懐かしいアニメミュージックの話 

[2006/07/31] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 アニメの音楽の話をしたら、コメントを沢山いただいてうれしかったので、調子に乗って、昔持ってた懐かしいLPレコード(笑)のタイトルをあれこれ探してみました。

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(3) 交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック 〈ANIMEX 1200シリーズ〉(3) 交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック
TVサントラ (2003/09/25)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


 ある意味大艦巨砲主義っつーのか(笑)、「なにしろ大オーケストラでやるぞー」という意気込みのスゴい時代でありました。このレコードは、わりと組曲らしくまとまっていたような気がして、後半のほうの「寂光流離(さすらい)~悲しみ,怒り,そして旅立ち」「終曲~歓びの讃歌」あたりが気に入っていたような気がします。え、何?今、1,260円で買えるの?ずいぶん安くなったんですね。(人気ないのかな・・・。)

さらば宇宙戦艦ヤマト さらば宇宙戦艦ヤマト
シンフォニック・オーケストラ・ヤマト (1995/01/01)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

 画像がない?これも人気ないんですかね。
 パイプオルガンが重厚な「白色彗星」、軽快な「アンドロメダ」はよかったですけど、「英雄の丘」はベタに軍歌調でした。ってか、アニメ内での使われ方がちょっと固定的すぎるなぁと幼心にも思った覚えが。でも「デスラー襲撃」はお気に入りの曲でした。

機動戦士ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 機動戦士ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック
サントラ (1991/03/05)
キングレコード
この商品の詳細を見る

 また画像なし? orz
 サントラ版は、もろにアニメのシーンの記憶と結びついて、またいいものですよね。「悲愴,そして決然と」「颯爽たるシャア」「虚無感」「ジオンの脅威」「苦い勝利」・・・今、曲名を見ても「きっとあの曲だよなー」という感じになってしまいましたが。曲も良かったが使われ方もよかったなぁと思いますね。

 なんつーか、自分の中でのおたく度が一番高かったのってこの時代かな?けっこうやみくもに買ってましたね。(もちろんもっと買ってるツワモノマニアはいっぱいいたんですけど。)
 あの頃家庭用のビデオデッキも出がけだったけど、あんまり長時間の録画とかなかなかできなくて、音楽を聴いてイメージをよみがえらすというのは重要だったような気がします。(そういえば、120分のカセットテープに一生懸命アニメを録音して、テープが伸びてヨレヨレになるまで聞いたりもしてましたね。あれでファーストガンダムの名セリフなんてのは、鼓膜に焼きついてるんだと思います。)

 なんか、今ではアマゾンにも画像がないようなマイナーなアルバムが多くて哀しいですが、気が向いたら、また続きを書きますね。(イデオンをまだ書いてないし!)



▼恥ずかしいからクリックしないでね▼
ブログランキングランキングオンライン
関連記事

コメント

> いまや黒歴史の

さらヤマ、、、。ハーロックの青いアルカディア号も緑の方に比べるとマイナーなんだろうなぁ。

さらヤマはパート1に比べ落ち着いた感じの作画もよく、劇伴も豪華になっていた。特に冒頭の白色彗星のテーマは素晴らしかったです。

この時代のものは、今の劇伴と違った意味で力強い感じの音楽を聴かせてくれますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/442-4c3143e8