スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リーンの翼』 第5話「東京湾」 

[2006/11/08] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

止められない戦いの中 二人の聖戦士はいのちの羽ばたきを見た(第5話予告)


 第4話の後半からラストアクションに入っちゃってるから、ナレーションなしで第5話ははじまりますけど、なんか昔の特撮映画っぽいような気もしました。
 またオーラロードだ。帰れるのか。……「戦国時代にでも行っちゃうかも?」ってのがよかったですね。(笑)
 出てきてみれば、東京湾には空母パブッシュとやら。
 「ガラスと石の箱のようなものが並んでいるが」ぐらいのバイストン・ウェルから来た人間が、「あの男、世界相手に反乱を起こす気だ」「利用はするが、されないように」と言うような、異種文明の接触の面白さは、まあ、そこそこに。
 「従え、国に帰りたくば!」とリュクスちゃんは言うけど、とんでもない異世界に来ちゃったというパニック感は、この人たちにはあまり見受けられないですね。
 その頃、サコミズ王とエイサップは違う時空をさまよっていて。太平洋戦争末期の凄惨な殺戮戦の現場(まずは東京大空襲)に導かれる。
 「赤ん坊も老人もいる、戦場ではないんだぞ!」
 「サコミズ王、泣いている?」
 何かの大きな力に導かれて、次々といろいろな場面を見せられるというのは、古くから多くの物語で用いられてきた手法なのだけど。大きな力(ここでは“リーンの翼”)の意思がどこにあるのかが難しいところのような。(リーンの翼は言葉を発しませんからねぇ。)
 一方、現代に飛ばされてきたサコミズの軍勢は、予定通りとはいえ、東京の殲滅戦をはじめてしまいます。力に酔う郎利と金本が、戦後の繁栄の象徴とも言える東京タワーをぶった切るシーンが鮮烈だけど、そこにも親子連れの姿が描かれていたのは、過去と現在を重ねて見せる意図を分かりやすく示していたのかなぁ。
 平和な親子の風景を無残に破壊する広島の原爆。黒い雨。雨のシーンがそのままエイサップの父母の歴史に繋がっていき、空母パブッシュの陰謀に加担してしまっている現在のエイサップの父の行動へとオーバーラップしていく。
 「オーラロードで迷ったら、生き死にもならんぞ!」とサコミズ王はエイサップを導きます。どこの時空に出るかということには、本人の意思を反映する部分があるんでしょうかね。
 沖縄戦。「しかしこれは軍隊の決戦ではない」「無残なり!女子どもまで火薬の中に放り込むとは」…エイサップにはエイサップの哀しみがあり、サコミズ王にはサコミズ王の哀しみが深いわけですが。「止められない戦い」のほうでは、策略を巡らしあうパブッシュと後添え様の描写が挿入されて。こうした過去と現在の交錯に、何を見ればいいんだろう。
 いのちの羽根――リーンの翼は、“いのちの羽根”が集まってできているようです。
 「苦しい、それは苦しかろう」
 「これはあってはならんことである」
 「沖縄に背を向けねばならん悔しさを分かれ、鈴木君」
 サコミズ王の意思が圧倒的なまま、物語はクライマックスへとなだれ込んでいきます。彼らがここで見てきたものは、サコミズ王が、その後を継ぐべきものとしてのエイサップに見せたかったものでもあるようですが、リーンの翼がサコミズ王に見せたかったものでもあるようにも思われ、それがラストシーンにどう繋がっていったのか、ということをいろいろ考えさせられます。



| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

> 空母パブッシュ

リーンの翼の裏テーマは「沈黙の艦隊を斬る」なのかな?とか
裏読みしてみたりしなかったりとか…
そういえば、「沈黙の~」の原潜の名前は因縁の「やまと」でしたね。
で、リーンの翼では、「やまと」の隠喩が「空母パパブッシュ」では
当たり前すぎるので、「空母"子"ブッシュ」としたいところを一ひねり、
"パ"が一つで「空母パブッシュ」ですか(笑)?

> パブッシュ

やっぱりそう考える人はいるんだなぁ、結構。
まあ確かにフォレスタル改級には、大統領名が多いので(現在ロナルド・レーガンが最新)、艦名「ジョージ・ブッシュ(通称「パブッシュ」)」はあり得るんじゃにゃあかと。綴りは[Pa. Bush]ですかねえ。

> 空母パパブッシュの事

米海軍ニミッツ級空母の10番艦であり、最終艦でもある の名称は
02年12月に艦名が第41代大統領にちなんで命名されることが
発表されていて、実際に今年10月にCVN-77は、ジョージ・H・W・
ブッシュ(USS George H. W. Bush)と(存命にも係わらず)命名され
てしまった(08年後半就役予定)ので、その次(後継艦CVN-78
(計画名CVN-21=在来艦とはかなり異なる艦型になると言われて
いる)=クリントン?)の次(CNV-79)がジョージ・ウォーカー・
ブッシュ(USS George Walker Bush)になりそうなので、その辺も
含めた先読み裏読みです(笑)。ちなみにCVN-77は、米マスコミなど
から現実に「パパブッシュ」と呼ばれている(物議も醸している)
そうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/598-ebf4a8c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。