ΖΖが見たくなるなんてびっくり! 

[2006/08/01] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

機動戦士ガンダム ZZ 1 機動戦士ガンダム ZZ 1
矢尾一樹、 他 (2002/03/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

 ZZもVも荒唐無稽な部分があるものの、Vの方が深みが感じられるのは、作品の方向性からなんでしょう。(わんこさん

ZZは覚えてないと言うくらい開き直って作った作品であるのに対し、Vガンダムはスポンサーや過去のファンへの反骨心で作り上げた部分があるので、そこがメッセージ性の強さの差になっているのかなと思います。(ルロイさん

 すごくいいコメントをいただいて、うれしいんですけど、白状すればΖΖはオンエア以来、見返していない私なのでした。まったくモチベーションが上がらなかったのですが、おかげさまで今なら見れる気がしてきましたヨ。でも、さすがにVガンダムを見終わってからにしたいと思います。
 あちこちネットを見て回っていても、ΖΖの作品論を書いている所を見ることは少ないですね。私の引き出し(ブクマ)を「がさがさ」と捜してみても、ルロイさんのところと子犬さんのところぐらいしかチェックしていませんでした。

 かつてファースト・ガンダムが型にはまったスーパーロボットアニメに一石を投じたのに対し、ダブル・ゼータはリアルロボットアニメに一石を投じたのである(ファーストのように革新は起こしていないが)。そう言った意味では評価すべき作品であり、また内容自体も悪くはないのだ。
 ダブルゼータの評価を限りなく下げているのは、この作品が「ゼータの続編」だからである。ゼータと同じ世界で同じキャラが出ているにも関わらず、登場人物の扱いがまるで違うのだ。それはリアル志向のファンどころかゼータを正当に評価したファンでさえ遠ざけてしまった。ダブル・ゼータもまた、ワン・オブ・ザ・ガンダムとして見なければ評価できない作品なのだ。そういう意味では、この作品はガンダムの続編としては完全に「失格」なのである。
M.S.Classify―ガンダムの、正統な続編とは

『ZZ』の前に『Zガンダム』をやるという企画をきいた瞬間に、ああこれでタガがはずれるということが判ったんです。それで実際にオンエアを始めてみたら、やはりそういう気配がある。案の定オンエアの2クールも終わらないうちに来年もまたやるぞという話で、ああほんとに外れた、と。それで別に外れたならば徹底的に外れさせてみせるということで作ったのが『ZZ』だった。だから『ZZ』というのは僕にとってはかなり気持ち悪い仕事なんですね。
LD-BOXライナーノートより ひびのたわごと―富野アニメ第一話大横断第十二回

 これも難しい作品だと思うんですが、見直してみる価値は充分あるような気が急にしてきましたよ(笑)。
 まだだいぶ先になると思いますが、見たらまた思ったことを書きたいと思いますので、そのときには是非また話に付き合ってくださいませ!
関連記事

コメント

> みゆきプロ

の名前を見たらご用心!
動画に私の手が入っているかもしれませんから(笑)。まあ、ダカール近辺からですから、当面は心配ないはずですが・・・。なんだか複雑な心境です・・・。これだけはまな板に載らないと思っていたのに。

> ZZって

なんとなく思うのは、富野監督は長浜監督作品的な方向性を目指していたんではないのかな。

当時は眩暈のした、幻のコロニーのエピソードも、ターンエーを観た後では、さして違和感もなくなった。あとアフリカのあたりのお話は結構好きです。あっカプールもでてる(自称カプル好き)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/443-aaa78824