スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野監督と「純愛」の話 その3 

[2006/10/24] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(12) | TOP ▲

 富野監督と「純愛」という話題で長々書いてきましたが、今回で終わりです。(→その1 その2
 今まで見てきたとおり『新訳Z』の制作にあたり、富野監督が意識して、「こういう時代だからこそ純愛を掲げた」というのは確かなことのようです(ルロイさんのご指摘どおり)。しかし、もうひとつ分かることは、どうもこの方は、世間一般で思うところの“純愛”観の持ち主ではないんじゃないかということも見ておかなきゃならない気がしますね。
 以上を整理したところでもう一度、この記事を見ていきます。

WPB2006年2月14日号 富野由悠季×矢口真里「監督さんと“恋バナ”をするのだッ♪」:シャア専用ブログ

矢 しかも3月に公開されるパート3のサブタイトルは『星の鼓動は愛』。愛ですよ、LOVEですよ!
富 フフフフ(微笑)。
矢 それって、今の若い人に対して、恋愛ってものすごく重要なんだよっていうメッセージなのかなぁ、なんて思ったりしたんです。やっぱり、最近の若者たちの恋愛観にひと言いいたい!みたいなことってあるんですか?
富 特にはありません。さらに言ってしまえば恋愛はもちろん、学歴や年齢のことも気にならなくなっている。……ただし、今の30代が恋愛にアップアップしていて、一生シングルかもしれないという話を聞くにつけて、もう少し当たり前に考えたらいいんじゃないですか、という事は言い方はしたい。


 「恋愛ってものすごく重要なんだよっていうメッセージなのかなぁ」というのが普通の受け止め方なんでしょうが、明確にそれを否定はしていないけど、以下の言葉ではそれとは全然別の話をしているんですよね。だいたい「最近の若者たちの恋愛観にひと言いいたい」のかと聞かれて、特にないと言いながらも実は、恋愛にアップアップしてないで、もう少し当たり前に考えろと「ひと言」以上に語りまくってるし。(笑)

矢 私もお見合いは悪くはないと思います。出会った瞬間に、お互いが「これは……運命の出会いだ!」なんて感じたら、すごくステキだと思う。だけど、今は恋愛結婚の方がスタンダードじゃないですか?
富 そう。現代の結婚は恋愛あってのものだと考えられている。まさに恋愛至上主義なんです。
矢 あー。私も恋愛至上主義かもしれないですね。女のコって、やっぱり16、17歳になると、自然に「好きな人と一緒になれたらなぁ」なんて思うじゃないですか。しかも周りの友達が結婚して幸せになっていく姿を見てたりすると、フツーに意識しますよ。恋愛結婚っていいなぁ~って。
富 確かに、「恋愛感情のない結婚なんて気持ち悪いじゃん」っていう言い方もあるでしょうね。だけど、それはよほどいい巡り合わせがあったからフォーリン・ラブになれるんであって、なかなかそうはいかないでしょう? 100組のカップルがいて、80~90組ぐらいまでは、「まあ、こんなもんだ」と思って結婚したという人のほうが多いんじゃないのかな?
矢 うわっ、監督、痛いところ突いてきますねぇ~(笑)。
富 結婚、つまり、性別が違う人と一緒に暮らすというのはもともとが折り合いが悪いものなのよ。それをなんとか定置をして、子供を生んで、家庭を維持して、なおかつ死ぬまで一緒だったりする。そういう他者と折り合いをつけて暮らしていくのが、結婚であり、人間であり、世の中なんです。


