田舎者はつらいよ w 

[2006/11/16] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 まだ旅の空にいるのですが。つくづく思うことは、自分って、首都圏の生活にはほんとに馴染めないな、と。(首都圏在住の皆さんも多いでしょうに申し訳ないのですが、田舎者たる私の実感であります。)
 なんでどこへ行っても、こんなに人が多いのやら。満員電車なんて、ほんとに狂気の沙汰ですね。(これでも若いころは首都圏在住でしたから、少しは耐性がある筈なんですけど、なんだか頭の中がホワイトアウトしてしまいます。)
 いや本当は、こういう時代なんだから、田舎にいるからってそんなにのんびりしていちゃ駄目なのかもしれないって分かっているんですけど、だけど都内を数日うろうろしていると、本当に「げっそり」してきてしまって。
 この間も書きましたけど、都会に暮らしている人たちと、自分のような田舎住まいの人間とでは、ネットの中では何事も無いように互いに話をしていても、実際には日々の「生活」というものに関する実感がまったく違うんじゃないかと。なんだかそんなことをぼんやりと思っていたりするのでした。
 世代の話だけじゃなくて、「超えられない壁」というのは、たぶん数知れずたくさんあるんで、そこはそれで覚悟をしながら、自分の思うことをぽつぽつと書いていくしかないんだろうな、と思った次第です。
 何しろ東京にいると衰弱する…。
関連記事

コメント

>

田舎にいて衰弱するって事もありましょうに。

> まあ

人には「それぞれの壁」がありますよ。
中には越えられるものも、そしてどうやっても越えられないものも。

そう言う物をひっくるめて人は「個性」って言うんじゃないでしょうかね?

> 気を吸われるタイプですねきっと

たくさんの人に会うと、ぐったりしてしまう・・・
自然の物は気をくれますからね。
人間には気を吸うタイプと、吸われるタイプがあるそうです。
多くの方が無自覚ですが、コントロールできる方もいるそうです。
私も放出タイプ。
ホントは田舎で引きこもりたいです。
気を出すのもすうのも自分でコントロール出来る人になりたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/605-19a336ab