スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほど、虫プロ系と東映系ですか! 

[2006/08/15] | アニメ全般な話題 | トラックバック(1) | コメント(1) | TOP ▲

WEBアニメスタイル COLUMN アニメ様の七転八倒 
第67回 虫プロブームとマイナーだった宮崎アニメ


 これ、私みたいにあまり情報通でない、ぬるいアニメ史マニア(笑)には、非常に面白い記事でありましたよ。

 70年代末の第1次アニメブームは、宇宙アニメのブームでもあった。

 『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』『機動戦士ガンダム』・・・なるほど。『サイボーグ009』の映画も見ましたわい。そうです、なんか唐突に宇宙へ飛んでいってました。「スター・ウォーズ」「未知との遭遇」・・・そうですね、SFが市民権を持ったのも、黒船来襲が契機だったかもしれないですね、うん。

スタッフに目をやると、実は、第1次アニメブームは虫プロブームでもあった。日本のアニメ界には幾つかのプロダクションやスタッフの流れがあり、東映動画(現・東映アニメーション)と虫プロダクションが、その2大ルーツなのだ。

 素人くさく、私が「へぇ~、ナルホド!」と感心したのはこっちでした。オフィス・アカデミーやサンライズは虫プロ系、スタジオジブリは東映系という流れになるのですね。富野さんは言うまでもなく虫プロ系で、宮崎さんは東映系、なるほどなるほど!

教養としての〈まんが・アニメ〉 講談社現代新書 教養としての〈まんが・アニメ〉 講談社現代新書
大塚 英志、ササキバラ ゴウ 他 (2001/05)
講談社

この商品の詳細を見る

 最近、こんな本を読み始めてまして、まだ大塚さんの《まんが論》のほうなんですけど、

「僕にとってのまんがというのは表現手段の符牒にしかすぎなくて、実際には僕は画を描いているんじゃなくて、ある特殊な文字で話を書いているんじゃないかという気がする」

・・・という、手塚さんの「まんが記号」論は、虫プロ系に脈々と受け継がれている気がします。対して東映系は手塚さんが捨てた絵心を大切にしているのかもしれないですね。

『宇宙海賊キャプテンハーロック』や劇場版『銀河鉄道999』は東映動画の作品だが、監督は虫プロ出身のりんたろうだった。

 ・・・うーん、味わい深いですね。

 ここはちょっと脱線ですが、「それまで高畑勲のパートナーとしての仕事が多かった宮崎駿が『未来少年コナン』『ルパン三世 カリオストロの城』で、自分の作品を手がけるようになった」というのを読んで、かねがね宮崎アニメには何故原作が必要なのかと疑問だったものに、「もしかしたら高畑さんから自立するために必要だったのかな?」と思ったりしました。
 それはさておき、『コナン』や『カリ城』といったアニメ史に残る傑作が、当時それに見合うだけの評価を得たとは言えない背景を、虫プロ系、東映系と読んでいくと、なんとなく「へぇ~」っと納得が。

勿論、例外はあるが、虫プロ系の作品は華美であり、表現に飛躍がある。先鋭的と言ってもいいだろう。それに対して東映系の作品はオーソドックスで、優等生的。野暮ったい、泥臭いと見られる場合もある。

 「華美」って言い方が馴染まないんですけど、「宇宙のロマン、派手な戦闘、美形キャラ」・・・そういうものを指しているみたいですね。ならば、なるほど。前者は若者向け、後者は子ども向け、ファミリー向きなわけですね。
 『未来少年コナン』に当惑した思い出も実はまったく同感!そうなんですよ、ダサいアニメだと思っていたのに実はスゲー面白いんだもの!そう、言うなれば「マンガ映画」!

 なんか不思議ですよね。偉大なる漫画家、手塚治虫を始祖とする虫プロ系ではなく、どっちかといえば海外のアート系長編アニメーションとかを意識してたっぽい東映系のほうが「マンガ映画」路線なんですから。ものすごく興味深い!!
 
 手塚さんの「記号」論は、リミテッドアニメとの関係とかでも語っておられる方がきっといるんでしょうが、「画を描いているんじゃなくて、ある特殊な文字で話を書いている」というのは、宮崎アニメと対比したときの富野アニメを考える上でも面白い視点ですよね。

 「アニメ様の七転八倒」のほうは、アニメ史をさらになぞっていくようなので、大変興味深く読み続けていきたいと思ってます。「教養としての<まんが・アニメ>のほうも、“教養”と謳うだけあって、私の好きな(笑)ビルドゥングスロマンの話を軸に展開していっていますので、こちらも楽しく読み進めていきたいと思っています。


※追記
 このあとで、「虫プロ系、東映系のほかに、もうひとつタツノコ系という大きな流れがあるんじゃないか」というご指摘をいただきましたので、関係の情報を少しまとめてメモしました。よろしければ併せてご覧ください。(→アニメスタジオの系譜をお勉強


| ランキングオンライン |
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(1) | コメント(1)

[tag] アニメ史 fc2ファビコン キャプテンハーロック fc2ファビコン 銀河鉄道999 fc2ファビコン 宮崎駿 fc2ファビコン 富野由悠季 fc2ファビコン 手塚治虫 fc2ファビコン 未来少年コナン fc2ファビコン りんたろう fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

>

東映や虫プロより遥か前に松竹がアニメスタジオもってます
元を辿れば政岡憲三に行き着く気がしますね、松竹にも東映にも虫プロにも関わったまさに『日本アニメの父』だと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/460-b9c88777

[アニメ] アニメスタジオの系譜

囚人さんの所の 「囚人022の避難所 なるほど、虫プロ系と東映系ですか!」 (http://zmock022.blog19.fc2.com/blog-entry-460.html) でアニメスタイルのアニメスタジオの系譜の話を取り上げていた。そういえばそんな図表がどこかにあったような、と思ってググったら*1ファ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。