 これね、今の世の中の主流は“恋愛至上主義”だから、反発を持つ人が多くいるのは当然だと思うんですよ。
 それを踏まえて、『星の鼓動は愛』のラストについての「遠くの1万円(レコアとかエマとかフォウ)より、手持ちの5百円な感じ(カミーユの妥協の産物感)が…するのですが…皆さんあんなラストでOKOKなんですかね?」という、ねもさんのコメントも、そういう立場から見た本質的な反発だと思います。
 しかし、ここで反発を感じてしまうことで、自分の中の“恋愛至上主義”があぶりだされるという、実はそういう構造になっているんですよね。知らず知らずの間に“主義者”になっている部分があるのではないか?――そのとおりに考える必要はないけれど、わずかでも各自の“純愛”観を振り返ってみるきっかけを提供できたならば、それはそれで「表現として成功している」といえるんじゃあないかと私は思うのですよ。
 もうひとつ、反発を買うことをあえて言うと、ヘンケンとエマの関係とその結末を、“純愛”のひとつの帰結として考えたときに、「戦場で、戦場ではしゃいでるから…お調子者……。くっ!!」という直後のカミーユの台詞は、私にはやはりこの二人のありようにも重ねて投げかけられた言葉だったと、やはりその考えからはどうしても抜けられません。(→男の死に様とヘンケン艦長の死
 前にも書きましたけど、「恋愛は神聖にして侵すべからず」というところの弊害で、アップアップしているのはどうなんだろうかと。このとき私は“恋愛資本主義”への反発のようなことも併せて書いてしまったんですが、今考えてみると、その反発も少し“恋愛至上主義”(さらに言えば“純愛原理主義”)の思想に毒されている面があったかもしれないと反省されます。
 そういうものに多少流されてしまう部分も含めて、「恋愛というのはもう少し下衆なものだと考えてもいいんじゃないか、それを下衆に扱ったと非難するのではなく、誰もが普通に持っている願望として、コミュニティはもっと素朴に祝福してもいいのではないか」というほうが、より大切なことだったかもしれないな、と。
 『星の鼓動は愛』は生ぬるい現状肯定だったという評がありましたが、“現実直視”と“現状肯定”の境界線をどこに引くのかという問題なのだと思います。
 手の届かないところにある1万円を夢想し続けているより、今、目の前にある500円を大事にするところからはじめてみればどうだろう?…と書いてしまうと、常識的で当たり前のつまらない表明のように見えますが、それが反発を買うものであればあるほど、実は、生ぬるい肯定ではなく、思いがけない問題提起になっているのではないかと。




| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

>

面白いです。富野的な純愛って結構おおらかなイメージありますね。「目の前にいい男(女)がいたらSEXしたくなるだろ(笑)!それが自然の営みなのだから、”純”なんだよ」みたいな。対照的にZガンダムのサラ・ザビアロフが「頭でっかちな純愛(恋愛至上主義)」を貫いた子なんですよ。「私とハプテマス様は地上で唯一無二の特別な関係なの!」とか言って。でも、サラって本当はカツやカミーユにも揺れてたんです。そこで素直になっておけば良かったのに、そうしないで頭でっかちな純愛を貫いた結果、ああなってしまったんですね。

> 純愛ではなく「殉愛」ならば

(半分メモ書きです)

今、元ネタ(がんだまぁBlog さん)のところでも書いてみましたが
エルガイムのポセイダルやシロッコという
「ジゴロ」に対して殉じてしてしまった女達というのが思い出されます。

女性の側では余り描きそうにない
女性側の生理、情念が描かれているような…

「恋愛」というキーワードに絞っても
女性の感じ方の方が一日の長がある、というか、男女の格差があることは否めないので
男の生理のみで議論すること、女の生理のみで議論することは危険だと思っております(腐女子のやおい趣味なんてのも、普通の女性がもつ恋愛感、生理的な感覚の延長線上にあるものと考えます)。

そういや、「下衆なもの」と表現されているそれは「人間の生理に根ざしたもの」ということではないでしょうか?

それとは別に、男の側も女性の生理に近づいているような気もしなくはないのですが、それを進歩と見るのか堕落と見るのか…?

ん?
そういや、「タッチ」を例に男の子が何かをする理由が社会的に認められるとか、そういったものではなく、ただ「女の子のため」になっていった(そういったものが受け入れられる/でないと受け入れられない)というのをどこかで読んだような…。
そういえば1stガンダムとTV版Zも
社会>恋愛(男女の仲)のウェイトが
恋愛>社会の順に切り替わっているような気が…。

80年代に何かヒミツがあるような気がしてきた…?

> なるほど、サラ!

