『星を継ぐ者』/『恋人たち』/『星の鼓動は愛』 

[2006/09/12] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 貧乏性の私がせっかくDVDを購入したので、いつか三部作を一気にみてやろうと思っていましたが、ようやく実現できました。95分+98分+99分のロングラン!劇場で見るのと同等に集中したかったので、絶対に邪魔が入らない一人の時間を確保。飲み物、食べ物まで完璧に準備した上で、トイレ休憩も各話の入れ替え時に限定して臨みました。(笑)

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
安彦良和、大河原邦男 他 (2005/10/28)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

機動戦士ZガンダムII -恋人たち- 機動戦士ZガンダムII -恋人たち-
安彦良和 (2006/02/24)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-
安彦良和、大河原邦男 他 (2006/08/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

 一気に見て、間違いなく一番よかったと思えるのは、新訳の世界に没入できるので、テレビ版の記憶が邪魔にならない点です。通しで見てみて、情感は一本で通っていると実感できました。これはやっぱり断じてツギハギ映画なんかではありません。
 ただ、正直に言って、これだけの長時間、画面に集中し続けるというのは気力・体力ともにキツイ…。さすがに第二部終わりから第三部初めぐらいは、ちょっと集中力が切れそうになりました。
 けど、『星を継ぐ者』のイントロから『星の鼓動は愛』のエンディングまで、きれいに呼応して物語の輪が閉じていくのを見るのは、すごく心地いいカタルシスです。このストーリーは、シャアに始まってシャアに終わるという言い方も出来ますけど、その出会いから始まったもろもろの出来事を通じてカミーユという少年が、(決してシャアに教えられたものではない)自分自身のものの見方、考え方を獲得していった、そういう物語だったと改めて思えました。
 劇場では遠慮してなかなか出来ないことなんですが、“声を立てて笑う”という場面が、特に(ちょっと意外な感じでしたが)第二部『恋人たち』で何ヶ所もあって、それは人間味のある“小芝居”のいくつかなんですけど、なるほどエンターテイメントになっていると実感。(今回は一部から一気に見ているから、こっちもキャラクターに情が入っているので、それで成立する面もあるのかな、と思わなくもありませんでしたが。)
 とにかく没入して見てましたので、細かなディティールについて云々ということは、今回は何も言えないんですけど、各キャラクターの情、とりわけ主人公カミーユの情の流れというのが、想像以上に丁寧に、描かれていたのを発見したような気がします。ほか、「意外にそうか!」と思えたのは、特にサラであったり、細かいところでエマさんだったり、レコアさんだったりといったところでしょうか。

 三部作を通しで見たことで、『恋人たち』の印象が、単篇で見ていたときよりも格段に良くなりました。これは予想できたことでしたが、予想以上でした。それから、第一部から丁寧に見ていけば、(思った以上に)初めて見た人にも分かりやすい描き方がちゃんとされているという気がしました。

 これを劇場で見なかった人は、やっぱり損したんじゃないかと私は思います。せっかく見るんであれば、劇場というのは集中して見ることが出来るいい設備だということをしみじみと。(笑)
 今から見るという人は、やむなくDVDで見るしかないわけでしょうけど、これは集中して見ないと面白さの半分も分からないかもしれないですから、一回は無心に話に没入してご覧になられることを強くオススメしておきます。(最近は、これってけっこう難しいんですよね、ついつい話のネタ探しをしてしまいがち。けど、それだけじゃ損だということ。)で、鉄は熱いうちに打て、ということで、なるべく三部作を短期間で見るのが一番だと思います。(第三部だけ見ようなんて論外!)

 本当は、この作品は、『∀ガンダム』(日替わりで第一部/第二部を上映)みたいな短期間で完結までを見られる公開方式だったら、もっと評価が違ったような気がします。(興行的には、ある程度の期間、話題を引っぱりたかったりするでしょうし、評価と興行成績は必ずしも一致しなかったでしょうけどね。)

 うん、とにかく自分的には通しで見て、あらためて納得できたし、これまで以上に新訳三部作を評価できる気がしたので良かった。(何がどう、ということをちっとも言っていないので、皆さんには何のことやらだったら申し訳ないです。 笑)
関連記事

コメント

> 新訳Zは

なんか観易いですよね。アマ○ンなどの評を見るとかなり評価が低いとも思われますが、観れば観るほど味がでる感じです。特に「恋人たち」におけるレコアの苦笑いに何故かドキドキしています。

> DVDはどうしよう

いいですねー。僕も全部劇場に観に行きました。第一部は三回も。
内容云々以前に、劇場で新作ガンダム(富野作品)が見られるってだけで楽しいものなんですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/506-e5920a40