太宰治『右大臣 実朝』 

[2006/08/05] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 先日、「宇宙海賊キャプテンハーロック」最終回の話をして以来、気になってネットを探したり、少し考えてみたりしました。

太宰治 右大臣実朝

アカルサハ、ホロビノ姿デアラウカ。人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ。

 カタカナ表記が正しかったようですね。大変失礼いたしました。
 『右大臣 実朝』は、『吾妻鏡』からの引用文(漢語調)と、非業の死を遂げた鎌倉幕府三代将軍・源実朝の身辺近くに仕えていた「私」の回想文(古語風の語り言葉)が交互に入るような構成になっていて、その中でところどころに、将軍家(=実朝)のセリフが、特に印象的なカタカナ表記でふっと挿入されるという表現形式なので、勝手にひらがな表記にしてしまったのは、やっぱり良くないことだったようです。
 正直、WEB上で読むのも何だか似合わないような。なるべく書籍のかたちで読むべきものかもしれません。ちくま文庫の太宰治全集第6巻に入っているようです。
太宰治全集〈6〉 太宰治全集〈6〉
太宰 治 (1989/03)
筑摩書房

この商品の詳細を見る
 実朝には、その悲劇的な最期から来る先入観なのかもしれないのですが、私にもなぜか「暗い陰鬱な御性格」「文弱」という印象がありました。この作品は、その人物を「お心に一点のわだかまりも無い」類まれな貴種として描き、「御当人は案外あかるい気持で生きてゐる」さまが淡々と書き綴られている作品です。 
 「あかるさ」についての考察は、この一編の基調をなすテーマでもあるようで、和歌をはじめとした優れた文化を愛する京都のみやびへの親近感を示した場面では、「都ハ、アカルクテヨイ」というセリフが、やはり印象的に挿入されています。
 ちなみに語り部の「私」は、基本的に、実朝という貴種についての「批評がましいこと一切が、いとはしく無礼なもの」という立場で語っています。しかし「あかるさ」を取入れたいという、そのおおどかな心が「無邪気の霊感」につながり、「万人の群議にはるかにまさる素直な適切の御処置」となっているさまについては驚きを込めて描き出しています。

 そうした実朝が、「平家ハ、アカルイ。」と源氏の総大将の立場にありながら仇敵の一族を誉め、続いて一人ごちたのが「アカルサハ、ホロビノ姿デアラウカ。人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ。」というセリフなのですね。
 平家琵琶の壇ノ浦合戦のくだりを聞きながら、平知盛が女中衆に敗色濃厚な戦局を尻目に「只今珍らしき吾妻男をこそ、御覧ぜられ候はんずらめ」と笑って見せた。その場面で出てきたのがこのセリフだということは、この作品が発表されたのが戦時中の1943年だということを考え合わせると、大いに注目に値します。滅び行きつつある国の中での「文学」の立場。ただ無力なだけでなく、ときに傀儡として利用さえされるにもかかわらず、争う意思さえも持たない「文学」というもの。

 北条家についての「私」の見方も興味深いものです。北条政子も義時も「竹を割つたやうなさつぱりした御気性」で決して悪い人たちではなかったが、ただあえて言えば「下品」だったと。

 含みがあるというのか、さまざまな読み方のできる大変面白い小説だと思うのですが、「キャプテンハーロック」という物語が、その最終回でこれを持ち出すのはどうだったんだろうかと。これをやりたかったのは、原作者松本零士なのか、アニメーションを監督したりんたろうだったのか。
 考えれば考えるほど不思議です。



ブログランキングランキングオンライン
関連記事

コメント

> ひょっとしたら

アニメの制作過程を考えると、脚本の上原氏あたりの案かもしれませんね。

松本作品には、敗戦に対する複雑な心境が投影されているし、沖縄出身の上原氏も、問題意識をもった方だから、そのような引用も実に意味深く感じられますね。

実はハーロックの最終回って全く覚えていなかった。今観た方が理解できる作品もあるかもしれませんね。

> 999

ハーロックの、自分が暮らしている世界を省みない地球人同様『999』の機械化人間も、ラクで楽しいことばかりを考える無慈悲な存在でした。身体が緊迫した状況に置かれ、死までの距離が近いほど「生」を実感するという松本作品(?)は、今さかんに問い直されている「身体性」を先取りしていたのかなあと、最近よく考えます。

僕の姉が、「子供に見せたい作品」として『999』と口にしたのをきっかけに、そう思うようになりました。「アカルサハ、ホロビノ~」という一文は『ハーロック』のみならず『999』まで持ち越されているテーマという気がしてなりません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/446-e34d733c