「コードギアス 反逆のルルーシュ」第3話 

[2006/10/25] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 BIGLOBEストリームで、珍しく現在進行形の作品を見ておりますが。とりあえずは、まだまだ序章ということなのかな?

 今回は、かなり学園もの。悲惨な占領下のイレブンに隣り合って、ブリタニア人たちの優雅な暮らしぶり、というあたりなのですが、それにしては、けっこう悪乗りしてベタに学園ものやってるのが不思議な感じです。
 物語の展開とすれば、ここでは「ギアスの力」の解説ということがメインになってますね。
 この印象は何と表現すればいいのか、全能感というか…、ゲーム感覚というか…。それにしても、独り言の多い主人公ですよね?(笑)
 少し細かい疑問を言うと、彼は一番最初にこの“力”を使ったときは、いきなり能力の内容や使い方を把握していたようだったのに、“一人には一回”ルールには驚いているというのが、ちょっと解せない感じ。その辺がちょっとゲームっぽいかな。
 あと、舞台裏の種明かしとしては「秘密の実験」か。そこは手堅く、ちらちらとね。
 自分の妹だけでも幸せな世界を?そんな変わったことを言う主人公なのは、興味深いところ。無難すぎる予想で言っちゃうと、この作品は、そんな彼が成長していくような物語の構成になっていくのかな、どうかな?(もうちょっと一癖ありそう?)
 お色気シーンは多い気がしたんだけど、残念ながら私みたいなオジサンにはあまりピンと来なかったです。萌え萌え言っておられる皆さんは、こういうの嬉しいんだろうか?(別に皮肉とかじゃなくて、素で疑問形。)
 それに比べると、今回はロボットものらしいシーンは、ほんの瞬間で終わりでしたね。第1話、第2話、第3話と味付けのバランスを大きく変えてきて、たぶんけっこう意識的にそういうふうにやってるんだろうな、と思いました。
 そして次回への強力な引きの場面で終わる、と。犯人に仕立て上げられたスザクを何が何でも助けるとか予告で言ってます。自分には「力がある」と繰り返すのが、なんだか子どもっぽく感じられてしまいますがどうなんでしょ。

 それにしてもルルーシュくん、シャワールームのシーンは、いくらなんでも、おトボケしすぎでしょ~。(笑)


| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/570-de4c7f81