スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大魔神』 『大魔神逆襲』 

[2006/10/13] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 シリーズ第2作『大魔神怒る』を観たという記事を昨日書きましたが、つい勢いで、第1作『大魔神』と第3作『大魔神逆襲』も観てしまいました。寝不足であります…。

大魔神 大魔神
高田美和 (2001/12/05)
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

大魔神逆襲 大魔神逆襲
二宮秀樹 (2001/12/05)
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

 いちおうDVD紹介のページにリンクを貼りましたが、実際観たのはGyaoのネット放映でした。シリーズ3作品とも11月5日まで、無料で放映されています。
 すごいなぁと思うのは、3作品とも制作年は1966年なのですよね。映画が娯楽の王様だった時代っていうのは制作ペースもすごかったんでしょうか?
 「脚本:吉田哲郎 造形:高山良策 音楽:伊福部昭」この部分は3つとも共通しているのですが、『大魔神』は安田公義、『大魔神怒る』は三隅研次、『大魔神逆襲』は森一生…と、監督はすべて別の人が担当。そのためもあるんでしょうか?戦国時代を舞台にした時代劇というのは共通していても、物語から受ける感じは三者三様でした。(3作品はそれぞれまったく連続性のない独立したエピソードです。)
 観た順番も影響してるのかもしれませんけど、私の好きな順番で言うと、『~怒る』>『大魔神』>『大魔神逆襲』、こんな感じでした。
 前の『~怒る』でも書きましたけど、とにかく善良な人たちが神を敬いながら暮らしているところへ、その平和を破ってとにかく悪い人たち(笑)がやってきて、暴虐の限り、という基本構成は共通しています。善人たちががんばってもがんばっても報われず、いよいよ訪れる最大のピンチ!それでも神を信じてささげる真摯な祈りに応えて、ついに大魔神が動き出す!…までの「時代劇」の長いこと!!(笑)
 好きな順番というのは、だからそこまでの物語の面白さの違いということになります。
 第1作『大魔神』は、こういう昔の作品で言うのもなんですが、ヒロインのお姫様は個人的に一番タイプでした。(笑) 有名(?)な額にタガネ(あれ、クイかと思ってましたけど、一応劇中の設定としてはタガネでした。)を打ち込まれる大魔神様はこの作品だけでしたね。
大魔神

 絵的には、この元祖『大魔神』が、三作品の中で一番美しいと私には思われました。
 ただ第2作『~怒る』のほうが、ストーリー的に娯楽的な要素が強かったという気がするのは、第1作は善人チームは終始これでもかとやられっぱなしなので、ちょっと観ていてつらかったんです。(第2作ではけっこう善人チームもがんばってるので。)
 第3作『~逆襲』は、一転して子どもたちが活躍する冒険活劇で、今までの美男美女が主役の大人向けから路線転換(?)したような印象もあります。あー、でも第3作も山岳の風景はきれいな絵がたくさんありました。(あれは立山あたりで取材したのかなぁ?)でも子ども向けを目指した(?)にしてはやっぱり話としては重さがあって、ちょっと痛々しかったような印象が。第3作の大魔神様ははじめて剣を抜くんですが、あれは抜かないほうがかっこいいような気もしました。
 1966年の特撮作品というと、東宝のゴジラシリーズは第7作『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』で、徐々にだれてきたところでしょうか。テレビではウルトラシリーズの『ウルトラQ』から『ウルトラマン』が誕生した記念すべき年。
 『大魔神』は大映の作品なんですけど、ガメラシリーズは前年の1965年から始まっていて、大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス(1967年)から「子供に優しい正義の怪獣」路線になっていっています。
 短期間に集中的に制作されて終わった『大魔神』シリーズっていうのは、どういう狙いで制作された作品だったんでしょうかね?
 今にして観てしまうと、「特撮時代劇」っていう路線はSF的な超兵器とかも出しようがないし、子ども向けに路線変更が進む時代の中で大ブレークするには難しかったんでしょうけど、ドラマとしては逆に古びて見えなくて、面白いんですけどね~。



| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

> 子ども向け特撮時代劇

子供向け特撮時代劇の王者は「仮面の忍者赤影」ではないでしょうか。TVから映画が生まれたパターンです。これも70年ころではないかと思いますけど。もっとも、映画はどれだけ作られたかはわかりませんけれど。

劇場では紙でできた赤影の仮面が配られまして、スクリーンにマークが出たときにそれを目にあてるんですよ。それが3Dめがねになってるんです。赤と青のセロファンのはってあるやつ。赤影やら怪獣やらが飛び出してくるらしいんですけど、それほどでも(笑)。

テレビでは「怪傑!ライオン丸」シリーズや「変身忍者嵐!」なんてのがあったと思います。これは特撮だけど、ちょっと違う。

> 未来の特撮の事に付いて。

森早苗さんが高校3年生になった時、平和に暮らす子パンダちゃん達と赤ちゃんパンダちゃん達の前に平和を破る酷い奴が現れて、その赤ちゃんパンダちゃん達とその子パンダちゃん達が赤ちゃんパンダちゃんと子パンダちゃんを守ってくれる神様パンダさんにお祈りをして、その神様パンダさんが平和を破る酷い奴を懲らしめる特撮映画と森早苗さんが23歳になった時、セクシーな変身美女の特撮映画を是非、映画化して欲しいし。それから、森早苗さんとそっくりなセクシーな変身美女が主役の特撮の映画化も有ったらいいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/548-99a327f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。