さすがの慧眼ですね!
まさしくそういうことだと激しく納得しました。自分で整理が付いていない気がしても、書いてみるものですね。
ありがとうございます。

> リアクションはこっちで

富野監督の言う純愛が世間一般の言うような純愛とはちょっと違う、というのはもっともだと思います。
正直な話恋愛至上主義という感覚は自分には理解できないものでして、割と最近まで女子高生とリアルに接することができる立場だった人間としては(笑)、不思議だなぁと常々思っていました。そういうのを否定したいって気持ちも実に分かるんですが、そういう感覚って古今東西全ての女性が持っているものだと思うんですよ。最近の恋愛至上主義傾向っていうのは、単純に女性の嗜好が世間に反映されやすくなっただけなんじゃないかと思うのです。もちろん世相はありますけどね。
だから、「君たちちょっとそれは違うんだよ、恋愛とはそうではないのだ」という言い方は、ただの大人の傲慢でしかないんじゃないの?とは思いますね。

ただ、自分が新訳Zのラストで腑に落ちないのは、単純に過程の描写が足りてないっていうだけで、ああいうラストになること自体は全く否定するつもりはないんですよ。せめて、ファがもっとカミーユに片思いしている描写があればもっと伝わるのに…と、そう思うだけなのです。

> いぢわるくまぜかいしますよ 私も(笑) その1

囚人022さん、こんにちは、
避難所さん(こちらのブログ)では専らROM(戦術偵察)ってましたけど…、
ちょっと目を放していた隙にこんな面白い事になっているとは思いません
でした…(笑)。
なので、今日はただの戦術偵察ではなくって、ちゃんと爆装して来たので
爆撃というか「いぢわるくまぜかい」していきます(笑)。

まずは、「その1」ということで…。

私がいつのまにか“恋愛至上主義者”になっていて、“恋愛至上主義”の
立場から見た本質的な反発と捉えられている and 言葉が勝手に(?)独
り歩きさせられているので、軌道修正しておきましょう(笑)。

>これね、今の世の中の主流は“恋愛至上主義”だから、反発を持つ人が
>多くいるのは当然だと思うんですよ。
> それを踏まえて、『星の鼓動は愛』のラストについての「遠くの1万円
>(レコアとかエマとかフォウ)より、手持ちの5百円な感じ(カミーユの
>妥協の産物感)が…するのですが…皆さんあんなラストでOKOKなんですか
>ね?」という、ねもさんのコメントも、そういう立場から見た本質的な
>反発だと思います。
> しかし、ここで反発を感じてしまうことで、自分の中の“恋愛至上主義”
>があぶりだされるという、実はそういう構造になっているんですよね。
>知らず知らずの間に“主義者”になっている部分があるのではないか?
>――そのとおりに考える必要はないけれど、わずかでも各自の“純愛”観を
>振り返ってみるきっかけを提供できたならば、それはそれで「表現として
>成功している」といえるんじゃあないかと私は思うのですよ。
【囚人022さん】

そもそもルロイさんの記事があって、

(カミーユが、)
>>ジェリドのような私怨と憎しみにとらわれたキャラを乗り越えてこそ、
>>ファを抱き締めて終わるラストが綺麗になるんじゃないかなぁと。
>>過去の恨みより未来への愛、みたいなオチで。【ルロイさん】

>個人的には、ルロイさんの俺ゼータラストが、何故新約ラストのままでは
>NGなのか?というところに興味があります。【ねも】
これは、言い換えると
"ねも"的には「新約ラストのままで"も"いいと思えるけど…
何故、ルロイさんは変える必要があると思うんですか?」という事で、

>カミーユxファ(新約のラスト)って伏線が薄いので、あんまりすんなり
>こないんですけど…ファ->カミーユの好意は分かりやいけど、新約のラ
>ストのカミーユ->ファは唐突で遠くの1万円(レコアとかエマとかフォウ)
>より、手持ちの5百円な感じ(カミーユの妥協の産物感)が…するのです
>が…皆さんあんなラストでOKOKなんですかね?(我慢しろ!といわれれ
>ば我慢出来る範囲ですが…)【ねも】

