スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広くて薄い?イマドキのオタク 

[2006/07/23] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 これまでに「オタクだか新人類だか(どこから来てどこへ行くのか)」「オタクはもう、死んでいる(いた?) 」と、うだうだ二回も(笑)、オタクの同時代史の話題を語ってみました。参考にしてきた「宮台真司、新世紀の文化を憂える」の残った部分を見て、一応この話を終わりにしておきます。
 「敷居が低くなると、薄くなる」という話。オタクになるのは昔は本当に大変だったという話は前にもしました。

 昔は、ある情報を持ってるっていうのは記憶の中に、あるいは個人的なコレクションとして持ってることだった。でも今はDVDやCD-ROM、ムック、あるいはインターネットのデータベースや検索システムがこれだけ充実してアーカイブの公開性が上がっちゃたんで、全体にいえば、個人的なコレクションとか記憶に依存する部分が減って、その結果各人簡単にいくらでも情報を手に入れて、ディープじゃなくてもそれらしい振る舞いができちゃうからさ、これも大きいよ。

 私なんかは本当に、TSUTAYAとインターネットのおかげで、長い間、縁が切れてしまっていたアニメの世界に再び接することができるようになったと思います。それだけ敷居が下がって、その反面で全般的なマニア度は薄くなったということなのでしょうね。今はネットオークションみたいなものまであって、お金を出す気さえあれば、たいていのものはコレクションできてしまう。(私みたいなのは、そこまでやる気は、あまりないですけどね。)

 TSUTAYAのアーカイブにないような映画はクズなんだよ。もうしょうがないわけ。それもね、みんなにわかっちゃったの。そういう市場の構造が。

 ・・・みたいな空気が今は存在することも分かります。共通して語れるコミュニケーションの材料にならないものは、価値がない、みたいなね。けれど、そうして市場原理に呑まれていくことを、「いいことだよ、ある意味」と言えるのか、それを豊かさであり、いい社会だと言えるのか?

 私みたいに古い価値観もなんとなく知っている、中途半端な人間には、何とも言えないところです。敷居が下がったおかげでコミュニケーションの末端に加わらせてもらえたのは間違いない。だけど、個性や創造性が薄まっていって、みんなが同じ作品について同じような意見しか言わないんじゃ、なんだか面白くない。
 宮台先生も、「人々が幸せなら、」とかもったい付けながら、「こういう状況はつまらねえ」とも言っちゃってますね。

 あえて不幸であることを望む、そういう矜持、プライドがあっていいんだよ。不幸な人間には、壁があり、溝があり、落とし穴があり、剥奪感があり、ゆえにロマンがあり、夢があり希望があるんだから。最高じゃん。

 ・・・どうも私が好きな人、尊敬する人たちには、この「あえて不幸」系の傾向が強いような気がします(笑)。
 「おたく is Dead」については、少なくとも第一世代の意味でのオタクについてはそうだとしても、「マニアは死せず。ただ老いて消えさるのみ」というのは、決して絶望すべきことばかりではないということではないでしょうか。

 ところで、やや唐突に宮台先生、巨大災厄願望みたいなことを口走っちゃってるんですけど、こういうの、どのへんの世代まで共有できる話なんでしょう?
 たとえば『ノストラダムスの大予言』みたいな終末観が物凄く流行っていて、「1999年7月にはみんな死んじゃうかもしれない」とか、小中学生ぐらいで真剣に思いつめてみたりしてるわけですよ、私の世代なんかは。「明日にも突然理不尽に自分の生は断ち切られるかもしれない」みたいなことを、未熟な頭でマジメに考えた一時期を持ったということは、今から思えば馬鹿みたいな話でもあるけれど、懐かしむ思いというのも断ち切りがたくある。(伝説巨神イデオンの『発動篇』ラストに特別な思いがあるのも、そういうことと決して無縁ではないと思います。)

 よくアニメと現実を混同したやつらがオウムに入っちゃったり、児童への犯罪をやっちゃったりとかって聞かされます。でも自分の体験に即して言うと、すごく刹那的な社会風潮の中でも実際に暴発しないで来れたのには、アニメとかの中で疑似体験したりできたおかげというのが、実はとても大きい。
 なんかね、オタクっぽい趣味なんて有害無益だって言われると、だから私は反発心を持たずにいられないんだけど、でも広く薄くコミュニケーションする材料というだけの、「今」風の在りかたっていうのは、正直、古い人間なんでよくわからないところがあります。

ブログランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/433-491ec420

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。