スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野監督と「純愛」の話 その1 

[2006/10/23] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 なかなか余裕がなくて書けなかったんですけど、気になっていた話題なので、未整理かもしれないけどメモしておきます。

がんだまぁBlog シロッコとギレンを比較する

 この中で、(記事の主題ではないのですけど、)ルロイさんがZガンダムについて、「家族主義から恋愛至上主義へという個人のライフスタイルの変化」という着眼を見せてくれたのですが、私は以前、富野監督は恋愛至上主義には否定的なのではないかという記事(→「 ニュータイプ論と見せかけて、実は・・・「恋愛至上主義 イクナイ!w」)を書いたことがあったので、

ただ世間の流れは「家族主義から恋愛至上主義」なのは事実として、むしろ富野さんは純愛の絶対視のようなことには疑問を持ってる節もあります。(“家族”ってのは“社会”の最小単位だものなぁ…。)


…とコメントいたしました。これにルロイさんは、

富野監督はこういう時代だからこそ純愛を掲げたというようなことを言っていたと思うので、決して疑問視しているわけではないかと思います。
ただ、新訳Zがどれだけ純愛を表現できていたかを考えると、頭だけの理屈でそう思っているだけなのかなという気はしますね。


…と答えてくださり、ますます本質的な問題になってきたなぁと思っていたのですが、こうなると少し、監督の発言などを整理してみなければ、と。実はこの話は、そのルロイさんのコメントの上にあるねもさんの、

カミーユxファ(新約のラスト)って伏線が薄いので、あんまりすんなりこないんですけど…
ファ->カミーユの好意は分かりやいけど、新約のラストのカミーユ->ファは唐突で遠くの1万円(レコアとかエマとかフォウ)より、手持ちの5百円な感じ(カミーユの妥協の産物感)が…するのですが…皆さんあんなラストでOKOKなんですかね?


…という疑問への回答になるんじゃないかとも思うんです。ルロイさんは、このねもさんの意見に

全く持って同意です。それが「星の鼓動は愛」を評価しない最大の理由です。


…というスタンスなので、異論の投げかけになるのかもしれないんですが、まあ違う捉え方もあるということで、どこがどう食い違うのかということを探ってみたいと思うのです。

続く


| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/567-24738633

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。