『星の鼓動は愛』は“純愛”否定? 2 

[2006/10/30] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 富野監督と「純愛」の話 三部作の延長戦の、そのまた続きです。(笑)

富野監督は「30代が恋愛にアップアップしていて、一生シングルかもしれない…」といわれていますが、実際にアップアップしているのは、恋愛(純愛)もせずにお見合い結婚をしてこの頃になって「経済orコミュニティ至上主義」は失敗だったとして、(個別には決定的な理由は色々有るでしょうけれども)離婚している熟年世代の方ではないでしょうか?


 私はなるべく“いぢわるくまじかいし”たくないですけど(笑)、ねもさんのコメントの流れ、はじめは“恋愛至上主義”じゃないと言っておられたように思ってたんですが、だんだん“主義者”寄りになって行っちゃってません?別にディベートをしているわけじゃないですし、基本は、(私には似合わないながらも)“恋バナ”ですから、どうか気楽にお付き合いくださいませ。(笑)

 まず富野監督が“恋愛問題”を専門的に研究してる人ではないだろうというのは、それはそうでしょう。“そういう人”なりの考え方だ、と思って耳を傾けてみてはいかがでしょうか?ちなみに私自身も、恋愛に関しては「まるで駄目男」クンです。(笑)
 ですが、そんな私でも、恥ずかしい話をすれば、土砂降りの雨の中を傘もささずに彼女の姿を求めて泣きながら走った…ぐらいの個人史はあります。(こんな話は長くなるので書きませんけどねー。 自爆)だから、富野さんが自伝などで書いてることで、彼の恋愛体験のすべてが分かるわけでもないだろう、と私は想像するのですよ。
 生きてきた年代、それぞれの体験、…恋愛観などというのは結局は百人百様のものとまで言い出すと身も蓋もないですが、だけど“恋バナ”などというやつは、自分の立場で感じてきたことを、思ったままに語るしかないものではないでしょうか。また、人の話も(専門家、非専門家を問わず、)そうしたものだと思って聞かないと、絶対普遍の真理なんて、そうそうはないんじゃないでしょうか?(といって、百戦錬磨のツワモノ以外の言葉は無意味だというようなものでもないでしょうし。)

 ご指摘のとおり、今「アップアップ」してるのは、格別30代だけじゃないだろうと私も思います。熟年離婚も「アップアップ」だろうっていうのには強く同感。ただ、その原因がお見合い結婚なのかどうかは、私には疑問です。(恋愛結婚であれば大丈夫だと?少なくとも富野監督はそうではないと考えておられるようです。)――それこそ私も専門家じゃないから分かりませんが、いい年をして分別なく別れて、それで幸せになれればいいですけど、ねぇ?
 韓流ドラマブームな中高年の「純愛への憧れ」が、あまりいいものには思えないというのも、だから大賛成。そういう熟年世代に向けてもメッセージを、というのも分かりますよ。ただ、その人たちは残念ながら、富野監督のアニメなんか見ないだろうからなぁ…。(苦笑)
 それから、ここはちょっと大事なところですが、「熟年離婚」は「一生シングル」よりも、「ワーストケース」なのかどうかは議論が分かれそうですよ?……一応、人生でやるべきことはやり終えて、残酷なことを言えば老い先も短い人たちが、感情と現実の折り合いを付けられないのも無残といえば無残ですが、“人生これから”の人たちの問題は、考えようによってはいっそう深刻ですよね。

 そして、“~主義”ということなんですが、富野監督の発言には、「イズムを出発点とした表現というのは所詮論文でしかない」、「所詮、イデオロギーというのは100年持ち得ないかもしれないと考えます。」というものがあります。(→【東大】富野由悠季講演会【五月祭】[2003年5月])
 「~優先主義」か「~至上主義」か、どころの話ではなくて、富野さんという人は、あらゆる“~主義”を根底からぶっ飛ばす、スゲー思想(というかヤバイ思想?)の持ち主だということなのですよ。(でも“原理原則”みたいなことは言うので、そこが果てしなく難しい・・・。)

