『未来少年コナン』やっぱり終盤は最高です! 

[2006/09/18] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 来週忙しいので、未来少年コナンをあわてて見ました。Yahoo動画での配信が終わっても、Gyaoで順次やるみたいなので、本当はあせらなくてもいいはずなんですけど、なんとなくね。(笑)

未来少年コナン 6 未来少年コナン 6
アレクサンダー・ケイ、 他 (2001/10/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

第19話 「大津波」
第20話 「再びインダストリアへ」
第21話 「地下の住民たち」
第22話 「救出」

未来少年コナン 7 未来少年コナン 7
アレクサンダー・ケイ、 他 (2001/10/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

第23話 「太陽塔」
第24話 「ギガント」
第25話 「インダストリアの最期」
第26話 「大団円」

 コナンが再びインダストリアに行く、終盤の展開は、何度見ても面白すぎ。(しかも凄いしり上がり!)ハイハーバー篇のうっとうしさを吹き飛ばして、お釣りがいっぱい来ました。やっぱりこのテンポで話が進んでくれないと!
 ここで一番気持ちよくさせられてしまうのには、モンスリーの改心が大きく影響してるんでしょうかね。名台詞「馬鹿ねぇ!」を聞くと、何度見ても、思わず顔がにやけてしまうんですよね。(笑)
 それに「まったく、あんたって子は!」という彼女の感嘆が、ここまで見てきたこっちの気分とぴったりで。思わず「ホントだわ…」と相槌を打ってしまったりとか。一話目からコナンの超人っぷりは発揮されてるわけですけど、もうこの辺まできたら怖いものなしですね。もう慣れたよと思いながら、さらにそれを上回る無茶してくれちゃって、ある意味、表現のインフレなんだけど、心地よいから許せちゃうんだなぁ。(微妙なところなんですけどね。最近のアニメファンには許せない表現かもしれないんですが、その“怪物”級のパワーだけで物語を動かしてるわけでもないので、はっきり意識して“アニメならではの面白さ”を見せるために用いられている描写なわけです。)
 切通理作『宮崎駿の“世界”』によれば、宮崎監督は途中から、冷徹無比なモンスリー像に耐えられなくなって、相当の思い入れを込めて彼女を描いたんだとか。確かにね、序盤でのモンスリーが、最後あんな可愛い女になるってのは、まったく予想外なんだろうけど、その予定からのはずれ具合が実によかったわけで、だからテレビシリーズは面白いんですよね。
 この作品はどうしても、なかなか批評的に見ることができない作品です。私にとっては最高の“漫画映画”ですね。ただ、もしモンスリーがいなかったら(ああいう描き方をされていなかったら)、あまりに悩むことなく信じたこと思ったことを一直線に突き進むキャラクターばかりで、話が薄くなってしまった可能性はあったと思います。突っ走っているテレビシリーズの中で、宮崎さんがそれを発見できたことは重要だったんじゃないでしょうか。(それは計算ではなくて、やっぱりコナンみたいな野性のカンのような気はしますけどね。)

 『大団円』…凄いそのまんまのタイトル。しかし予想以上の大ハッピーエンドですからね。何度も見て知ってるけど、この軽快なテンポと展開は胸がすく思いがします。そして出発点であるのこされ島に戻ってくる。うまいですよねー!
 こういう明快な話っていうのは、どうしたって今のアニメ界からは生まれてきそうもない。この良さは、テレビシリーズならではの良さというのもあったなぁというのが今回見てみた感想です。
 これぞアニメ史に残る大傑作だと思うのに、今ひとつ世間の認知度が高くないのは、これがジブリブランドではないということとか、それにもうひとつは、やっぱり“映画”じゃないと駄目なのかなぁ…などと残念に感じてみたりします。



| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

> コナンの使命

コナンは確かに楽しいし、夢中になって見ました。けれど、あえて苦言を呈すれば「コナンもラナも超人的過ぎる。あんな大人を超越したキャラクターは子供どころか、人間ではない」という点でしょうか。

僕の友人の言葉ですが「宮崎駿のエロスというのは、超人的なキャラクターと同化して、自らも超人格になりたいという点にある」というものです。子供は一気に大人になるべきであり、思春期などないほうがいいという氏のスタンスは、青春どころか幼年期をも卒業できない人のテキストになれません。その時点で、コナンの使命はもう終わったというのが、僕の個人的な見解です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/513-1337a343