自分的には、『カミーユが「妥協の産物」(手持ちの5百円)としてファを
選択』であっても、『カミーユが、恋愛的な反比例距離を克服して物理的な
距離の近さまで近付きたかった結果としてのファ』であってもどちらでも良
いのです、ただ、どちらの感情が根底にあっても描写の不足感を強く受ける
(カミーユに感情移入し難い)ので、『星の鼓動は愛』のラストで、映画の
主題が「純愛」(もしくは富野監督の忌み嫌っていた作品からの脱却)だか
らといって、その予め用意されていた(「お膳立て」された)結末のエピソ
ード(カミーユは崩壊せずにファと結ばれる)に向かって、(尺の短さの
影響?で)なんの脈絡もなく唐突にファへ向かって愛情を注ぎだすカミーユ
描写は、まるで「デウス・エクス・マキーナ」的ではないか?という事なの
です。

あの様な、作品(とかその先の観客)への「愛情優先主義」ではなく「尺優
先主義」で作られた描写不足なラストでは納得出来ていないという事です。

なので、皆さんは納得出来ているのですか?という事です。

> いぢわるくまぜかいしますよ 私も(笑) その2

誤爆になるかもですが、「その2」です。

富野監督は「30代が恋愛にアップアップしていて、一生シングルかもしれ
ない…」といわれていますが、実際にアップアップしているのは、恋愛
(純愛)もせずにお見合い結婚をしてこの頃になって「経済orコミュニティ
至上主義」は失敗だったとして、(個別には決定的な理由は色々有るで
しょうけれども)離婚している熟年世代の方ではないでしょうか?

そういう様な状況を見ると30代の人達は多少の妥協はしても結婚を決める
要因の上の方にある程度の割合で相手への何らかの愛情が無いと(近「恋
愛至上主義」的でないと)だめなの(日本の都市部等では既にコミュニティ
の強制力が崩壊しているので、最後で踏ん張れない)ではないかなと思って
しまうのではないでしょうか?

富野監督が30代の恋愛にアップアップしている人達に向けて「非恋愛至上
主義」を説かれているのであれば、その先にあるワーストケースとしての
熟年離婚している世代の人達へ向けてもなんらかのメッセージを投げて欲
しいものです。 まぁ、それよりも赤い服を着た30近くの(レやハとの)
恋愛にアップアップしている人をどうにかする方が先なのでは(より良い
メッセージになる)とも思うけど…

「純愛への憧れ」はむしろ韓流ドラマブームな中高年の方じゃあないんで
しょうか?

(そもそも論としては、「30代以外の20代や40代は恋愛にアップアップし
ていないのか?」とか、調査をした上での実数としての、「30代の何パー
セントが恋愛にアップアップして一生シングルかもしれない…なのか?」
とか、富野監督がどこからか伝え聞いた事(出典が明らかでない事象)に
対する思い込み発言(富野監督は不勉強な場合もままあるので)に端を
発している可能性もある訳で、世の中の恋愛事情を「専門」に「科学的」
に研究されている訳でもない人の発言を何処まで受け止めるのか?とか色
々、問題もありますけどね…。)

囚人022さんは、「コミュニティは(そのコミュニティの構成員同士の)
恋愛をもっと素朴に祝福してもいいのではないか」といわれていますが、
コミュニティに幻想を抱きすぎの様におもいます。

現実には「家至上主義」とか「コミュニティ至上主義」だとか
「民族至上主義」「宗教至上主義」だとか色々と「非恋愛至上主義」的な
物が存在します。お隣の中国では、中国国内に住んでいるいわゆる(広義
の)中国人同士が知り合って自由に結婚している訳ではなく、”一般的”
には朝鮮系中国人(等の漢民族に対して少数民族)の人は同じ朝鮮系中国
人(同属の少数民族)の人としか結婚しない(コミュニティから認められ
難い為)という話を朝鮮系中国人の方に聴いた事があります。

現実の「コミュニティ至上主義」は、(一般的に)他のコミュニティ構成
員との婚姻には否定(排他)的ですし、同じコミュニティ内の構成員同士
であっても横恋慕する権力を持った構成員が最悪(カミxファ)相互にい
た場合には、その「恋愛」は抹殺もされる訳です。

その代わりコミュニティに一度祝福(了承)された「(恋愛の有無は関係
ない)結婚」は、コミュニティによる強制力の為、保障される反面、解消
し難いという意味で昔の日本では機能していたのでしょうが、それも今は
昔なので、そう簡単には行かないのではないでしょうか?

