装甲騎兵ボトムズ 第11話・第12話 

[2006/09/10] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(2) | TOP ▲

 Gyaoで見ております。
 第11話「逆襲」、第12話「絆」は9月15日正午まで放映中。ボトムズの中でも、かなり“おいしい”ところだと思いますので、オススメです。

 
装甲騎兵ボトムズ VOL.3 装甲騎兵ボトムズ VOL.3
アニメ:装甲騎兵ボトムズ (2006/10/27)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

 これだけの名作なのに、今までDVD化されていなかったんですね。[* 追記参照] (ファーストガンダムとかでもそうか。)
 10月27日発売予定で、予約受付中だそうであります。マニアにはたまらないというところでしょうか。

 『未来少年コナン』とかを見ていても思うんですが、昔のアニメを見ると感心するのは、毎回冒頭に、最低限の世界観とここまでの流れを解説するようなナレーションパートがあって、ある程度はどこからでも物語に入っていけるようになっているんですよね。長期間にわたって作り手と受け手が繋がりあう、テレビシリーズという性質を考えると、こういう姿勢というのは案外大事だったんじゃないかと感じます。
 ボトムズを見直してみて思うのは、シンプルに骨太なストーリーに、巧みにミステリー仕立てな構成がうまいなぁと。だけど全52話(4クール)も続いたんでしたっけ。中盤から後半は、あの手この手で趣を変えてくるわけなんですが、はじめて「フィアナ!」と呼びかける、このあたりの話は、私としては一番好感を持てます。
 ミステリアスな展開なので、シンプルというのは合わないと思われるかもしれないですけど、欲張りすぎてないんだと思うんですよ。
 絵は時代を考えても、それほど良質とは思えません。この後のレイズナーとかと比べると、この時期の技術向上というのは凄いな、と逆に感心。ATも当時として主役メカとは思えないような斬新さはあったかもしれないですけど、そこまで重厚に描けているわけではないような気が。(というより、周囲のサブメカにあまり力が入ってない感じがちょっと残念かな。)
 なので、リアルっぽいミリタリー風味で高い評価を得ているかのように言われますけど、本質は人間ドラマにあるんじゃないかと。 

 トミノスキーの私の目から見ると、これ、いい話なんだけど、少しじれったいんです。

 鉄の騎兵が走る、跳ぶ、吼える。機銃が唸り、ミサイルが弾ける。鉄の腕が秘密の扉をこじ開ける。炎の向こうに待ち受ける、ゆらめく影は何だ。いま、解きあかされる、小惑星リドの謀略。いま、その正体を見せる素体の謎。
 次回「逆襲」。キリコ、牙城を撃て。


 百年戦争とリド、素体、キリコ、ウド、パーフェクトソルジャー。縺れた糸を縫って、神の手になる運命のシャトルが飛び交う。アストラギウス銀河に織りなされる、神の企んだ紋様は何。巨大なタピスタリーに描かれた壮大なるドラマ。その時、キリコは叫んだ。フィアナ!と。
 次回「絆」。いよいよキャスティング完了。

 “味”が本っ当~にいいんでね、見てるとつい浸っちゃうんですけど、話がなかなか前に進まないんで。そこだけが苦手なところ。

 そういう意味で、この二話は最初の大きなキーになったポイント。この作品の場合は、全話をくまなく見回さないでも、(もちろん好きで好きでたまらない人は、どの小エピソードも捨てがたいんでありましょうが、)こういう節目節目を断片で見ても、結構楽しめるところがいいところです。(そこが私には、わずかに「食い足りない」ように思われるところでもあるんですけどね。)



| ランキングオンライン |
[* 追記]
…と思ったら、DVDボックスはもう売ってるんだそうです。
(子犬さん、コメントありがとうございました。もう持っておられるとはさすが!)
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(1) | コメント(2)

[tag] ボトムズ fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> リアルタイムで見ていました

「アムロと違う」。これがとても大きかったです。生死の境目以外では全く焦ることがなく、常に冷静で、切れることはない。僕が待ち望んでいたヒーローの姿でした。

作画自体は粗いのですが、話はもちろんATに仕込まれた「仕掛け」も魅力です。腕に仕込まれた火薬を炸裂させて超接近戦で使う「アームパンチ」、鋼鉄の杭を地面に打ち込んで瞬時に向きを変える「ターンピック」など、ガンダムが鎧武者なのに比べるとアイデアだけなら完全に「兵器」としてのリアリズムが強いからです。でも高橋作品は兵器のためのドラマではなくあくまでも「人間」のために筋書きがあるので安心して考え事ができる点が気に入っています。

富野さんの作品は”トミノ語”が多く「この人は思想家で詩人だから」と注釈をつけて人に見せる配慮が必要になりますが、高橋さんは根っからの脚本屋なので前置きなしに人に勧められるところをひいきにしています。

>

>これだけの名作なのに、今までDVD化されていなかったんですね。

ん?DVD-BOXは出てますよ。
私もようやく28話まで見終わったところ。
早く見ないと追い越されそう・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/504-addcd9e5

装甲騎兵ボトムズ 第12話「絆」 [アニメーション]

脚本:鳥海尽三 絵コンテ:吉田 浩 演出:知吹愛弓 川端蓮司 作画監督:神宮...