といったときに、人間が一番支持するのは、体感的に言う快感でしかない。そうするとオーガズムも重要な要素なんだけど、オーガズムに近いようなものを体感、想像できるかもしれない、そういうような欲望を喚起してカタルシスさせる芸能というシステムは、人が永遠に手に入れ、持続させなければいけないことなんじゃないかなと思えてきたんで、イズムというものを捨てた、という言い方があります。


 知性で塗り固めるイズム(=“~主義”)は結局その場限りのものなので、これに代わるべきものとして、(のりのりさんが指摘されたように、)人間の生理に根ざしたシステムとして、「芸能」を構想する。――ちょっと難しいですよね。(笑) 私なんて本質的には“頭ガチガチ”な人ですから、こういうのも感覚的じゃなくて、つい頭だけで考えちゃう。(なので、この話はここではここまで…。)

 話を戻せば、富野監督の立場は、つまり「非恋愛至上主義」という“主義”でもないんじゃないかということです。同様に“個人主義”でもなければ、“コミュニティ至上主義”でもないんだと私は思います。

囚人022さんは、「コミュニティは(そのコミュニティの構成員同士の)恋愛をもっと素朴に祝福してもいいのではないか」といわれていますが、コミュニティに幻想を抱きすぎの様におもいます。


…とねもさんは言われるのですが、仮に“キミとボクだけのセカイ”を夢想してさえも、それは実際には、既に最小限のコミュニティだったりするんじゃないかと私は思うんです。富野さんの言葉で言うところの、「結婚、つまり、性別が違う人と一緒に暮らすというのはもともとが折り合いが悪いものなのよ。それをなんとか定置をして、子供を生んで、家庭を維持して、なおかつ死ぬまで一緒だったりする。そういう他者と折り合いをつけて暮らしていくのが、結婚であり、人間であり、世の中なんです」ってことですね。
 つまりシビアな見方では“キミ”はもう他者のはじまりなんで、“キミとボク”の恋愛だけは特別だというのは、逆にそれこそ「幻想を抱いてるんじゃないですか?」ってことです。
 だからそれを承知で「折り合いを付ける」決意をした二人っていうのは、その馴れ初めが“ドラマチック”だろうと、そうでなかろうと、等しく祝福に値するんだと、もしやそういうことが富野さんは言いたいのではないかなぁって。

(恐るべきことにまだ続く)


 さすがにちょっと息切れなので、続きは明日以降にまた書きますね。
<(_ _)>



| ランキングオンライン |
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(4)

[tag] 星の鼓動は愛 fc2ファビコン 恋愛至上主義 fc2ファビコン 芸能 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 上手く伝わってない所を補足

>「熟年離婚」は「一生シングル」よりも、「ワーストケース」
>なのかどうかは議論が分かれそうですよ?

うーん、上手く伝わってない所を補足しておきます。

「非恋愛至上主義」を説かれているのであれば、その先にある
ワーストケースとしての熟年離婚 は、

「非恋愛至上主義(=恋愛感情を主としない)」で結婚したとして、
その中でのワーストケースが熟年離婚 という意味です。

>……一応、人生でやるべきことはやり終えて、(中略)
>考えようによってはいっそう深刻ですよね。

同感です。「熟年離婚」の方が「一生シングル」よりは
色々と(?)実りもある為、良い様な気がします。

>

筒井康隆の「霊長類・南へ」での「人が二人居れば、それで社会だ」と言うのを思い出しました。

> 3連休進行

>ねもさんのコメントの流れ、(中略)だんだん“主義者”寄り
>になって行っちゃってません?

