スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい1stガンダム 

[2006/09/06] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 今日はまた、ネットで目にとまったサイトをご紹介します。

ユダとガンダム

 千年の風に吹かれてさんのリンクにあったので、∀ガンダムの記事があるのではと訪問してみました。あるなんてもんじゃありません。∀だけでなく、ガンダムシリーズを一話ずつ総なめにしていく野望を抱いておられるのか?地道に一話ずつ、あらすじと感想を書いておられます。

0080(6)
ターンA(50)
08MS小隊(12)
Vガンダム(51)
SEED(50)

 ここまでで制覇された作品はこういう感じですね。すばらしい持続に感嘆します。
 この方の感想はとても素直なものです。私のようにひねたところがないのがいい。Vガンの感想などは、「ごく普通に見るとそういう感じなのかな」と、大変参考になりました。
 関心の趣いた順に見ておられるのか、分かりませんが、最近連載が始まったのが「1stガンダム」。

ブライトがガンダムを操縦しているアムロに向かって「なぜそこにいる?」。それはないだろ?腹が立ちましたね 。カイに張り手をするセイラ「そんな不良みたいな口の聞き方、おやめなさい」なんちゅー小生意気な女と思いました。 で、この第2話でいきなりシャアとセイラが対面しました。兄妹の対面がこんなに早くてよいのか?宇宙服で逃げるシャアをビームライフルで狙うアムロ「撃つぞ・・・撃つぞ・・・撃つぞ!」んーリアルでよろしい。艦長「赤い彗星のシャアだ・・・逃げろ!」 これも素直な反応でよろしい。ブライト「あまったれるな!ガンダムをまかされたからには、きさまはパイロットだ!」これにも超むかつきました。以来ブライトは嫌いだな。この2話ではホワイトベースの乗組員たちの微妙な人間関係がわかったのでおもしろかった。
ユダとガンダム: 1stガンダム:第2話:ガンダム破壊命令

 若い方で、ファーストも始めてご覧になったんでしょうかね?なるほどなぁって…。そう、ファーストガンダムなどは、もうほとんど台詞を暗記するぐらい覚えてる気がしてたんですが、逆に結末まで知っちゃっているから、物語の最初のほうがこういう荒みきった人間関係で始まったんだってことを(理屈で覚えていても)実感として忘れちゃっていたり、適当に脳内補完して見てたりするのかもしれないですね。
 大きな戦記物語だけではなく、人と人の関係が少しずつ築かれていく、そういう細やかさがあの作品の魅力だったんだな、と思い出しました。(そういう部分をとても濃密に見せてくれたのは、富野監督の近作ではブレンパワードでしょうか。)

 昨日紹介したpsb1981さんの日記でもそうですが、とにかく作品を丁寧に見ようとしている人には頭が下がります。私などは、ついつい難しい言葉を消化不良で使ってしまったりするのですが、こういうブログを読ませていただくと、もっと自分の目で見て感じたことを、自分の言葉で語るようにしなければならないなぁと反省されるのでした。



| ランキングオンライン |
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/492-d20e3715

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。