> ねもさんへ

気合の入った投稿をありがとうございます。じっくり読ませていただきたいと思います。最初に書いたとおり、この文章の内容については、まだ私の中でも整理がつききらない考えを、あえて記事として投げかけてみることで、何とか思考の澱みを突破してみたいというような趣旨のものですので、異論反論大歓迎です。
ちなみに、その先のルロイさんの投稿に対しては、一つ記事の形で書いてみましたので、そちらも併せてご覧ください。
http://zmock022.blog19.fc2.com/blog-entry-569.html
いくつかのことについては、その記事がねもさんのご意見に対する私の答えになっている面もある気がしますが、そこに留まらない示唆も、今回のコメントの中でいただいていると思いますので、また少し考えてみます。

> いぢわるくまぜかいしますよ 私も(笑) その3

「その3」です。(長々とすみません)

「『星の鼓動は愛』のラスト」を「踏み絵」にして、その反応だけで
「恋愛至上主義者」とそうでない者を正しく判別できるのでしょうか?

そもそも「恋愛至上主義」という物の定義が、良く判らないのですが、
恋愛で「付き合う<->付き合わない」の判断基準、
結婚で「結婚する<->結婚しない」の判断基準で、
一番優先される要素が「恋愛感情(好きか嫌い)」なのが
「恋愛至上主義」であるのならば、私は恋愛至上主義者という
事になるかもしれません。

「認めたくないものだな、30代独身の年齢ゆえの恋愛アップアップ
というものを…」(Z時代のクワトロ風)という事なんでしょうか(笑)?

「恋愛至上主義者」と対称となる者は「非(アンチ)恋愛至上主義者」と
分ければよいのでしょうか? でも「非恋愛至上主義者」というのは漠然と
していて分け方としては不十分な様な気がします。

では、「恋愛至上主義」の対極に有る物はなんなのか?という事に
なると、「資本(経済力)至上主義」でしょうか?
「資本(経済力)至上主義」は、先程の恋愛と結婚の判断基準で
一番優先される要素が「経済力(金が有るか無いか)」で、
極論を言えば愛情も尊敬も無いけど結婚も子作りも出来るという事
なのでしょうか?(お見合いもどちらかといえばこちらに含まれる?)

「美的センス至上主義(性格とか金銭は不問)」とか「好み至上主義
(個人の嗜好優先)」も近「恋愛至上主義」的ですが、美的価値観は
対象の「(美しくない=醜い)老い」によって拘束力が破綻する危険
性を孕んでいる。ただ「美しく老いる(年齢を重ねる)」事が出来れ
ば、拘束力が破綻する事を避ける事が出来る。

他にも「その2」にあげた物もありますが…、

とか、考えていたら、
恋愛で「付き合う<->付き合わない」の判断基準、
結婚で「結婚する<->結婚しない」の判断基準で、
そもそも「恋愛(ワンパラメータ)至上主義」は本当に現在の主流なの
かと思えてきました。判断基準は、「多層構造」的だったり「レーダー
グラフ」的に各パラメータの強弱とそのアンサンブル(和音と言っても
いいのかも)的なのではないか、あえて言うなら現在は、「価値観近似
至上主義」「アイデンティティ尊重至上主義」等、恋愛における価値観も
拡大・拡散してしまっているのではないかという事です。
パラメータの1要素として単純な「恋愛感情(直感的な好き嫌い)」とか
「顔の良し悪し」も含まれるでしょうが、これなら、「恋愛(直感的な
好き嫌いワンパラメータ)至上主義」観点で傍から見ているだけでは、

>富 確かに、「恋愛感情のない結婚なんて気持ち悪いじゃん」ってい
>う言い方もあるでしょうね。だけど、それはよほどいい巡り合わせが
>あったからフォーリン・ラブになれるんであって、なかなかそうはい
>かないでしょう? 100組のカップルがいて、80~90組ぐらいまでは、
>「まあ、こんなもんだ」と思って結婚したという人のほうが多いんじゃ
>ないのかな?
>矢 うわっ、監督、痛いところ突いてきますねぇ~(笑)。

でしょうけど、当事者にとっては、最大の動機付けが出来ているので、
100組中幾らかは(直感的な好き嫌い)フォーリン・ラブではないけれども
「まあ、こんなもんだ」とは思わずに(相手の才能や個性へのアンサン
ブル的なという意味で)フォーリン・ラブで結婚しているのではないで
しょうか?