ご指摘のとおりコメント(の考察)ではだんだん“主義者”寄りになって
いるので(苦笑)、ブレた原因とか検証・考察中です。それなりにまと
まって来てはいますが、リーンの翼を見たりなので(笑)、あと、3、4日した
らコメントします。

> ほしの 鼓動は アイ

富野監督と「純愛」の話の考察続き(その1)です。
凄く長くなったので、2回に分けます。。。
 
「純愛」とか「恋愛至上主義」、「恋愛」などの言葉の定義が定まっていないのでブレた様です。

まずは、「純愛」の定義から
純愛:
(a)邪心のない、ひたむきな愛。
(infoseekの国語辞書powered by三省堂
http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?sv=KO&qt=%BD%E3%B0%A6&sm=1&lp=0&se=on&gr=ml)

(b)打算や妥協のからまない恋愛または恋慕の感情のこと。
(wikiの「純愛」から引用)

(c)すぐに心変わりしたり忘却されるような愛ではなく、
障害を乗り越えて、一途に思い続ける感情
(wikiの「純愛-純愛ブーム」から引用)

国語辞書的には、(a)の意味{wikiの(c)的な意味合いもこちら}なんですけど、この頃はwikiの(b)的な意味合い”打算や妥協のからまない”愛や愛情。が主流に成って来ているんでしょうか?
今後の”ねも”のコメントでは”純愛”を(a)や(c)の意味と定義して論を進めます。

*****
次ぎに、「恋愛至上主義」の定義

「恋愛至上主義」=「純愛(主義)」
「恋愛至上主義」こそが実は「純愛」なんですね。

定義の確認をした為、色々と混同されている混同している部分の洗い出しが出来ました。

*****
コメント「その2」で
アップアップしている熟年世代の”熟年離婚”を「見合い(恋愛感情のない)結婚」と「恋愛(感情のある)結婚」の2極のみで、しかも主観のみ、監督の使っている“恋愛至上主義”等の定義を確認しないまま、考察(?)したのが、フォーカスがずれてしまった原因の様です。この2極論だと「恋愛(感情が少しでもある)結婚」贔屓の自分は“恋愛至上主義”的になってしまう(笑)。

コメント「その3」で
恋愛や結婚の判断基準で、一番優先される要素が「恋愛感情(好きか嫌い)」なのが「恋愛至上主義」であるのならば、私は恋愛至上主義者という事になるかもしれません。と書きましたが、これは、富野監督のいう「恋愛至上(純愛)主義」とねもの「妥協努力も含めた恋愛感情優先主義」を混同していた為で、

上記、定義に当てはめると「妥協」を容認している時点で、実は全然「恋愛至上主義」(純愛)では無いんですね。

*****
>ただ、その原因がお見合い結婚なのかどうかは、私には疑問です。(恋愛結婚であれば大丈夫だと?)(囚人022さん)

そうですね。この点は再考の余地有りです。実際に”熟年離婚”をした方のアンケート結果とか参考になる科学的データが無いとただの想像論になってしまいますね。
「恋愛(100%の完璧な相思相愛)(“感情のない”も含む)結婚」のほうが、「見合い結婚」よりも、相手を(何らかの妥協はしていても)選んだ自己責任比率(自意識内)が高いので、「こいつを選んだ(こいつに惚れた)のは自分なのだし、こいつのここは好きだし、惚れた自分が悪いのだから多少の事には目を瞑ろう(相手に合わせる努力をしよう)」という離婚回避の最後の歯止め的な働きが期待出来るのではないかなぁという幻想を抱かせるんですけどねぇ。(それとも、以外に恋愛感情が無い方が離婚(収入の消失)の危機にシビアに判断・対応出来るのでしょうかね?)

*****
富野監督発言から読み解く「純愛」
(富野監督の言葉の使い方は特殊なので読み解きは大変です。)
矢 パート3のサブタイトルは『星の鼓動は愛』。愛ですよ、LOVE
矢 恋愛ってものすごく重要なんだよっていうメッセージ?
富 もう少し当たり前に考えたらいいんじゃないですか、
これは、
恋愛(100%の完璧な相思相愛)は、ものすごく(頭の中で理想化している程)は重要ではない。もっと自然(「本来の恋愛」とは「相互に妥協努力の積み重ねが必要なもの」)に考えたらいいんじゃないですか、
という事なんですね。
ここで富野監督が使っている“恋愛”は、「100%の完璧な相思相愛」という意味で、この先この「置換」を行なわないと意味が上手く取れないので注意ですね。

富 そう。現代の結婚は恋愛あってのものだと考えられている。まさに恋愛至上主義なんです。

敢えて注釈を入れると、
富 そう。現代の結婚は恋愛(100%の完璧な相思相愛)あってのものだと考えられている。まさに恋愛至上主義(純愛)なんです。
となるでしょうか?

