく軋轢が生じてしまうのか、という想いがひとつ。

ああ、気になるなぁ。
ゲイナーの続きも書きたいなぁ。
(仕事しよ、仕事!)

(笑)

> ええっと元記事らしきもの

直リンクだめらしいっすから(笑)
「文化庁メディア芸術祭 歴代受賞者シンポジウム『拡張する表現/混沌・越境へ』」でぐぐる。→上から4番目ぐらいにある「押井守/Production IG最新情報 2003年上半期@野良犬の塒」というやつ、これのことでしょう?→そこの真ん中から下のあたりですね。(これなら直リンじゃないからOKですよね???え、駄目?)v-8
・・・こういうのって、「そもそも自分に言い聞かせている言葉なんじゃ?」っていうふうにも聞こえたりするんだけど、言葉って独り歩きするから怖いんだよね。(御大にもこの失言パターンがあるような・・・。)
ま、「それはそれ」として、その発言への反論として書かれている、現行の商業ベースアニメーション制作の「システム的な問題点」の指摘は、皆さん言われるとおり、妥当なものだと思えます。
で、それもまあそれとして(笑)、真の核心は『ほしのこえ』ですか。アマゾンのレビューでは賛否が分かれてるみたいですね。
「新海誠の口からは宮崎駿や冨野由悠季の名を聞くことが多いが、実際の画面設計ではエヴァやトップをねらえの影響のほうが強い気がする。」ですか、ふむふむ。「背景や人物、そしてメカニックの設定に比べ、ストーリー設定があまりにも貧弱です。」と聞くと、あんまり気が進まないけど、後学のために見ておくべきものなのでしょうかね?

> どうなんでしょ?

作品については「やっぱり観てから言うべき」だとは思いますけど、「言うために観る」って云うのはなんか違う気もします・・・。まぁでもデビュー作でしょ?そんなに達者な作品である訳はないでしょうね。って言うか、そうだったらもう「既存の監督はとっとと消えな」なんて話になっちゃいますよね。

押井監督にしても富野監督にしても宮崎監督にしても、「最初のお仕事」でどれだけ完璧な作品を作ったと?それを考えたら、「ほしのこえ」?、結構評価されていいんでは?

もちろん私は観る予定がありません。「ガンダムじゃない」から(笑)。

> 見れました

わざわざすみません、調べていただいて。
>そもそも自分に言い聞かせている言葉なんじゃ?
そうにしか見えませんね
「ほしのこえ」に関する感想自体は私も監督にほぼ同意見です。
と言うより見た人のほとんどが同じような印象を持つのでは?と思います。
ただ、それが良いか悪いかと言うと真っ二つに割れそうな気がします。
私は好きですけどね。
「作品自体もどこかで見た作品になってる」とか言われても
そんな作品は山のようにあるし、よく頑張ってると思いますよ。

ふと思ったんですが、押井監督(宮崎監督なんかもそうですが)は人の作品をボロカスに言う人なので
これはこれで、そこそこ褒めているのでは?という気がしてきました。
思い違いかも知れませんが(笑)

> 気になるんですよね

個性派ほど独裁になっちゃいがちなものですよね。
個人制作の可能性と限界。
商業ベースアニメーション制作の「システム的な問題点」。
いい作品が生まれる環境って?

しかし押井さんの作品って、
ビューティフルドリーマー以来見てないかも。
これこそ見ておくべきかな?
(なぜか見る気にならないのですよね・・・)

> 押井作品

一番最近観たのは攻殻機動隊かなぁ・・・。イノセンスの前。パトレイバー・ザ・Movieも観たと思いますけど、正直・・・。

どっちもコミック>テレビ>映画だった気がします。
攻殻機動隊は「リアルなガンアクション描写」は凄かったけどそれこそ「セルアニメでやる事だけに価値があった」だけな気がしますし、小難しい物語は「原作コミックを越えるものではなかった」。何よりもキャラクターの表情が・・・性格が・・・。必要以上に観念的にしすぎた気がします。

パトレイバーも「必要以上に観念的」な点で私はダメでした。なんだか妙に屁理屈臭くって・・・。

新海監督の次作は数人~十数人の少人数だそうですから、個人制作のよい所とグループ制作のよい所を見せてくれるのではないでしょうかね。尤も「観ない・観てない」私の云う事にどれだけ意味があるかという問題もありますが(笑)。

> 『ビューティフル・ドリーマー』は

幼心に(笑)ブルッと来ましたよ。「何、この作品は?」って感じで。

 ↓ ここ面白かったです。
http://www.yk.rim.or.jp/~h_okuda/wwf/osiidicx.htm

とみのよしゆき【富野由悠季】
みやざきはやお【宮崎駿】
あんのひであき【庵野秀明】
ぎゃくしゅうのシャア【逆襲のシャア】

などなど。

*宮崎駿・富野由悠季と押井守、庵野秀明はそれぞれ10歳離れている。

なるほど。

> それぞれ10歳って

各世代の代表ですか(笑)
そう言えば昔「うる星」と「コナン」を宮崎、押井両氏が貶し合いをしてましたっけ

>ビューティフルドリーマー以来見てないかも
大体雰囲気はどれも同じですよ。
若い頃はあの理屈っぽさが良かったんですけど・・・
映像は好きです、見ていると吸い込まれそうになるので。
登場人物全員理屈っぽいですけど(笑)

追記:キンゲまだ見てないので(中)が見れませんorz

> けなしあいねぇ?

「うる☆」と「コナン」!どっちも大好きでした。懐かしい!
コナンはたまに見たくなりますね。あれはTV版がよかったのに映画版は「なんじゃこりゃ?」だったような遠い記憶・・・。

<中>見ちゃ駄目ですよん!(笑)
あまり文句言ってる人見ないから、私の意見は少数派かも?
変な先入観を与えてしまったら、本当に申し訳ないし。

> こなん

未来少年ですよね。確か各話演出に富野氏がクレジットされてるはず・・・。

ビューティフルドリーマーは「観たはず」だけどおぼえてないです~~。多分押井監督とは「とっても相性が悪い」んですね、私。天使の卵もなんだかよく判んなかったので、「少女のオシッコシーン」だけ観てた様な気が(激違)・・・。
  • [2005/09/25]
  • URL |
  • SKULL(似て異なる-笑)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

> もちろん未来少年です、名探偵ではありません(笑)

http://homepage2.nifty.com/lefty-f/conan-data01.html

ほんとですね。ここによれば、
第14話『島の一日』と第21話『地下の住民たち』の絵コンテに、「とみの義幸」さん(微妙にかわいいなぁ)が参加してますね。
2話のみとはいえ絵コンテ御大+演出宮崎さんか。ウソみたいな作品だったんだなぁ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/64-35ee7223