富野監督が、「非恋愛至上主義者」を実践(今の奥さんとの交際~結婚)
されているのなら、「非恋愛至上主義」のすすめも理解出来ますが、富野
監督は「恋愛至上主義」で交際、結婚されたのではないでしょうか?
奥さんが凄い方なので、まぁ、そのあたりが普遍的な恋愛でなかったから、
富野監督の「純愛」感は、普通の人の「純愛」感ではない訳で…
実践されていない人の理論程、説得力に欠けるものはありません。

カミーユは元々ファに対して明らかに恋愛感情を抱いていた事は疑い
無いと思うのですが、ファの採った初期の(カミーユへの)恋愛戦略
(幼稚園児的恋愛成就戦略)によって(中略)膠着状態になっていた
カミーユのファへの恋愛感情が大きく動いたのが「『星の鼓動は愛』の
ラスト」であったと思っています。

ちなみに、ファは、カミーユの「幼馴染」ではなくて正しくは中学生位
からのおとなりさん同士です。グリーン・ノア1のTitans拠点化による
ビダン家の地球からの引越しによってお隣さん関係は始まっている為。
その期間も大戦後7年以内でMk-IIの開発スタート時期、カミーユ達の年
齢から逆算すれば自明。

>特にゲームの「フラグ立て」みたいな描写は入らないと思っちゃいます。
>強いて言うなら、3部作を見てりゃ、そんなに描写不足とも思えない。
【のりのりさん】

安っぽいベタな「フラグ立て」的描写が必要と言っているのではなくて、
旧約を見なかった(Zの予備知識を知らない)人に、新約をいきなり見せ
てラストの(カミーユ->ファの気持ちの)流れが自然な物として伝わるか?
という事です。
1stの「めぐりあい」のラストで、一見、仲間のもとに戻る風を装い、
良く見るとアムロがセイラの広げた腕の中をめがけて飛び込んでいったと
いう様な描写とか…をやれば良かったのに…。
(『めぐりあい』と『星の鼓動は愛』、本質は変わっていないと言う事で
すかね?)

『星の鼓動は愛』のラストは、「ファのカミーユへの絶対妄信的な強力な
想い(=幼稚園児的恋愛成就戦略を採った場合に必要な成功要素の一つ)
(恋愛至上主義=純愛でもある)が、TV版(旧約~ZZ)よりも早く成就
(カミーユのファへの想いを浮き彫り(恋愛至上主義)に)させたのだと
思うので、ラストのエピソードそれ自体としては、カミxファ的にあの様
な所に落ち着けたのはbestといっても良いとおもっています。

で、ここまでが『富野監督と「純愛」の話 その3』位までですかね…。

改行を修正してみましたm(__)m
見やすくなりましたでしょうか?

> 端からすみません。

ねもさん、変な所で改行をされているので「とっても読み難い」為、読み飛ばしてしまいました。

「変な改行」はしないでいただけますか?

> えーと、

>スカルさん
こういう癖のある方はおられます。(たぶんご自分のPCでは小さなフォントで見ておられるのではないかと。)
「まとめてコピー→新規テキスト文書を作って、そこへペースト」すると、見やすいですよ。

> 一言のみ

>ファのカミーユへの絶対妄信的な強力な
想い(=幼稚園児的恋愛成就戦略を採った場合に必要な成功要素の一つ)
あー。
私はそんな風には見てないんだ、きっと。
単にあれはハイになってるだけじゃないですか、カミーユ?

> 見やすくなりました!

ただ、私は「新訳Ζにおける恋愛観」というのはそもそも考えていなかったので、正直ピンと来ないと言うか・・・。

ファにしてみれば、グリーンノアから身一つで脱出し、寄る辺なき身の上。何のかんのと言って、ずーっとくっついてきたカミーユが最後の戦いで無事だったんだから、抱きついてもいいとは思うんですけどねえ・・・。まあ、女の子の気持ちはわからないんで、違うって言われりゃそうなのかも知れないけど。

(゜ペ;)ウーン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/566-74329ce3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。