スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末機関説 いろはにほへと 第2話 

[2006/10/15] | 感想系 | トラックバック(2) | コメント(1) | TOP ▲

 「男が男として生き、その命と信念を一振りの刀にかけて闘った最後の時代、幕末――。」
 いまさらですが、かっこいいですねぇ、この作品は!
 もう第2話配信開始、ということで。このごろすっかりGyao漬けですよ。まったくどうしましょ。(笑)

(まだ観れます。第1話「凶星奔る」は10月20日正午まで。第2話「地割剣嗤う」は10月27日まで。毎週金曜日の更新なんですね…。)

 秋月は坂本竜馬を守りきれなかった男、か。いいなぁ、影を背負った主人公。しかし、本当に謎が多い話だ。しかし、そこがいいですね。
 おいおい、黒幕(?)はグラバー提督かい?いろんな人が出てくる話だなぁ。
 「?」が多くてわけ分からなくても、どんどん話が展開していくからちっとも気になりませんて。いやぁ、24分が早い早い。
 赫乃丈一座のあだ討ちのからくりも分かりましたぞ!
 敵の必殺技を封じるアイデアもいい。あだ討ちの口上は芝居仕立てなんだねぇ…。
 しかし蒼鉄さんの存在がさらに謎だし。「あの男が本当に背負っているさだめは、そんなものでは…」と秋月にも含みを持たせるし。
 仇も結局、黒幕の差し向けた狙撃者にやられたんだかなんだかよく分からなかったけど。一座のあだ討ちはこれで終わりじゃなくて、次第に黒幕へ向かっていくんだろう。

 面白かったです、第2話!
 第1話ではちょっと違和感あったんだけど、これは久しぶりに、けっこう夢中になって見ることが出来るアニメかも。
 アニメも芝居なんだって!



| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/550-439d200d

レビュー・評価:幕末機関説 いろはにほへと/第二話 「地割剣嗤う」

品質評価 38 / 萌え評価 14 / 燃え評価 14 / ギャグ評価 4 / シリアス評価 50 / お色気評価 2 / 総合評価 21レビュー数 42 件 炎上した闇のオークション会場内にて、仇敵・針尾玄藩を取り逃がしてしまった赫乃丈一座であったが、針尾が長岡藩士・河井継之助の護衛役を担...

幕末機関説 いろはにほへと 第2話

第2話「地割剣嗤う」一座の仇、針尾玄藩。彼の獲物、地割剣は鎧武者を下から上へ一刀両断してしまう代物だった!斬られる! 斬られたかも? 斬られたよな? うん、斬られた! *o_ _)oバタ!斬られた感がジワリジワリとやってくるからジワリ剣! ヾ(ーー )違うだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。