スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士Vガンダム 第13巻(最終巻) 

[2006/08/27] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

機動戦士Vガンダム 13<最終巻> 機動戦士Vガンダム 13<最終巻>
サンライズ、逢坂浩司 他 (2004/02/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

第49話 天使の輪の上で
第50話 憎しみが呼ぶ対決
第51話 天使たちの昇天

 ついに最後まで見ました。この作品は、はるかに記憶が薄れたら、後半からもう一度見直してみたいような気がします。特に第12巻はVガンダムでの発動篇とでも言えるような密度がありました。最終巻も引き続きよかったんですが、前半を含めた全編を結ぶための苦しさも感じました。(しかし、この印象が薄れる日が来るんだろうか?)

 以下ネタバレが多数あります。未見の方に言うとすれば、Vガンダムという作品は、ブレンパワードや∀ガンダムを見てから接すると、たぶん印象がぜんぜん違うと思うので、そちらをまず見たほうがいいと思います。それらをある程度咀嚼した上で、「どうしても」と感じたときに、覚悟して見るべきような作品ではないかというのが、私の感想です。

以下、終盤の内容への言及があります。


 第12巻のほうからの話になりますが、「優しい普通の人」「闘争本能」「哀しみと嫌悪」といったキーワードが、エンジェルハイロゥを用いてマリアの仕掛けてくる幻想と闘うウッソの場面で、特に印象に残りました。

昂ぶる心のままにおのれの身を任せるものは、そこへ堕ちよ!狩猟時代の本能が忘れられない、哀しい性が消えないなら、地で血を洗う生き方の中に身を沈めましょう。動物としては悪ではないのですから。(マリア)

 この精神的な戦いは凄かった。ファーストガンダムで言ったら『光る宇宙』のようなものとさえ、私には思われましたよ。「そのものの心をそのものに投げ返し、情に溺れさせるのです」という女王マリアは、本当に怖いと思いました。
 これにウッソがかろうじて打ち勝つことが出来たのは何故だったのでしょう。一瞬、「光の翼の歌」が聞こえ、「私が昔、シャクティに歌ってあげた歌が、聞こえた気がした」とマリアはつぶやきました。マリアはウッソに負けたのではなく、自分自身に負けたのではなかったでしょうか。
 この戦いをどう捉えるかは難しい!時間をかけてゆっくり考えてみたいと思います。

 物語の収束に向かう中にも、そのヒントは散りばめられていると思うのですが、「平和を願う究極の姿は赤子であろうが!」とカガチが叫ぶのは一面の真理であり、大人の邪念と情念によって、誰もが「優しい普通の人」でもありながら、それぞれの迷いが戦いを続けさせます。
 …富野アニメのエッセンスを惜しげもなく集中させたようなモチーフが、このあたりの話数に凝縮して見られますが、ここでのテーマはイデオンを直に連想させます。しかし、この物語ではイデは発動せず、「今こそ子どもたちの慈悲が必要」というマリアが、シャクティと最後に交わした言葉は、「あなたが人類を在るべき姿に導いてください」でした。
 カガチと対峙したウッソは「生きものは親を超えるものです」「親は子を産んで死んでいくものです」と叫びますが、それはうぬぼれだとカガチは言う。けれど「僕らが出来なければ、次の世代が!」と返すウッソ。マーベットの胎内に宿った生命を感じることが、この少年をこれほど強くしているのでしょうか。(ブレンパワードで出てきた“世代を重ねることの意味”(*1)という言葉の答えをここで見出すとは思っていませんでした!)
 「泣いて大人になるなんて、哀しすぎるじゃないですか」という彼は、それでも未来を信じようとしている。それは確かに子どもの特権であるかもしれないですよね。成功したか否かは別として、このVガンダムを“子ども向け”(*2)に描こうとした富野監督の、深層心理をそこに見ようとするのはうがちすぎでしょうか。

 それにしても、この物語は、母性を賛美する反面で、それ以外の女性性と父性を否定しますね。ここまでやったら、作品の出来とは別の次元で、反発は当然あるだろうなとも思います。
 「今後も君の活躍を期待しているよ」とウッソを突き放す父は、私の目から見ても不思議です。特攻するジャンヌ・ダルクの艦橋から、すばしこく姿を消していた彼は、やはり危険な“戦争マニア”なのでしょうね(*3)。それが見えてしまったウッソが「鈍感とか、戦争マニアに育ててくれたほうが、楽でした」と嘆く気持ちはよく分かります。ガンダムという作品を作るということは、戦争マニアの価値観と闘うことなのかもしれないですね。モビルスーツはあくまで“道具”なんだということを繰り返して強調して見せたの(*4)も、一見では戦争マニアなファンへのサービスに見えて、実は違うんだろうなと思いました。

 噂に名高い(?)女戦士の肉弾戦も、前後を踏まえて見れば、思ったほど違和感ありませんでした。(嫌悪感は当然ありますが、それは作者の狙いの中にあることですよね。)カテジナさんは、こういう策を考える人であり、「絶対に勝てる」という読みもかなり正しかったと思うんです。「…オリファーさんがいるんだ。新しい生命の中に」という、あの体験がなかったら、ウッソはあそこで敗れていたんじゃないでしょうか。 

