スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オタクだか新人類だか」の補遺 

[2006/07/17] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 前回、最後のほうで、エヴァンゲリオンの影響のようなことに関して疑問をいくつか挙げたのですが、書いたものを改めて読んでみると、エヴァがきっかけかどうかは分からないけど、エヴァブームの頃には、オタク第一世代と新人類は、分立の理由を見失って融合しはじめていた、と考えると少し納得できる気がしました。

 理論面では、社会の情報化の進展で、現実/仮想現実の境界が実際問題として不分明になってきたことと、もうひとつ動機面では、第一世代あたりの年代では、そろそろ「モテ/非モテ」があまり切実な問題ではなくなってきた(要するに、年齢が上がってしまったので、欲求が切実なものではなくなってしまった)というような背景もあるかもしれません。

 …というようなことを踏まえて、例えばエヴァを作った庵野さんも同世代人だと考え合わせたときに、後続世代はともかくとして、少なくとも第一世代オタクは「情報の送り手が込めた価値観やメッセージ(作家性)を軽視ないし無視」できないと思いはじめたんだろうか、とか。……あまり確証はないけれど、心証としてはうなづける部分はあるような気がします。

 そこにどうして、今までこっちの領域には関わってこなかった「新人類」たちが首を突っ込んでくるようになったのか。

 本当は関心あったんじゃん、とか言うと身も蓋もない話ですが、できれば、自分たち自身が時代の価値を創造していかねばならない年代に差し掛かってきたときに、「際限のない消費」ということについて、考えるべき共通の問題があったというふうであってほしいような気がします。


 後続世代にしてみれば、そうした第一世代のありようは裏切りでしかないわけで、オタクの世代間抗争みたいなものは、その辺から生じて来る面もあるのでしょうか。
 実際、時代を動かしていく力というのは、10代、20代の時のほうが大きいのですよね。(…と、ふとしみじみ。)
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] オタク fc2ファビコン エヴァンゲリオン fc2ファビコン 非モテ fc2ファビコン 世代論 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/422-21b2ccba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。