『マッハGoGoGo』―もう目眩がしそうですヨ!w 

[2006/10/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 いやぁ、GyaOのおかげで懐かしいものを見せてもらいました。これって1967年の作品だったんですね。(さすがに生まれてないよ~)…ってことは私が見てたのも再放送だったのか。
 もうね、何て言うか、……とりあえず最近の若い人は見ないほうがいいかも。(笑)
 タツノコプロの2作目の作品になるんだそうで(1作目は『宇宙エース』→タツノコプロ作品データベース)、絵も動きもストーリーも、何もかもぎくしゃく。一言で言えば、猛烈に「テレビまんが」
 …しかし、あえて言うと、そこがもう、たまらなく面白い!(笑)
 そうだよなぁ、自分なんて、こんなの見て育ったんだよなぁ、って言うか。とにかくノリだけは間違いなくすごくいい。特に音楽。あと出てくるキャラクターのノリもすごい。喋りとか、たぶん当時の最先端のボキャブラリーなんだろうな。(今見ると、そこはちょっとあれですが。)
 今どきマンガでも、ギャグマンガでもない限りは、こんなにデフォルメされた表現ってありえないんで、ある意味、新鮮な驚きとさえ言っちゃっていいかも。すごいですよー、猛スピードで併走しているマシンからマシンへ「ジャーンプ!!」とかね。ボカンボカンと次々に雑魚マシンは爆発するし。(でも悪役でさえも、ほとんど死なない…。)
 なんかもう、悪役とアクションとかしていて完全に遅れていても、奇跡のような追い上げ(笑)で、ちゃんとゴール直前で大逆転優勝!とかね。
 べたべたのギャグとかも入りまくりだけど、ストーリーには変に熱いものがあったり。
 まるで、ちょっと“トリップ”しちゃったっていうような、恍惚のアニメ視聴体験でした。いや、アニメなどと言うよりも、これは「テレビまんが」という全然別の何かだといったほうがいいかもしれない。(いまやこういう「まんが」も絶滅してしまったので、その言葉から正確なニュアンスが伝わるのかどうか自信はありませんが。)
 リアリティのある滑らかな動きの代わりに、とんでもない立体的(?)なカメラワークが駆使されているのは、「まんが」が動くんだ!!っていう喜びにあふれているってことなのかもしれません。(あるいはアートアニメーションを見ているような感覚に近い?)
 とにかく普通に言ったらメチャクチャとしか言いようがないんだけど、なんか大笑いしながら夢中で観てしまったのは、懐かしかっただけではないような気がします。アメリカでも大人気だったというのはバタくさい作りのせいだけではないと思います。やっぱり日本のアニメ史に残る名作のひとつなんだろうな。(でも、しつこいけど、ほんと今のアニメに向ける目で見たら、くらくらとめまいがしますから!)
 第1話~第4話は残念ながら、今日の正午で放映終了してしまいました。今日からは第5話~第8話を放映中です。うーん、見なきゃいけないものが多すぎて、ほんと大変!(笑)



| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

> 大好きです

正義は必ず勝つ!!
どんな時でも勝つ!!
ありえねぇぇっ!!て時でも勝つ!!
そんな昔のテレビまんがが大好きです。
そしてそんなストーリー展開を
無理矢理繰り広げていた関係者も好きですっ!!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/581-b047a676