ここでの「恋愛至上主義」の対になる物は、一見、「見合い」なのですが…、

富 『「恋愛(100%の完璧な相思相愛)感情のない結婚なんて気持ち悪いじゃん」よほどいい巡り合わせがあったから(100%の完璧な相思相愛の)フォーリン・ラブになれるんであって、』100組のカップルがいて、80~90組ぐらいまでは、「まあ、こんなもんだ」と思って結婚したという人のほうが多いんじゃないのかな?

ここで、先の発言にある
80~90組位のカップルは、「まあ、こんなもんだ」と幾らかの相手へ求める自己の基準面で妥協・打算をしているんですが、
ところが、富野監督は、これを「恋愛感情のない結婚」という省略した言葉で説明するから話がややこしくなっているんですね。
本当は、「恋愛(100%の完璧な相思相愛)感情のない結婚」という意味で言っているんですが、「(全然)恋愛感情のない結婚」 という意味では無い事に注意が必要なんですね。。。(注釈が入ると意味が取れるけど)紛らわしい!

「恋愛至上主義」の対になる物は、実は「見合い(恋愛感情のない結婚)」では無く、「両者ともに妥協努力をした恋愛優先主義」という事なんですね。

生物のペアリングの動機が「恋愛」であるかは不明ですが動機(相手を受け入れるかいないかの基準)を「恋愛」と呼ぶと生物的に本来ある結婚の形は恋愛あってのもの(=恋愛至上主義)なのではないでしょうか?動物だって「種」の存続の為に妥協してペアリングしない「種」もあるみたいですし。。。 中世の政略結婚とかの方がある意味異常?。

>こういうのを読むと、御大はアンチ「恋愛至上主義」を推奨してますよね。(笑) (囚人022さん)
ここではアンチ(非)「恋愛至上主義(純愛)」を推奨しているのに新約では「恋愛至上主義(純愛)」を描くというのだから混乱です(笑)。

矢 私もお見合いは悪くはないと思います。~(中略)
富 (中略)~結婚であり、人間であり、世の中なんです。
> これね、今の世の中の主流は“恋愛至上主義”だから、反発を持つ人が多くいるのは当然だと思うんですよ。(囚人022さん)
富野監督の発言の趣旨は、(一部の言葉の使い方を除いて)まぁ、普通の一般論なので“恋愛至上主義”者だからといって特に反発を持つ様な物では無いと思います。

*****
>…純愛を語りながら「ベッドシーンが~観ている」というところが、なんかミソのような気がするんですね。(囚人022さん)

「ベッドシーンがあっても、観客はそれを楽しみに観ているんです。」の”それ”は”純愛”を意味している訳で、「(”純愛”を表現する上では妨げになるベッドシーン(直接的、肉欲的な愛の描写)があったとしても、観客は”純愛(精神的な恋愛)”を楽しみに観ているんです。」と言い換えれるとおもいます。

*****
「だまされ振り回されといった男女のリアルな心の駆け引きに焦点を合わせており、それこそが真の純愛であると富野由悠季監督は説いているかのようだ。」
増當さんのこの解説では、富野監督の”(真の)純愛”は、男女のリアルな(だまし、振り回しといった)心の駆け引きと言われていますが、これは、上記の定義に当てはめると、”純愛”では無くてただ単に「恋の駆け引き」というのではないでしょうか?
*****
ロミジュリの中で、ロミオとジュリエットの純愛は、相互に相手の事を一途に思い続ける恋愛の物語として描かれている訳で、ロミオやジュリエットが相手をだましたり、振り回そうといった事は無かった様に思います。

この点で、富野監督は、ロミジュリを”純愛”と捉えられているので”純愛”を少なくとも「(障害を乗り越えて)一途に思い続ける感情」という意味でも認識されている事は疑いないと思います。