 いかにも、このVガンダムという作品らしいなぁと思うのは、ようやくエンジェル・ハイロゥのキールームにたどり着いて、シャクティを助け出したウッソ。…普通の作品であり、作者であれば、この場面で『大団円』に持ち込む展開をいくらでも書けるというのに、ここで終わらずに、それぞれの人物の結末を描ききらずにはいられないというところが、なんとも独特な部分なのではないかと感じました。
 誰もがシャアの再来を期待するであろうポジションにいたクロノクル・アシャーは、「優しさに包まれた深い悪意」であり、ウッソともども「二人の優しさがお互いを敵に」したに過ぎない。「生きることは厳しいこと」なのだと。…それをエンジェル・ハイロゥのシャクティの視座から言わせるから、対するカテジナさんは「巨人の星」的な劇画表現化までも、してみせてしまう。結局、本当の闘いは、“シャクティ対カテジナ”に象徴されるものであったんでしょうか。

 「祈りでは、人の業を消すことは出来ないのでしょうか?」
 このシャクティの嘆きは、『逆襲のシャア』の結末の否定でもあるような気がしました。とても無残なまでの自己否定。こういうことをやったから鬱になるわけです。

 戦後のカサレリア。シャクティはまた川で洗濯をしています。「洗濯」というモチーフが富野監督は好きですね。いつも何かを洗い流したい思いがそうさせるんでしょうか。
 盲目になったカテジナさんが郷里へ帰ろうと通りがかり、シャクティと言葉を交わします。この場面、シャクティは相手がカテジナさんだと気付かなかったの?と思わせるような描写に一瞬戸惑いますが、「道に迷った旅人」だったと言ったシャクティの目に浮かぶ涙を見て、思わずはっとしました。
 私たちは皆、道に迷った盲目の旅人のようなものかもしれないですね。

 長い感想になってしまいましたが、この物語が「戦い続ける、孤独なまでに一人」(前期エンディングテーマ『WINNERS FOREVER -勝利者よ-』 )で終わるのではなく、「再び君に出会えたなら、その瞳を孤独にさせはしない」(後期エンディングテーマ『もう一度TENDERNESS』)で終わってくれて、本当に嬉しかったです。
 この作品は、全編にわたって千住明の楽曲に救われた面もかなり多くあったように思います。「光の翼の歌」は、本当は、『ひなげしの旅のむこうに』と言うのですね。

旅のゆくえの ゆらめく闇に
希望をきざむ人の切ない思いを
ひなげしの色で紡ぎ合わせ
道にしよう

星の向こうに 未来があると
若者達は夢のつばさを広げて
ひなげしの花を散らしながら
旅立っていく

 いい曲です。作曲は千住明。監督自身の作詞ですね。
*1)
 子どもの防衛本能は、エゴではない。富野監督のこの考え方が、私も不思議だったし、これまで多くの人に「おかしい」と指摘されてきた矛盾だと思うのですが、未来を信じようとするならば、世代を重ねることの意味を考えねばならない。それもひとつの我執であるかもしれないけれど、「小さな魂しか持てない人間の、その小さな我執」に対すには、少なくとも、より大きな魂の問題ではあるような気がします。
*2)
 Vガンダムを子ども向けに描こうとした痕跡というのは、そこかしこにあって、シャクティが『未来少年コナン』のラナちゃんになぞらえられるのはもちろん、「頭で考えるより、体が先に反応する」ことを不自然なぐらい強調されていたウッソもそう。最初いやなヤツに思えたのに、いつの間にか大切な相棒になっていたオデロは、すごくジムシーっぽい(と、私は思った)。これでいくと、カテジナさんは裏返しの裏切りを演じるモンスリーなのかとか、じゃあ間抜けなクロノクルはダイスかよ…まで行くと、考え過ぎ感が強いわけですが、ともかくコナンを相当強く意識した物語だったことは間違いないと思います。(そこに前半の無理があったのかもしれないとも思いますが。)
*3)
 富野監督という人は、「こういう人物であれば、こうふるまって、最後はこうなるだろう」ということをとことんクールにやる人ですが、ウッソの父という人は、しぶとく死なない。人物造形はずいぶん違いますが、これはたとえば、Zガンダムのヤザン・ゲーブルなんかの類型にいる人物ということになるんでしょうか。
*4)
 前にも書きましたが、この作品では、さすがにロボットものの鬼才として、メカの扱い方がものすごくうまかったと思います。量産の効く小道具としてであり、かつ、「V1でマーベットさんと赤ちゃんの体を守ってください。マシンって、そういう風に使うものでしょ」というウッソの台詞は、決して嫌味にならずに、シリーズ随一の説得力を感じさせるものでした。これがあるから、最後の「V2を信じて!」というのも変じゃなかった、と私は思います。
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(2)

[tag] Vガンダム fc2ファビコン 富野由悠季 fc2ファビコン イデオン fc2ファビコン ブレンパワード fc2ファビコン 未来少年コナン fc2ファビコン 女性性 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

>

12,13巻に顕著な母性の我が子を飲み込もうとする恐ろしい力とそれを乗り越え成長しようとする子供、というテーマは母系社会で永遠に母親の支配下におかれる日本の息子達には理解しがたい面があるのではないか。

>

母かシャクティか、を見て、母と嫁の間で板挟みになったとき、息子に嫁を選べと突き放せる、子離れがきちんとできている母が日本にどれだけいるだろうかと思った。ミューラもハンゲルグも親としては非常に立派だと思う。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/476-9ce187d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。