ご指摘ありがとうございます 

[2006/07/19] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 ブログの文章をちゃんと推敲してますか、と聞かれると、大変心もとないのが正直なところです。私はもともと、それほど早書きではないほうですし、文章力も低い。(長文ならばなおさらですね。)

通常、人に読んでもらうことを想定している文章なら
このボリュームで1時間というのは
推敲込みなら時間が少ないと思います。
のりのりさん


 「人に読んでもらう」という想定は当然あるのですが、私の場合、「書くことで何かの思いをまとめたい」ということがこのブログを書いていることの最大の動機です。
 この動機は自分のためだけのものなので、皆さんに読んでいただいているのは、(申し訳ないですが)たぶん「思いをまとめる」ことの手助けを期待しているということだろう、という自己分析を、まずは正直に告白します。

 ――そんなものは一方的な「垂れ流し」に過ぎないのではないか?

 申し訳ないとは思いつつ、しかし私の不完全な思いに反応してくれる感性もどこかにあって、その声を聞くコミュニケーションによって、わが至らぬ思いと言えども、たとえ僅かずつであっても補完がなされるという期待があります。

 勝手な自己都合だけを連ねておりますが、ブログを書くために使える自分の時間や、書きたい項目の数、あるいは書きたい内容に即した文章のボリューム(簡潔にまとめるスキルも含めて)、そういったもののアンバランスさがあって、今のところ自分にとっても読者の皆さんにとっても快適で長続きしやすい安定形がなかなか見出せないことについては、自分なりに困ったなと思っております。

 なので、何が言いたいのか分からない、といった指摘は実はとてもありがたいことです。

 オタクの話なども、ときどき書いたりしていますが、自分の「コミュニケーション能力」の低さについての考察という側面もあります。
 モテない、ベタベタに量をこなすことでしか仕事ができない、対人関係がうまく構築できない。(笑)
 ――現実の社会でうまくできないことは、やっぱりネットの中ででもなかなか改善されないものですね。(しみじみ)

 このブログで「即時性」のようなことはあまり重要視されていないと思うのですが、「臨機応変」のコミュニケーションということは、自分の目指すべき課題としてあるのではないかと思います。そのためには、長文を書くことよりも、短文でもまめに書くこと、独りよがりにならずに対話が成立するような内容を心がけるべきですね。反省すべき点、多々ありです。

 体質というのはそうそう改善できるものではないのですが、なるべく簡潔をこころがけて、文章も推敲するように気をつけたいと思います。

 ご指摘、どうもありがとうございました。

 (と言いつつ、この文章も長いぞ、というご指摘はご勘弁ください 笑)

ブログランキング

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/426-a9b4cc83