何故、富野アニメなのか?(自分への疑問) 

[2006/11/23] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 先日書いた『逆襲のシャア』でのアムロの死について、とくもとさんからコメントをいただきました。はじめまして。

何故、普通に理念とかイデオロギーとか民族とか宗教とかよくありがちなことをいえないのでしょう。
ニュータイプは普通に説明すれば、パイロット特性に能動的意味を与えて、民族理念と結合させた複合概念。
となるのでは。
ところで私は種DESの評価の悪さはさておいて種そのものは富野ガンダムが解決できなかった問題を一部解いたと高く評価してます。
それは富野監督がさんざん愚弄してきた近代デモクラシーの一つの思考回路
(個人の自立、アンガージュマンそのものが自由という名のイデオロギーとして集団を律する規範となりえる)ということを久々に描いてくれたことです。
確かにロマン主義(個人の決断が歴史をも動かす)はニュータイプに替わりえる強力な私と我々を結ぶ思考ですから


 「何故」ということへの答になるのかどうか分かりませんが、私なりに自分のことを考えてみました。ちょっとまとまらないので断片的な話ですみません。
 私には富野監督が言葉で言っていることと、その作品が正しく重なっているのかどうかはよく分かりません。
 私は富野監督の作品が好きです。全部ではないかもしれないけど、「感動した」という言い方しかできないものがいくつかあります。
 私は富野監督の考え方が正しいのかどうか、よく分かりません。考え方が正しいと思って、富野監督の作品が好きだと思っているのではなく、順番とすれば逆に、好きだから、それが何かを知りたくて、考え方を知りたいと思っているようです。
 こんな説明で、私の立場がご理解いただけるかどうか、自信がありませんが、私は富野監督の考え方が正しいのかどうかを考えることには、あまり関心がないようです。ただ、時代の推移の中での富野監督の考え方の変遷には、関心があるようです。
 また、富野監督の考え方を正しく理解したいという気持ちはありますが、最近特に、それが作品に正確に反映されているのかどうかよりも、富野アニメの作品そのものに自分が感動した内容が何であるのか、というほうに関心の中心があることを少しずつ意識化しつつあります。
 私というのは、こういう程度の人間だということを、あらかじめ申し上げておいて、その上で、コメントいただいたことについて私の思ったことを書いてみます。
 とくもとさんが「普通」と言われたことが、私には、一般的な「普通」より難しいことのように思われますが、それは私の教養のなさなのでしょう。
 「ありがち」と言われたイデオロギーということについては、たとえば以前に書いた

「イズムを出発点とした表現というのは所詮論文でしかない」
「所詮、イデオロギーというのは100年持ち得ないかもしれないと考えます。」


…といったような、最近の富野監督の考え方に従って、そうした固定観念(~主義)に拠らない思考のしかたを模索しているところです。
 時代ということで言うと、(これも以前に少し書きかけましたが、)橋本治が20世紀はいかに19世紀を引きずっていたか、と書いていたことは印象深いです。今は21世紀ですが、現代という時代は、近代から断絶してあるわけではないというのは事実です。だから近代的な思考法がすべて意味を失ったとは、私は思いませんし、むしろ近代的な合理主義のほうが、今日なお多くの人の理解を得やすいものであり、説得力があるだろうと考えます。
 アンガージュマンというのは、サルトルなどの哲学で用いられる言葉なのですね。なるほど、勉強になりました。

この概念[アンガージュマン]はさまざまに解釈が可能であり、その意味は必ずしも一義的ではない。このことばには、単に〈参加〉という訳語だけではなくて、〈政治参加〉〈社会参加〉〈現実参加〉〈自己束縛〉〈責任敢取〉〈かかわり〉など、さまざまの訳語があてられている。これらの訳語にうかがわれることは、現実を遊離して行きるのではなくて、むしろ現実そのものにかかわって生きるということである。


 私は正直、難しい哲学はよく分かりませんが、時代の中で生きぬくための智恵はできれば学びたいものだと思っています。
 富野監督はもしかしたら、求めて隘路に進んでいる人なのでしょうか。私はガンダムSEEDで富野ガンダムに匹敵する感動を感じることは、残念ながらできないのですが、それは戯作者としての技量の差であって、その底流にある思想の問題はまた別のことなのでしょうか。そうした疑問は常々持っています。
 「何故、普通に」と問われると、なのでとても戸惑います。戸惑うのですが、その「何故」を知りたくて、こうして毎日うだうだと駄文を書き連ねているような、なんだかそんな気もしてなりません。



| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

>

とくもとさんのコメントは
ご本人にとっては当然のこととなっているがために説明不足な部分が多いようです。

>ニュータイプは普通に説明すれば、
>確かにロマン主義
普通の基準も示さず「普通に」という言葉を使うこと、
その確度を示さずに「確かに」という言葉を使うこと、
議論を行う人間は
使うのを気をつけなければなりません。