”例示されている富野監督の戯作者としての「純愛」絡みの発言”からは、囚人022さんの「富野監督の”純愛”感」が増當さんの解説等の先入観に引き摺られて、「どうもこの方は、世間一般で思うところの“純愛”観の持ち主ではないんじゃないか」となっている気もしないではありません。
*****
>・3部はカミーユが世間を取り込み日常に還るというのがテーマ。この世間というのはΖの物語。 (富野監督)
これは、
『3部はカミーユが「Ζの物語」を取り込み「日常に還る(ファの純愛に純愛で応える=ガンダムの表舞台からの退場)」というのがテーマ。』
と言い換える事が出来るでしょう。

*****
・コミュニティ論
囚人022さんは、「コミュニティは(そのコミュニティの構成員同士の)恋愛をもっと素朴に祝福してもいいのではないか」といわれていますが、コミュニティに幻想を抱きすぎの様におもいます。(ねも)
これは、現実のコミュニティはコミュニティ(の「和をもって尊しとする(=いま有る「和」を乱すものは認めない)」という思想)にとって望ましくない恋愛(例えそのコミュニティの構成員同士の相思相愛であっても)は許容しませんよという意味です。
>仮に“キミとボクだけのセカイ”を夢想してさえも、それは実際には、既に最小限のコミュニティだったりするんじゃないかと私は思うんです。(囚人022さん)
「2人であっても最小限のコミュニティ」は、その通りなんですが、ここでは「(恋愛関係の2人だけの)コミュニティが2人の恋愛を(もっと素朴に)祝福してもいい…」という話ではないですよね?

>「ああ、こいつとこいつが連れ合いになってくのね、おめでとう」という素朴な祝福。(囚人022さん)
これはコミュニティの他者と恋愛関係の2人の恋愛的利害が一致しない場合のみ成立ではないですか?
例えば、こいつの事を俺は好きだ、アタックしたらこいつと連れ合いになれそう(実際に勝算は有る)と思ったら「おめでとう」という素朴な祝福なんかして居られますか?

>個人として考えるんじゃなくて、それこそ「種」が存続していくために、連れ合いを見つけようとすることを皆の喜びとして共有できる気分。言われてみれば、恋愛がいつからか個人レベルのゲームみたいになっちゃっていることの問題というのは確かにあるんだと思う。 (囚人022さん)

人間も生物である限り、「恋愛」は個体の直系子孫を残す為の生存競争(一種のシビアなゲーム)であり、「種」の存続等はもっと優先度が低いのではないか?と自分的には思います。
*****
ヘンケンとエマの関係とその結末を、“純愛”のひとつの帰結として考えたときに、「戦場で、戦場ではしゃいでるから…お調子者……。くっ!!」という直後のカミーユの台詞は、私にはやはりこの二人のありようにも重ねて投げかけられた言葉だったと、やはりその考えからはどうしても抜けられません。

「戦場で、戦場ではしゃいでるから…お調子者……。くっ!!」
この台詞は、やっぱり「本来守らなければならなかった者(マウアー)を守れもせず、
死者に報いる為に(マウアーの信じたジェリドの)大義の為に戦うでも無く、ただ
私怨で戦い(死ぬ必要もないのに)無意味に死んでいった好敵手足りえたかもしれない
ジェリドに向けての物だと思います。順当に。

*****
>単にあれはハイになってるだけじゃないですか、カミーユ?(のりのりさん)

もちろんそういう解釈もありえますし、ただでさえ男性が少しでも好意を抱いている女性に抱き付くのですからその時点でハイになってない訳がないですし…。少しの恋愛感情も無しで、ただ単にハイになって抱き付いたのであれば、それはそれで、前後に、もう少しそういうハイになった描写とかが必要だと思いますけどね。

*****
>まあ、女の子の気持ちはわからないんで、(スカルさん)

ファをリアルにシミュレートすれば、それは富野監督も同じだと思います。(笑)

*****

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/575-d23bc765