囚人さんは、相手の発言から理解できる部分をご自分なりに解釈され、その返事としているようですが、
全体としての(相手の)意図についての解釈を確認し、その上で上記の返事をあわせてする」というステップを踏んだ方がよいかと思います。
下手をすると内容が歪んでしまう危険性があります。

見たところ
とくもとさんは
独りよがりな理解で発言をされています。
失礼ですが、何を言っているのか全然わかりません。
総じて言いたい意図も含め、他人にもわかるように説明された方がよいかと思います。

PS:囚人さま
少なくとも「アンガージュマン」などの用語を多く使えることが教養ではありません。

>難しい哲学はよく分かりませんが
哲学は難しいお勉強ではなく、
>生きぬくための智恵
といってもよいでしょう。

こういうことをいえるのは、この場をしきるホストではない身だからでしょうが。

>

 まあ、自分のサイトならともかく、人のブログのコメント欄で何の説明もなしに「アンガージュマン」なんて単語を使うのは……控えめに言っても、不親切すぎますしね。
 議論とは自分の考えを理解してもらい、相手の意見を可能な限り理解し、そして相互に見解を深めるものです。自分の意見を相手に理解してもらう努力をしていない時点で、論者として根本的なマナー違反かと。


 それと、「個人の決断が歴史を動かす」という富野監督に対するアンチテーゼは、個人的には、やっぱり少々のれない部分があります。
 個人がどんなに努力しようが真剣に考えようが行動しようが、早々世界は変わらないという絶望を抜きに、現代を語ることはできないと思うので。
 だってそうじゃなかったら、いくら若者が政治に関心なくたってこんなに選挙の投票率下がりませんって。うちの祖母だって行かないもの、「投票したって何にもならない」って。
 もちろん、希望に向かって進むのは悪い事じゃないんですが。

> 投票行動については

現状を肯定しているがために「何もしない」を選択しているだけとも取れるので、一概に「何も変わらない」という絶望や諦めとは言い切れません。

政治に対し悪口を言うのは、民衆の特権ですし。

また、現代人が口で言う絶望なんて
たいした絶望ではないのではないかと思うときがあります。絶望を口にしながら、のんきに生きてる奴は多いし。

怖いのは、その緩い絶望で本当に死にいたるものがいることや、逆にそののんきさが本当に取り戻しの出来ない状況に自らを追い込む可能性でしょう。

また「個人の力で世界が変わらない」という感覚は、世界が大きいことを理解できない人間の持つものであり、
若者の特権かあるいは身の程知らずのたわごとでもあると思います。
後者の場合、なまじ才能に恵まれたり、実権をもったりすると怖い。

種と種死が受けた理由って、そういう世界の広さをまだまだ理解できず、そして世界に対して力を何も行使できない子供たち、すなわちメインの視聴者と同じような立場のキャラクターが、世界のありように対してダイレクトに力を発揮することの出来る、という部分にある種の爽快さを感じることにあるのだと理解しています。

本当は、思春期って自分の万能感を否定されることである種の絶望感を感じ、その絶望の底から自分の小ささを自覚し、等身大の人間として回復するまでのイニシエーションの過程だと思うのですけどね。
アニメでいえばエヴァンゲリオンがそれをやりすぎちゃったのかもしれません。


あと、富野カントクってイデオロギーに捉われることを危うさを一番よく知ってる人の一人だと思うなあ。学生運動の時代を経験してるわけだし。

> とくもとさんの謂い

こんにちは。
とくもとさんの書かれた「個人」とは不特定多数の個人のことではないです。もしわたしのロマン主義に対する理解がとくもとさんのそれと同じであれば。ロマン主義とは英雄主義といいかえてもよいのではないですか。
ガンダムでいえばシャアです。で、とくもとさんはシャアは英雄になり損ねたキャラだと考えているのでしょう。
一方最近のガンダムのキャラは腐女子を意識してかみんな英雄です。
こういった変化をとくもとさんはいいたかったのではないかと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/614-8d7f339c